ニック・シャドウの真夜中の図書館 1 声が聞こえる

  • 144人登録
  • 3.19評価
    • (8)
    • (7)
    • (44)
    • (8)
    • (1)
  • 30レビュー
制作 : 堂田 和美 
  • ゴマブックス (2008年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777109326

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有川 浩
有川 浩
有川 浩
三浦 しをん
有川 浩
万城目 学
有効な右矢印 無効な右矢印

ニック・シャドウの真夜中の図書館 1 声が聞こえるの感想・レビュー・書評

  • こわい話がたくさんのっていて、こわい話好きな人におすすめです。

  • こわい話が色々あり、面白かった。

  • ・「児童書」と、言うだけあって確かに児童向けではあります。
    あと、外国向けな感じもあります。
    短編集で、すぐに次の話がきます。
    表紙も魅力的で、何か引かれるものがありました。
    (表紙や挿絵は「睦月ムンク」という方が書いているそうです。)
    児童書なのにまさかまさかのバッドエンド。
    いいです。そう言うの大好きです。
    なんでもハッピーエンドになるなんて思っている
    人にとってはある意味、新鮮だと思います。

    PS:表紙やタイトルに出ている「ニック・シャドウ」の
    出番が全然ないのは残念。
    せっかく綺麗な絵なのに。
    でも、謎が多い方が魅力的なのも事実です。
    ミステリアスと出番が少ないは関係ないか・・・。(?)

  • 単純に、真夜中の図書館をみつけてその謎を解こう!
    という感じの内容だと思ったら
    全然違った
    ホラーだった

    読み切り型のホラーが3編入っていて
    前書きにある通り、全部がバッドエンド

    子供ゆえの短絡さゆえに…という結末が多く
    気が滅入る
    1話目はもうちょっと広がりを持たせる展開も出来たんじゃないかなと
    残念でもあるけど
    ホラーとして完結させるなら、どれもいいまとまりだと思う

  • 20121029
    学校図書館

  • すごくすごく怖かった。

  • 2012/3/17

    borrow a book from Osaka Prefectual Central Library

  • なんか想像と違った。

    ギャラクシークラムの子供達の短編小説版みたいな感じですかね。
    どこにも救いはなくて常にバッドエンド。
    ある意味わかりやすい。
    とりあえず話のメインに子供が出て来たらこいつは死ぬと思っておけばいいわけですから。

    あとは、いかに死亡フラグを見破れるか。
    気分は殺人鬼映画のシャワーシーンとか、ミステリで「俺は誰も信用しない!」って一人部屋に閉じこもる次の被害者を見ている感じで。

    まあそれはともかくあまり私の好みではない。

    あ、あと、表紙の人は表紙と最初の扉と後書きくらいにしか出て来ませんよ。

  • 表紙に釣られ買ってしまった本。背筋のゾクッとするお話が詰まった本。

  • 真夜中の図書館!いいタイトル!
    絵もかわい〜*
    ファンタジーかなーなにかなー
    と思ったら
    こども向け怖い話でした(゜゜;)

    怪談レストランよりこわい

    というか普通にこわい

    でも1話というか前置き長い‥


    イラストは睦月ムンク(!)という方でした。
    絵うまいな〜
    館長かわいいな!
    館長もっとみたいけどもう読まなくてもいいかな‥
    まぁまぁ面白いけども

  • 「ごめんね」ママは少しこまったような顔でいった。

  • ホラーを読みなれている自分にはまったく怖くなかった…

  • ある日突然、未来の電話の声が頭の中で聞こえてくるようになったケイト。その力で友達の家に泥棒が入ることを知ったケイトは、友達の家を見張ることにした。そして、友達が危険にさらされる会話を聞いた後、声はプツリと途絶えた。


    ジュニア向けの恐怖短編ですが、タイトルに惹かれて読んでみました。館長のニック・シャドウが秘密機関『真夜中の図書館』に収められているこわ~い物語を教えてくれる形式です。

