ドライバー マイルズ

  • 29人登録
  • 3.90評価
    • (2)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : John Burningham  谷川 俊太郎 
  • BL出版 (2016年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776407546

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 牧江
マック バーネッ...
A.トルストイ
かがくい ひろし
かがくい ひろし
ヨシタケ シンス...
蜂飼 耳
ヨシタケシンスケ
ポール・フライシ...
コマヤスカン
ユージーン トリ...
高畠 那生
マージェリー カ...
鈴木 のりたけ
有効な右矢印 無効な右矢印

ドライバー マイルズの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 犬のマイルズの運転でのドライブはとっても楽しそうです。

  • マイルズとノーマンのドライブで出かける場所の景色がとても素敵!飄々としたお話の中に、深いテーマが描かれている良い絵本です。
    作品のテーマをセリフや言葉で直接書かず、お話の展開や登場人物の関係性で伝えるのが良い絵本と聞いたことがありますが、こういうことなんだなーと、納得しました。おすすめです。

  • 2016年に出版された絵本の勉強のため、借りてよんだ。

    マイルズは とても
    やっかいな いぬ
    よばれても こない
    さんぽも きらい

    マイルズが ほんとうに
    すきなのは
    くるまにのって でかけること!
    そこで……
    (カバーそでより)

    ジョン・バーニンガム、すごいなぁ。
    淡々と普通に、そう、普通におもしろい。
    マイルズは、バーニンガム家の愛犬。
    ノーマンって、『いつもちこくのおとこのこジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー』の、あのノーマンかな。
    ご高齢のためか線がぶれているのが惜しいけれど、話も色もきれい。
    余白の使い方がいいと思う。

  • いつも以上に線がくちゃくちゃなジョン・バーニンガムさんの絵。でも雰囲気がすごくわかるから不思議よね。
    うるさくほえてる時の顔がとても良い。

    問題行動は心が満たされていなかったから、か。

  • わがままでうるさい、やっかいな犬マイルス。ドライブだけは大好き。そこでおとなりさんがマイルス用の車を作ってくれた。マイルスは練習してすっかりドライブがお気に入り。ノーマンを学校まで送ってくれたり、2人でドライブしたり。ところがそのうち…。
    ガンピーさんと同じくらい美しい絵本。ラストにニヤリ。そうきますか。バーニンガムさん、元気いっぱいですね。

  • 大好きなバーニンガムの作品! 犬を家族や親友と思っている人を幸せにしてくれる素敵な絵と言葉。久しぶりにとても素直な作品だと思いました。

  • ああこれはまさに、バーニンガムの世界!なんとも飄々としたファンタジー!

    どうやらバーニンガム夫妻の飼い犬がモデルのようです。

    アリス・トラッジとむすこのノーマンにかわれている、やっかいないぬ、マイルズ。
    呼んでもこないし、散歩が嫌い、ドックフードも嫌い、うるさくほえる!

    マイルズが大好きなのは、ドライブして、丘の上のカフェに行くこと。カフェではみんながいう「ああ、なんて かわいい いぬなんだ。」

    「くるひも くるひも いぬを よろこばせるために 車で でかけるなんて ごめんだわ。」と、アリス・トラッジ。

    すると、お隣のハディさんが、マイルズ用の車をつくってくれることに・・・

    ここからがナンセンス、ファンタジー、心がふわっと暖かくなるバーニンガムの世界。谷川俊太郎さんの訳がまたいつもの感じでいいですね、堪能しました。

    大好きです!

全7件中 1 - 7件を表示
ツイートする