大正ロマンチカ 7 (ミッシイコミックス Next comics F)

  • 57人登録
  • 3.86評価
    • (3)
    • (6)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 宙出版 (2014年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776738527

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大正ロマンチカ 7 (ミッシイコミックス Next comics F)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今巻も面白かったー。
    エリーゼが憎めないだけにどうにも…。
    さらにれんに「!?」な可能性や佐伯さんと栞さんの切ない恋愛も絡み合って、ますますこれからに目が離せません。

  • あああ、せつない。ほんとにせつない。どうにもこうにも身分ってものは厄介だわ。あと一度結んでしまった姻戚関係もね。エリーゼ様はおいしい、もとい可愛い人だ。彼女も身分に翻弄されてる1人。

  • 明の
    「公爵様を幸せにするのは 絶対わたしがいい」
    という力強い言葉がとっても素敵でした。

    「花嫁になるのは」
    ではなく
    「幸せにするのは」
    というのが
    とても明らしくて^^

    コチラでも感想を書いています。
    よかったらお立ち寄りくださいませ。
    http://oshirukomoe.jugem.jp/?eid=1479

  • 超美人なプリンセスで公爵様の婚約者エリーゼ。明のライバルにあたるはずなのに、見た目と中身のギャップが良すぎて嫌いにはなれない(笑)可愛いを美味しそうと間違えてたり、猫を助けるために木にキレのある蹴りをお見舞いしたり、色々予想外で可愛いww明とレイヴィスも身分違いの恋愛で大変だけど、佐伯と栞さんも何だか怪しい雲行きに…。いったいどうなるのやら。それに明の父親の滝川氏が生きているかもしれないという事実まで。まだまだ続きそうな感じ。10巻ぐらいまでは行くのかな…?

  • うわ。
    婚約者登場。

    まだまだ続きそうやな。
    キャラはこれ以上増えませんように。
    あまり混線しませんように。
    たのみます。

  • 表紙がどう見ても最終巻な雰囲気で思わずあらすじと帯を確認してしまった。
    公爵様の花嫁という皇女・エリーゼが登場。本物の淑女でお姫様な彼女に対して素直に見とれたり、恋敵なのに親しくなろうとする明が打たれ強すぎる。
    確かに公爵様の後ろをついていく様子は可愛いと思ったので、彼女の主張はある意味正しい(笑)
    そして「おどきなさい」からの「受け取りなさい」がかっこよすぎてギャップに驚いた。
    2人の身分差は前から問題視されているけどうまくいくだろうなという安心はある。それよりも明の父親に関する新たな秘密が判明して、そちらの方も気になる。

  • 佐伯さんが栞さんのこと知り、これからどう動くのか気になるところ。
    佐伯さんと栞さんに起こっていることは、まさにレイヴィスと明にもまさに起こっていることだし、目が離せません。
    だけど、レイヴィスと明のイチャイチャは和みます。
    素敵♪

全7件中 1 - 7件を表示

大正ロマンチカ 7 (ミッシイコミックス Next comics F)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大正ロマンチカ 7 (ミッシイコミックス Next comics F)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大正ロマンチカ 7 (ミッシイコミックス Next comics F)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大正ロマンチカ 7 (ミッシイコミックス Next comics F)を本棚に「積読」で登録しているひと

大正ロマンチカ 7 (ミッシイコミックス Next comics F)はこんなマンガです

大正ロマンチカ 7 (ミッシイコミックス Next comics F)のKindle版

ツイートする