Gスピリッツ Vol.42 (タツミムック)

  • 2人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 辰巳出版 (2016年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777818129

Gスピリッツ Vol.42 (タツミムック)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了。

  • 名実ともにプロレス界のスーパーエリートだったジャンボ鶴田
    しかしそれゆえ常にその言動が、ともすれば多くの人を
    …ことによるとジャイアント馬場でさえも
    傷つけかねないという恐れはあった
    そのことに意識的だったかどうかはわからないが
    昭和の頃、ジャンボ鶴田のプロレスはけれんのないプロレスで
    「善戦マン」の異名と、ものたりない印象をファンに与えた
    アントニオ猪木が大ウケする時代にあって、鶴田は優しすぎたのだろう
    そして天龍源一郎もまた
    やはりそんな鶴田の余裕に反感を抱く口であった
    同世代のライバルだったふたりがリング上でぶつかる分には
    むしろそれが良かった
    鶴田にしてもおそらく、天龍や長州のことは
    上手く理解できなかったに違いない
    エリートと雑草の違いと言ってしまえばそれまでだが
    深層には、プロレスをめぐる観念的対立…
    すなわち、教養主義と娯楽主義の対立があったのだと思う
    日本テレビのコンテンツを担いながら、NHK的感性で動く鶴田は
    常に疎外感を感じていたのかもしれない

全2件中 1 - 2件を表示

Gスピリッツ Vol.42 (タツミムック)を本棚に登録しているひと

Gスピリッツ Vol.42 (タツミムック)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Gスピリッツ Vol.42 (タツミムック)はこんな本です

ツイートする