さかさまになっちゃうの

  • 61人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (7)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Claire Alexander  福本 友美子 
  • BL出版 (2013年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776405641

さかさまになっちゃうのの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (あらすじ)%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
    放課後に校長先生の誕生パーティーがある事がわかります.
    それぞれがバースデーカードを書くことにします.
    みんなは担任のお手本をスラスラと書き写すのに,主人公のアルフィーにはできません.
    それを,友達に打ち明け,午後の授業が始まった時に先生に打明けます.
    「私も苦手なの」というお友達のミミと二人で,先生から指導を受けます.
    「砂に指で字を書く」「筆でキャンパスに字を書く」などというお約束の方法です.
    なんとかカードを完成させ,校長先生に喜んでもらいます.
    その後,アルフィーとミミは先生に教えてもらいながらも字を書く練習を楽しみながら頑張ります.
    %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

    おそらく,多くの大人は「解らない時には聞く勇気を持ちなさい」という訓話として解釈をするだろう.
    しかし,実際の学校で友達からバカにされる事はないのだろうか?先生に「説明を聞いてないからだろう?」って怒られる事はないのだろうか?

    この作品の隠れテーマは「孤独との対峙」なのではないだろうか?

    最も印象的なシーンは,次のようなものである.
    見開きの全景は真っ黒.
    右下にしょんぼりとしたアルフィーが小さく描かれ,
    左上に白字で「おなかが きゅーんと いたみます」などと文字描写が少し.

    この状況ののち,アルフィーは友達に相談し,先生に打ち明ける.
    「相談する勇気」の基底には裏切られる事を承知で相手を信頼する覚悟がある.
    「質問する勇気」の基底には「代わりにやってくれる人は居ない」という覚悟がある.
    アルフィーは「友達・親・教師がなんとかしてくれる」という殻には篭らなかったのだ.
    「勇気を持て」という言葉だけで勇気を持てたら苦労はしない.
    アルフィーはどんな育ちをしてきたのだろう?
    そこがこの作品の本質.

    「読字障害への理解」「困ったら相談する事」などという生温いものではない.可愛い画風とは裏腹に,「思い通りできない時の壮絶な孤独感」「孤独を踏まえて行動する勇気」を味わってもらいたい.
    教師なら,「見えないところで苦しんで居て,次に会う前に自殺しているかも?」くらいの覚悟で子どもと接しなくちゃね.おそらく,ほとんどの子ども達は孤独と戦っている.

    妄想のスピンオフ.
    ミミはアルフィーの事を好きなんですよ.
    本当はできているのに,アルフィーのそばに居たかったの.
    そう解釈をすると,二人が並んで努力している姿が一層微笑ましい.可愛いラブストーリーに見えてきます.

  • 分からないことは恥ずかしいことじゃないよ、聞いていいんだよ、ということを教えてくれる絵本でした。しかし、校長先生が突然午後から私の誕生日パーティをします!というのはどうなの...?と思いました。それを気にしなければ内容的には小学校低学年くらいにはぴったりです。大人でもささるところがありました。

  • 1-4

  • 読み聞かせしていて泣きそうになった。
    すごくよくわかる。あったよ、そんなこと。いっぱい。
    私は言えないままだった…。
    この子もいつか、こんな壁にぶつかるんだろうか。
    その時に思い出して欲しい一冊。

  • 学校で校長先生のお誕生日パーティーが開かれることになった。
    クラスの先生は校長先生にお誕生日のメッセージカードを書くように言う。
    アルフィーは絵を書くけれど、先生は文字も書くように言う。
    書く文字は先生が黒板に書いてくれるけれど、アルフィーは見ながらでも書けない…。
    どうしても逆さまになったりしてしまう。
    まわりのみんなはちゃんと書けているのに自分だけ…。
    先生に聞きたいけれど、みんなに馬鹿にされそうで恥ずかしい…。
    休み時間にしょんぼりしていると友達が理由を尋ねてくる。
    思い切って言ってみると恥ずかしがらないで先生に教えてもらうよう言う。
    すると他の子、ミミも字が苦手みたい。
    2人で一緒に文字の練習をしてみごとちゃんとした文字が書けるようになったのだった。
    そうして、胸を張って校長先生のお誕生日パーティーにカードを出すのだった。

    字がうまく書けなくても恥ずかしがらないで。

  • 6分30秒☆

全6件中 1 - 6件を表示

クレア・アレクサンダーの作品

さかさまになっちゃうのを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さかさまになっちゃうのを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さかさまになっちゃうのの作品紹介

アルフィーは、せんせいがかいたようにはじが、かけません。「どうしよう。おしえてもらいたいけど、みんながわらうかもしれない…。」こまったことがおこったら、どうする?じぶんだけ、じょうずにできないことがあったら、どうしたらいい?アルフィーは、こうしたんですよ。

ツイートする