シンデレラ・ハネムーン (ショコラノベルス・ハイパー)

  • 31人登録
  • 3.53評価
    • (1)
    • (8)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 松幸かほ
制作 : タカツキ ノボル 
  • 心交社 (2005年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778101039

シンデレラ・ハネムーン (ショコラノベルス・ハイパー)の感想・レビュー・書評

  • 花嫁に結婚式当日に逃げられた挫折知らずのエリートが一人で新婚旅行の予定通りに、スイートに泊まる。
    そこにグループオーナーが挨拶に来て出会う。
    で、オーナーは一目惚れ。お酒を飲んで勢いで関係もって、で、二人共にラブラブに。
    ですが、山はほとんどなく、トントン拍子に将来を誓い合った二人になっていて、どうしてそこまでにいつなった?だし、受けがエリート設定の割に思考が乙女だし、ツッコミどころ満載でした。

  • アメリカ人ホテルオーナー X 日本人リーマン 年上攻 身分違い

    結婚式当日花嫁に逃げられたエリートサラリーマンの佐倉優輝は、一人で新婚旅行のオーストラリアへとやってきた。豪華なホテルにそのまま滞在する優輝だったが、事情を知ったホテルのオーナーである青い瞳の美形、ロイ・アンダーソンが優輝を外ヘと連れ出してくれる。完璧なエスコートと極眼までに甘やかしてくれるロイに、ささくれた優輝の心は癒されていく。そしてその夜、優輝はロイから情熱的に口説かれてしまい―。期限つきの恋に墜ち、溺れる大人たちの身分違いのラブ・ストーリー。

  • 結婚式当日花嫁に逃げられた俺はたった一人でハネムーンへと出発した。するとそこで運命の人に・・・! ホテルオーナーxエリートサラリーマン

  • 結婚式当日、花嫁に逃げられた優輝は1人でハネムーン先の
    オーストラリアへやって来た。
    宿泊先のホテルのオーナー・ロイがデートに誘い
    お酒に酔った2人はそのまま…。

    ロイの別荘に行くんですが、その別荘にロイの友人が押しかけてきて、あげくののしられ酷く傷つけられ、ロイに黙って日本へ帰国してしまう優輝。
    一緒にはいられないと、ロイから身をひくんです。
    「離れたくない」と言う気持ちを持っているにもかかわらず。

    日本へ帰ってきてから、花嫁がどうして逃げ出したのかにも気がつくんです。
    何も出来ない自分は、相手の負担になるんじゃないか?と。
    花嫁も優輝も。同じ事を考えて、
    同じような行動を取ってしまってたんです。
    こんな優しい気持ちを持っているのに、どうして友人たちは優輝を傷つけるの!と、
    私が怒っちゃいましたよ。
    (よくあるんですけど、本を読みながら…苦笑)
    優輝の切ない気持ち、わかります〜。

    でも、さすがお金持ち!
    ロイは、優輝の会社を吸収合併してヘッドハンティングと
    いう形を取ってアメリカへ連れて行きます。

    いいぞぉ〜〜〜!
    スケールがでかい。男前ッ!好きだぞっ!

    もう1本も、ラブラブな2人なんだけど、
    ひょんな事で喧嘩を。
    おまけに、お邪魔虫が1匹登場。
    かなりやばげな場面になるんですが、ナイトさまが颯爽と現れて一件落着。

    そのお邪魔虫は「惚れたみたい」などと、たわけたことを言い出す始末。
    でも、どうなるんだろ?と興味は沸きました。

    続編希望。

    あと、イラストは大好きなタカツキノボルさん。
    いつものように、とてもきれいでエロいイラストを
    堪能させていただきました。

  • ロイ・アンダーソン(ホテル王)×佐倉優輝(エリートサラリーマン)。挙式当日花嫁に逃げられた優輝は一人新婚旅行(?)へ。ホテル・オーナーのロイに誘われ、食事や観光を楽しみ・・・お約束のナニを(笑)。日本に逃げ帰った優輝はがむしゃらに働く。本当にシンデレラストーリーですが後日談が楽しい。

全5件中 1 - 5件を表示

シンデレラ・ハネムーン (ショコラノベルス・ハイパー)のKindle版

ツイートする