    第一話の『声が聞こえる』はラストがしゃれてました。それまで煩く聞こえていた声が途絶える、コントロール力がついたのだと安堵するも・・・

    ついでに言えば、挿絵のニックは美少年でした。

  • イギリス発の世界で大人気の児童向けホラー短篇。
    物語の悲劇(笑)の主人公達は、どこにでもいる少年少女。
    その為、読み手は共感(仮想体験)しやすいかも。
    直接的な暴力・残虐描写はなく、間接的な手法でサスペンス性を高めている。
    活字が大きく、セリフ中心の日本の小説スタイルに近いので、かなり読みやすいことは保証します。
    しかし、ストーリー性は、どれもすでにある先行作品の焼き直しという観は否めない。

  • “わたくしの名前はニック・シャドウ、秘密機関“真夜中の図書館”の館長です。
    “真夜中の図書館”なんてどこにあるのか、ですって?どうしていままで聞いたことがないのか、ですか?
    あなたがたの身の安全のため、これらの質問には答えないことにします。ただ……この話の出所をだれにもいわないと約束していただけるのなら(だれに、いや、なにに聞かれようとも)、この古い書庫に保管している物語をお教えいたしましょう。わたくしは長年調査をつづけ、人間が知る中でもっともおそろしい物語をあつめてきました。これらの物語を聞けば、みなさんの体は芯から凍りつき、若くてもろい骨にはがたがたとふるえが走ることでしょう。ページをめくるのい勇気がいるかもしれません。なにしろ、最悪の結末がまっているのですから……。”

    「声が聞こえる」
    「ぴったりの靴」
    「一日一個のリンゴ」

    ニック・シャドウが主人公なのかと思っていたが、そんなことはまったくなく。
    ホラーの短編が3つ。
    それぞれに独立していて、ふっと始まりぱっと終わる。
    それほどは怖くないかな。

    “「むすめは見つかったか?」
    影になった顔がケイトを見おろした。無精ひげでざらついたほほに、緑色の液晶画面がチラチラとうつっている。
    「ああ、いたよ」男はいった。
    「よし。じゃあ、始末しろ……スマートにな」電話のむこうの声がいった。
    男はためらっている。
    「いうとおりにしろ」
    すると、ケイトが前にこの会話を聞いたときとおなじように、突然なにも聞こえなくなった。
    すべての声が消えた。”

  • 「声が聞こえる」耳の中で声が聞こえ始めた「ぴったりの靴」新しいスニーカーをもらってから何かが起こり始めた「一日一個のリンゴ」おばあちゃんの農場の裏にある果樹園の持ち主とのトラブルが
     表紙の主人公の話なのかと勝手に想像していたら全然違いました。短編集です。児童書ということでちょっと話の予想がついたりしますが、どれも後味が悪くてなんだか苦手です。

  • ポップに惹かれて買ったんですが、、、イマイチデシタ。
    児童書のせいでしょうか?翻訳のせいでしょうか?物足りない感じです。

    中身が悪いわけでは決してありません!単に、私好みではないというだけでした。購入はしませんが、図書館で借りようかな♪という感じです

  • 怖い話が3話収録されていて、学校の怪談的。

  • 小学生に大人気のようだったので、読んでみました。
    大人の私でも十分ゾーーーっとできて、読み応えありました。2巻以降も読もうと思います。
    このレベルなら中学校の図書館にもおけそう。
    一冊に数話はいっているので、ちょっとした時間でも読むことが出来ます。
    私は面白すぎて一気読みでしたが。。

  • やっとこさ読めた!!!!!
    と、思たらイメージと違った…。
    1話目のラストに思わず「えーっ!」と独りごつ。
    ワタシ、ほっこりする話が好きですねん…。
    まあ、一応全部読むかな…。また待ちですけど。

  • 怖い!すべてハッピーエンドじゃないところが、また読んじゃう。

  • CMの不思議な少年と、真夜中の図書館というタイトルに惹かれて読んだ。
    図書館の話かと思いきや、ホラーの短編集モノ。
    それが、怖い。
    というよりも、後味の悪い怖さ。
    面白く読めたけれど、怖いの苦手なので、、、

  • 現在読破中。

全30件中 1 - 25件を表示

ニック・シャドウの真夜中の図書館 1 声が聞こえるに関連する談話室の質問

ニック・シャドウの真夜中の図書館 1 声が聞こえるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニック・シャドウの真夜中の図書館 1 声が聞こえるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニック・シャドウの真夜中の図書館 1 声が聞こえるを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする