最後の肖像 (ショコラコミックス)

  • 166人登録
  • 3.63評価
    • (12)
    • (19)
    • (28)
    • (2)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 本間アキラ
  • 心交社 (2005年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778101268

最後の肖像 (ショコラコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 姉の婚約者×画家になりたい社長子息。内から燃えるような青い炎という感じ。姉弟そろって逃避行とは…最後のシーン大好きです。

    同時収録の、天才囚人×FBI捜査官も大々大好物…!攻めがかっこよすぎ。人を好きにならないと自戒するも、受けに惹かれ始める苦悩を想像すると…萌える

  • 再読。表題作ももちろん面白い作品ですが、同時収録の「天国への階段」がめちゃくちゃ好き!! 元FBIの死刑囚・キース×FBIの雑用係・ナルミ。死刑執行までの7日間の間に事件を解決するためIQ200以上のキースに白羽の矢が立った!! 監視役としてナルミを指名するキース。そこから2人は… こういう展開大好き!!それにキースがすんごくカッコいい。癖があるけど一本筋が通っていて男前。本間さんの攻めはみんないい男だよね♪ 後書きにあるようにできればこの2人で一冊書いて欲しかったよ。 はぁ、面白かった。

  • memo: ペーパー

  • 表題作「最後の肖像」と、「天国への階段」の二本立て。
    それぞれ描き下ろしがついている。
    描き下ろしがなくてもまとまった話ではあるけれど、あった方が読後の幸せ感が増す気がする。
    「兎オトコ~」で惚れた作家さんで、正直こちらの作品には期待してなかったけど、普通におもしろかった。

  • 本間アキラコンプリート週間
    ううんんん昔っぽい…前時代的だ…と思ったけどそう昔の本でもないんだよね~絵が古いのか?話が古いのか?両方だな
    表題作…姉は婚約者を捨てて結婚式当日に失踪、弟は姉の婚約者と失踪って、親のひとがいくらなんでも可哀そうだと思う
    子供は甘やかしても縛りつけてもよくない!ってことですな(そういうはなしじゃない)
    警察のやつ…このかたこういうのお好きなのね~FBIとか
    マッチョなおとこが好きなんだろうな~わたしはどうもな~

    というわけで売るよ
    せっかく集めたけどね…

    (Amazonで購入)

  • 「兎オトコ~」を読んでから買ったので、絵の雰囲気が違ってなかなか読み進められず…ずっと積んでしまっていた一冊
    今あらためて読んでみると、不思議なことにまったく違和感なく読めてしまいました!

    表題作「最後の肖像」は、父の経営する会社に入社した受けが、上司を好きになりますが、その上司は姉と結婚することになって…というお話

    もう一本の「天国への階段」はFBIの捜査官同士のお話で、攻めはアメリカ人、受けは日本人捜査官です

    どちらも面白かったですが、エロは薄め
    「天国への~」の方は特に、もっと続きが読みたかったです…!

  • 絵は好みではないのにすごく綺麗で素敵です。
    全体的に切なくてキュンとしました。もっと続きが読みたいです。

  • 「天国への階段」がすごく好き。
    これで一冊読みたかった。

  • 本間さんの絵、確かに違いますが、綺麗です。光と影のコントラストも。表題作、お話は淡々と進みますが、心情描写が細やかなのがいいですね。個人的には同時収録の方が好きです。ちょっとハードな世界観ですが、ストーリーにツメの甘さを感じるので、本間さん自身があとがきにかいてるようにこれだけで1冊読みたかったです。性格に難ありのキースはすごく好みだし、ナルミとのカップリングもデコボコな感じで大好きです。

  • 欲しいもの、手に入れられそうにないものを絵に描く行為には心底共感してしまった…

全14件中 1 - 10件を表示

最後の肖像 (ショコラコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

最後の肖像 (ショコラコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最後の肖像 (ショコラコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする