祈り

  • 217人登録
  • 3.58評価
    • (20)
    • (27)
    • (51)
    • (3)
    • (2)
  • 23レビュー
著者 : 宮崎あおい
  • ネコパブリッシング (2005年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784777051212

祈りの感想・レビュー・書評

  • 数々の映画やドラマなどで活躍されている女優、宮崎あおいさんのフォトブックです。
    中国へ16日間の旅をした中で見て感じたことを語ったり、彼女自身が撮影した写真には様々な表情の人や動物が写っており、その表現の的確さや独特な視点には興味深いものがあります。
    中でも、出会った姉妹に折り鶴を手渡したエピソードでは、言葉やお金では伝えきれない自分の気持ちを折り鶴に込めたこと、そのやりとりで深い幸せを感じたことをあげており、隔たりのない交流の大切さや彼女の真剣な気持ちが伝わってきます。
    宮崎さんの飾らない一面が見られる貴重な一冊です。

  • あおいさんが撮った中国の人びとの写真がとてもいい。
    特に、子どもたちの写真がすごく良かったです。
    素朴で無邪気な笑顔に、なんだか胸をうたれます。

    宮崎あおいさんが10代のころ旅をした中国と、今の中国とでは、もしかすると違っているかもしれない。
    けれど、この本は、今のニュースでは見られない、中国の姿をみせてくれているような気がします。
    素朴な街並み、温かい人々、笑顔の子どもたち…どれもずっと残っていてほしい、大切なもの。
    「国」というおおきな枠。私が知っていることはその表面にある、ほんのわずかなものなんだろうな。
    そんなことをふと、考えさせてくれる本でした。

    あおいさんの、まっすぐで飾り気のない(変にがんばってる感がないというか)文章もすごく素敵でした。
    神様についての一節は、なるほどなぁと思うものがありました。

  • 女優・宮崎あおいさんが19歳のときに出版したフォトブック。
    中国各地を巡り感じたことや普段から思っている考えなど、そして現地で写した写真のかずかず。
    女優やモデル、言わば完成された作品として見ているより、もう少し深い心の部分を覗かせてくれたような本です。
    ラストページには手書きのお手紙まで載せられていて嬉しくなりました。

  • 19歳(宮崎あおい)の等身大の真っ直ぐさと、別世界のような中国の路地の風景の組み合わせが なんだか静かで、
    フォトエッセイを読んでいるというより街の小高い丘から夕焼けを眺めているような感じだった。

    どこにいても毎日に対して誠実に向き合う宮崎あおいさんに頭が下がります。
    19歳。くう。私も頑張らなくちゃ。と静かに。

  • いつ買ったんだろ?
    宮崎あおいの20歳の誕生日に発売されたっぽいですな。

  • 宮崎あおいのフォトエッセイ。彼女が中国の旅で撮った写真とともに感じたことや考えたことを文章で綴っています。

    正解がわからないながらも一生懸命に考えて素直に語っているようでした。

    一部抜粋します。

    ◆◇◆◇◆◇◆

    「自分」を相手に押し付けるんじゃなくて、自分の中には一本の芯があるんだけど、その芯の周りにはスポンジみたいに柔らかい吸収できるものがあって、人の意見を吸収しながら、少しずつ形を変えて、自分の信じることは信じて、間違っているものや無意味な情報に対して、冷静でいられる自分になっていきたい。

    ◆◇◆◇◆◇◆

    海や山にいるとただぼーっとしているだけで満たされる。自然には見えないパワーがたくさんある。だからなのか、私は風景の写真が苦手。広すぎてどこに中心を合わせたらいいのかわからないし、実際に見ている風景にはかなわないから。人の笑顔とかは一瞬だからずっと残しておきたいと思ってシャッターを切れるし、表情にも助けてもらえたりする。

    ◆◇◆◇◆◇◆

    この本を読んでいると旅に出たくなるし、写真を撮りたいなぁって思えます。

    そして、出会った人と距離を近付けていきたくなります。

    あぁー、Nikon の FM3A か CANON の AE-1 安く手に入りませんかねぇ?笑

    とにかく…、あんまり売ってない本ですが、是非読んでみて下さい♪

    きっと温かい気持ちになり、旅に出たくなるはず!

  • 写真がすごくいい。この写真はただ君でも登場する。

  • 「20歳を迎える宮崎あおいが過去・現在・そして未来をつづったフォトブック。
    宮崎あおいの中国旅行記。
    宮崎あおいの撮った写真と、旅行での彼女の姿を撮った写真など。」

    宮崎あおいが好きな人にはぜひ読んでもらいたいです。
    これは小説とは違い写真がメインなので小説が好きな人におススメはできません。

  • 20歳を迎える宮崎あおいが中国16日間の旅の中で学んだこととは。
    本人が撮り下ろした写真を交えながら、過去・現在・そして未来をつづったフォトブック。
    (出版社紹介より)

    宮崎あおいちゃんの中国旅行記。
    彼女の撮った写真と、旅行での彼女の姿を撮った写真。
    あとは女優観や結婚観など、素直な言葉で綴られてます。

    彼女の撮る写真が好きだな、と改めて思う。
    ポートレイトが特にいいな。

  • 女優・宮崎あおいが中国を旅して感じたこと、女優という仕事について素直な言葉でつづっている。
    19歳でこんなこと考えられるなんて、やっぱりちっちゃい頃から大人に混じって仕事して、ものの考え方が違うなーって思った。

    宮崎あおいの魅力満載!

  • 普通の19歳とは違う存在感、価値観に圧巻。

  • 女優・宮崎あおいが中国への旅の中で感じた想いを綴った本。彼女自身が撮った写真も。
    しっかりと選んだんだなって思える言葉たちに好感。

  • 宮崎あおいの中国での16日間の旅の本。
    何を思いどんなことを考えたかは文章から分かるし
    どういう視点で世界を見ているのかも写真から分かる。
    二十歳の女の子らしい視点もありつつ
    女優としての自覚のようなものもありつつで
    等身大の彼女に触れられる本。
    宮崎あおい自信が撮ったと思われる写真がいい感じ。
    カメラマンが撮った宮崎あおいの写真もかわいくてよいね。
    カメラを持って旅に出たくなりました。

  • 060805 ずーっと前に買って読んでなかった本。いいなぁ〜宮崎あおい。でも、もちっと旅が主体で書いてほしかった・・・

  • 宮崎あおいの中国旅行記。
    感じた事、何を思い続けないといけないのか。若いながら良い経験を通して、書き綴っている。

  • 写真と文章がきれいです。すごく引きこまれました。

  • 宮崎あおいが、中国に旅した写真とエッセイの本です。

  • もっともっと文章が読みたかった。
    彼女が何を思いどう感じて生きているのか知りたかった。

  • 大好きな宮崎あおいちゃんの写真集。撮影が彼女です。役者じゃなくて等身大の女の子が旅の途中で出会った笑顔の尊さを教えてくれます。
    今日もあなたは笑ってる?

  • 優しい雰囲気の写真に惹かれて買ったのですが、正解でした。文も読みやすくて、別段ファンではありませんでしたがとても楽しめました。

全23件中 1 - 23件を表示

祈りを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

祈りを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする