世界のビール図鑑

  • 29人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : ティム ハンプソン  山本 徹  金成 有希 
  • ネコ・パブリッシング (2010年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777052684

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

世界のビール図鑑の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ビール図鑑。まだ、本屋に立ち寄った時にちらっと読む程度でしかないけれど、近いうちに購入したい。
    肝臓が壊れる前に、世界の全銘柄のビールを堪能できたらと思う。

    【ドクユキさんへのコメント返信】
    ドクユキさん!コメントありがとうございます!!
    お酒の中でもビールが一番好きなので、本棚の登録しましたw
    近い将来、ドイツを中心にその周辺の国のビール蔵を巡りたいと思ってます。そのためのドイツ語の勉強もちらほらと始めたりしてますw
    海外のビールはまだそれほど飲めてないのですが、記憶があるもので約30種類くらいでしょうか。味覚が大したことない人間なので、味の違いは判りませんがww
    まずは日本の地ビールから攻めていきたいですね(^^♪

  • 読書録「世界のビール図鑑」4

    編集主幹 ティム・ハンプソン
    出版 NEKO PUBLISHING

    P6より引用
    “ビールは世界中で昔から親しまれてきました。どこにでも普通
    に存在するので「たかがビール」と考えがちですが、実は大変洗
    練された飲み物なのです。”

     世界中で愛されて、飲まれ続けている飲み物であるビールにつ
    いて、まとめられた一冊。
     主な産地からビールの基礎知識まで、世界中の銘柄のビールが
    オールカラー写真で紹介されています。

     上記の引用は、はじめにでの一文。
    大切で素晴らしいものほど、身近にあるのかもしれませんね。
     この本を見ていると、やはりビールというものは、麦が作りや
    すい地域の飲み物なのだなと思います。

    ーーーーー

  • 世界各国で作られているビール。それは飲まなきゃ何も分かりません。日本を出る前に予習しておきましょう。

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50100132&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • ビールの種類が少ない。
    オールカラーなのは嬉しい限りだが、各ビール会社のラインナップもほとんど無い。悲しい。

  • けっこーおもろい!
    でも嫁が「ドイツのウィートビアーが載ってねえ!2個しか載ってねえ!」ってうるさい。
    たしかにケストリッツァーとかフランツィスカーナとかもないな。あえてはずしてるのかな。有名どころということで。でもベタなのも載ってるしなあ。

全5件中 1 - 5件を表示

世界のビール図鑑はこんな本です

ツイートする