空想ハウス 暮らしのアイデアが広がる面白物件の不思議な住まい

  • 44人登録
  • 3.18評価
    • (0)
    • (4)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 立川空想不動産  レトロハウス愛好会 ときめく物件探し隊 
  • 辰巳出版 (2012年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777810857

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
東京R不動産
ヤマザキマリ
黒崎 敏
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

空想ハウス 暮らしのアイデアが広がる面白物件の不思議な住まいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1

  • 母の日に息子からプレゼントされた本。
    『ほんとにコレでいいの?』って言われたけど、
    いいんです( ・`ー・´) + キリッ 
    昔っからこの手の本が大好き(〃艸〃)ムフッ  

    間取りに写真に…見てるだけで萌え~♪♪
    素敵な家から住みづらそうな家まで色々(笑)

  • てっきり本当に空想なだけの、こんな家があったら良いな!が詰まっているのかと思いきや、本当にある家ばかりの紹介で、でもそれぞれはまさに「空想したかのような」個性を持っていて、豊富な写真とともに間取りも書かれているものですから、間取り好きにはたまらない一冊です。

    元々は、立川空想不動産というところが紹介している面白物件から着想した本とのこと。面白物件というかこだわり物件で言えば、東京R不動産なんかはワシもたまに見ては特に借りるでもなくほくそ笑んでいますが、脱東京不動産など、他にもいろいろとそういうメディアはあるものですね。

    そして本書の面白いところは、ただ面白い部屋を紹介するのではなく、そこに住んでいる人の暮らしを通じて、物件を知ろうとしているところ。部屋の使い方は千差万別ですが、じゃあその面白物件に住んでいる人はどんな使い方をして、どんな生活をして、引いてはどんな人生を送っているのか(までは踏み込みませんが、それが透けて見えるくらいには)、そこには、家と人の繋がりを感じます。

    もうひとつ、驚きだったのが、都心から少し離れているとは言え、意外に高くなくこれら面白物件が借りられること。空想でありながら手が届く、そんな住まいを見て楽しめます。

  • 東京の都下、武蔵野地区にある個性的な家々の紹介。外見のユニークさでは、表紙を飾る三鷹の家が随一。住んでいる人も登場。そこまですごくはないけれど、他の家もなかなか個性的です。住人の家に対する思いも伝わるというものです。

  • ひとりだったら住むことを考えるかもしれないけど、家族持ちだとちょっと難しいかな・・

  • 開放的だったり、個性的だったり…。みんな素敵なお宅ばかり。 打ちっ放しの壁や吹き抜け、冬は寒そう・暖房費かかりそう… なんて思ったり(寒い時期に読んだので、特にそう思いました)、 遊び心満載な空間とか間取りとかインテリアとか、羨ましいけど いつもキレイな状態を維持するの、大変そうだなぁなんて、 掃除の苦手な私は、そんな現実的なことを思ってしまいました。

全6件中 1 - 6件を表示

空想ハウス 暮らしのアイデアが広がる面白物件の不思議な住まいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空想ハウス 暮らしのアイデアが広がる面白物件の不思議な住まいを本棚に「積読」で登録しているひと

空想ハウス 暮らしのアイデアが広がる面白物件の不思議な住まいはこんな本です

ツイートする