若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録

  • 18人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 加藤順彦
  • ゴマブックス (2016年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777118564

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 成功の尻馬に乗れ!は正しい。だから縮小傾向の日本を出てシンガポールで成長の波に乗れ、と。ただ、本書の中には「志」とか「世の中の役に立て」とか、そういうセリフは全然出てこない。清々しいほど「儲け話」だけ。エロとか出会いとか、そんなもので稼いでもカネはカネ(とは言ってないが)みたいな価値観を強く感じてしまった。

    関係ないけど、今IT業界のリーダー的な奴らって、だいたいQ2で稼いだ連中なんだよな。

  • 2006年1月17日の夜、私はこの本の作者である加藤順彦氏と向島のおげれつな料亭で飲んだくれていた。思えばまさのこの日に起きたライブドアショックを境に加藤氏の人生は決定的に変転を迎えることになって、それでこの本が出版されているかと思うと、あの夜の騒ぎが歴史的に思えて実に味わい深い。この本は、起業家として人気の作者の商売の変遷とそこに通底する商いの極意、そしてなぜいま東南アジアに氏が住んでいて、ウミガメとはなんであるのかを語った講演録の書き起こしである。

    作者は大阪のぼんち(おぼっちゃま)として育ち、バブルの全盛期に関西大学に入学、そこで真田哲弥氏や西山裕之氏らと出会い、合宿での自動車運転免許取得の営業あっせん業を起こし、その会社が関西方面では伝説のベンチャーと言われる「リョーマ」となる。作者はここで「環境こそが人間を創る」と定義し、自身の学生時代の周りにいた異常な人間たちこそ商売を学ぶ上での最高の教育機関(期間)であったと総括をしている。

    そのうえで彼らは東京に進出する。そう、ダイヤルQ2の事業を興す為にだ(笑)これまた伝説のベンチャーであるダイヤルキューネットワークは、後に女性起業家として大変有名になる当時東京大学1年生の玉置真理さんを社長に据えて、社業は急成長を遂げるが、Q2ダイヤルの急成長自体が社会から敵視されるに至り、急速な規制強化によって、会社は倒産の憂き目に遭ってしまう。その後、生き残ったダイヤルQ2事業者向けの広告代理店(一時期はサイバーエージェント、オプト、セプテーニらと覇を争ったネット専業広告代理店である日広)を起業した加藤氏は途中でインターネット広告へピボットをし、年120%以上の成長を遂げていたのだが、2006年のライブドアショック後のネット広告市場の信用収縮によりまたしても経営危機に陥ってしまう。ここで作者はダイヤルQ2とネット広告市場の勃興の体験者として、「商売は常に市場成長の尾尻に乗るべし」、「既得権益がない市場を攻めるべし」、「急成長には落とし穴がある。社会から敵視されるな」などの金言を語っている。

    さて、いよいよ本題のアジアのウミガメとなる。作者は日広をGMOグループに売却、個人としてまっさらな状態からいま一度何を成すべきかを考え、折から日広の仕事でよく行っていたシリコンバレーの企業群に着目する。と言っても、自身でシリコンバレーに乗り込んで起業をしようというのではなく、当時、同じように熱心にシリコンバレー通いをしていたアジアの起業家たち、特に中国人の起業家が本国に帰って起業をし、事業をケタ違いに大きくして、中国に雇用や富をもたらしていることをして”ウミガメ”と呼ばれていることにインスピレーションを受ける。自分も投資家として周りの若者をインスパイヤーして、成長の尾尻に乗るべくアジアや世界の市場を相手にする起業家を育て、以て日本への刺激を与え続けよう、と決心をする。

    そこから作者は入念なリサーチなのか直観なのかはわからないが、アジア通貨危機以降、積極的な市場開放と移民政策とで再成長を遂げていたシンガポールに移住、その後、シンガポールが空間的限界を迎えるとジョホールバルに居を移し、投資家業、自身の事業、そしてウミガメを量産すべくたまに日本に帰っての講演業と八面六臂の活動を行っている。それはまさに最初の起業の名称にもなった坂本龍馬を彷彿とさせるものがあるが、後に世界に羽ばたく弟子を育てたという意味では勝海舟にも通じるものがあるのでなかろうか。

    といことで、いつの間にか大変仲良くなっていた加藤順彦さんの人生となぜあの時、シンガポールに行って、いまでもこれほどエネルギッシュに活動できているのか、改めてこの本を読んで理解を深められたように思う。知り合いの本というのは、なんとなく母親の着替えを見ているような気分になるし、「もう十分によく知っている」という思い込みがあるので、なかなか受け付けないものがあるのだが、この本は読んでよかったと思える数少ない知り合い本の一つでありました。

    若者よ、アジアのウミガメとなれ!

  • 経済社会で生き残るためには、国レベルの成長と衰退を見極めて、成長の波に乗ることが重要なことだとよく分かった。

    著者の会社を起こすことに対する感覚が、普通の人と比べて「異常」と表現されているけど同年代の人間として、確かに周りに、こんな人はいなかった。でも、仰っていることは誰よりもマトモで分かりやすい。

    海外に出た若者が、成功を経験して日本に帰って、社会を作り変えるくらいのスピリットを持てるように必死に伝える姿に共感。
    ウミガメに例えて、1万人に一人でもそういう人を生み出せばば勝ちじゃないだろうか。

全3件中 1 - 3件を表示

若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録はこんな本です

若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録のオンデマンド (ペーパーバック)

若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録のKindle版

ツイートする