銀河鉄道999 10 終着駅 (GAMANGA BOOKS)

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 松本零士
  • 小学館クリエイティブ (2015年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778033002

銀河鉄道999 10 終着駅 (GAMANGA BOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 999の愛蔵版の最終巻です。
    カラーが思ったほど多くありません(残念)。

    でもやっぱりいいよなあ。999。

全1件中 1 - 1件を表示

銀河鉄道999 10 終着駅 (GAMANGA BOOKS)を本棚に登録しているひと

銀河鉄道999 10 終着駅 (GAMANGA BOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀河鉄道999 10 終着駅 (GAMANGA BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀河鉄道999 10 終着駅 (GAMANGA BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀河鉄道999 10 終着駅 (GAMANGA BOOKS)の作品紹介

雑誌掲載時のカラーページを収録した愛蔵版

時の輪を巡るSF超大作が『少年キング』連載時のカラーページを多数収録した決定版、全10巻で甦ります。
西暦2221年、銀河系の各惑星は「銀河鉄道」と呼ばれる宇宙空間列車によって結ばれるようになっていた。しかし、貧富の差が広がり、裕福な人々は機械の体を手に入れ、永遠の命を謳歌している。一方で、貧しい人びとは迫害され、機械化人による人間狩りの標的にされ、隠れるように暮らすのだった。人々が願うのはただひとつ、宇宙のどこかにある機械の体をただでくれる星へ行き、そこで永遠の命を手に入れることなのだ。
第10巻収録7エピソード「かげろう気流」「ボルカニックの弟子」「ブルーメロンの決闘」「コスモワイン」「自分以外全部バカ学博士」「故障時計」「終着駅」


【編集担当からのおすすめ情報】
松本零士画業60周年記念出版

銀河鉄道999 10 終着駅 (GAMANGA BOOKS)はこんな本です

ツイートする