猫川柳 激闘編

  • 22人登録
  • 3.92評価
    • (5)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 辰巳出版 (2005年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (113ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777801435

猫川柳 激闘編の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • #環境省 に拡散されるのか存知(ぞんじ)ませんが?…ここで一句…“猫エイズ 接種の義務化 白票入れ”…。

    (句の意味を説明します)
    犬は予防接種に加えて、動物の保護遺棄及び殺傷には、重加罪が有る!。のに猫は接種の義務化無いのに、遺棄殺傷に罪を科するのは?…犯(おか)しいです。

    でしたら、海外では猫にも接種を義務化している国も、僅かですが有ります!ので、動物を生涯可愛がりたいので有れば?…猫エイズの予防接種の義務化と同時に動物保険の公的保障の容認化を…同時に訴えたくなるような…第5章目に有りました!…。

    P・S
    政治的意図を垣間視て採(みてと)れた!は…アプリはおろか、PCサイトページ(外部連携のSNSを除く)からの評を…攻撃以外で御待ちして居(お)ります。
    REP・S
    あっ‥申し訳御座いません!。覇王伝ではありませんでしたって読了は?‥此の書籍(このしょせき)でした!ので‥改めて記述し直す!と共に?‥前の書籍の‥削除はし無くても、評価の書き直しを?…させて戴きます…謝‥罪…詫。

  • 日本の景色も綺麗で癒されるにゃー

  • なつくのは 食事の時だけ いと悲し

    昨日見た 同じポーズで 今日もいる

    ネコの名に 恥じないために 寝続ける

    ひもじくて じっと手を見て また舐める

    *ホームテリトリー/ハンティングテリトリー

    指差され 思わず鼻出す ネコの性

    後からと 残したエサが 捨てられた…

    身を隠す ところもなくて 尺花火

    こう見えて 毎日ちょこちょこ 忙しい

    怒られた けれど反省 いたしません

    逃げといて ニャアのひと鳴き にくいやつ

    アゴの下 そうそうそこよ そこなのよ

    ビジュアルと 鳴き声まったく 違います

    生き方を 教えてくれた 我が師匠

    飼い主を 騙すことなど お手のもの

    幸せは 見つけるものだと 猫が説く

    帰宅して 最初の挨拶 愛猫に

  • 本当に猫が語っているみたいです。
    猫好きにはたまらない一冊。

  • ねこの写真に川柳をつけたもの。
    絶妙な写真と川柳のコラボです。
    「猫ジャラシ つい飼い主が ムキになり」
    「指差され 思わず鼻出す ネコの性」
    「呼ぶと無視 呼ばぬと膝乗る あまのじゃく」
    写真とよくマッチした川柳です。

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする