トモネン

  • 131人登録
  • 3.63評価
    • (11)
    • (25)
    • (32)
    • (1)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 大庭賢哉
  • 宙出版 (2004年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776790938

トモネンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大庭賢哉さんの絵が大好きで、始めて漫画を読みました。ニヤニヤしますね。ますます好きになりました。だけど、漫画より絵本の方が好きかな。

  • 児童書の挿絵でお馴染みの大庭さん。
    漫画も描いていらっしゃる。ちゃんと動いて見えた。

  • まず表紙がとてもかわいい!
    表紙のカバーをめくると更にかわいい!
    お話はちょっと難しいのもあったけど可愛いお話が多い
    魔女の子のお話が好き!

  • 表題作の「トモネン」以外はなかなか面白かった。ただしかし漫画としてはちょっと微妙。絵はとても綺麗だし上手いんだけど水彩絵具で描いたような独特の作画でちょっと読みにくい。加えて絵ではなくセリフで伝えようとする感じが強くて各コマの絵とセリフがいまいちマッチしてなくて違和感を感じた。

    一番最後に載っていた「よーこちゃん。」くらいハッキリした線で描いてもらえるともっと読みやすかったかもしれない。

    話自体も正直ちょっとまとまりがないなぁ、と思ってあとがきを見たらなるほど本来は漫画家さんではないのか。

    でも絵はとても綺麗なのでオールカラーとかで読みたいなぁ。もしくは短編アニメーションとか。

  • 大庭賢哉さんの絵は、本当に好きだ!!

  • 小田扉氏が帯を書いていたので衝動的に手に取りました。
    知る人ぞ知る絵本の挿絵などを描いている方らしい、大庭賢哉さんの唯一の漫画作品。
    絵柄がまさに絵本のようで、大方ジブリ系などと振り分けられてしまうのも無理ない
    表題作のトモネンは新し目で、纏まりがあってかわいらしい。
    昔の作品になればなる程少々粗削りで、言葉が足りない場面も目立つが トータルで見てあったかくなれる短編集。
    カバーも凝っていて楽しいです。個人的には「よーこちゃん」がおすすめ

  • 面白い。とても女性的な感性を持った作品。良質の絵本を読んだような読後感。
    http://maruha2006.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_f948.html

  • 団地ともおの小田扉さんご推薦。

    やさしくてじわじわしてちょっとにやけてしまう。

    そんな話がたくさんつまってる。

  • 「リサとガス」が、素直になれない男の子と女の子の話で好き。窓際で電話したいな。疲れたときに読んで、癒されてます。

  • 表紙買い。絵が可愛い。

全19件中 1 - 10件を表示

大庭賢哉の作品

トモネンを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする