皇子の虜囚 (ショコラノベルス・ハイパー)

  • 43人登録
  • 3.62評価
    • (5)
    • (4)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 弓月あや
制作 : 竹中 せい 
  • 心交社 (2007年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778103866

皇子の虜囚 (ショコラノベルス・ハイパー)の感想・レビュー・書評

  • 王子×日本人。父の赴任先で王子の話し相手として出会い惹かれあう年下攻め。身分違い、男同士という道ならぬ恋に身を焦がす受けがグルグルする話。切ない設定のはずだが、なし崩し的にエロに突入する強引展開。しっとりとした書き込みが少ないのが残念なところ。媚薬あり監禁ありお道具ありのエロは執拗に濃い目。

  • 皇子・ムスタファ×日本人外交官の息子・高塔征のカップリングです。
    傍若無人なところがある皇子と、
    その話相手として出会い、皇子の執着心から
    逃れるために、いったん日本に帰国しますが、
    再度つかまって
    皇子が好きっていう気持ちを認めて、ハッピーエンドという展開です。
    ムスタファの執着心ってあっぱれなほど
    征ラブ♡なところが気に入りました(^^♪

  • 主×従 年下攻 幼馴染 健気受 アラブもの

  • 十五歳のときから十三年間、中東のアルネイ王国の皇子ムスタファに仕えてきた高塔柾は、ムスタファが二十歳のとき、激しい求愛を受けて無理やり体を奪われた。凛々しく精悍なムスタファの輝かしい未来に、自分の存在が汚点となることを恐れた柾は、彼を騙し後宮から逃げ出す。隠れ住んでいた日本で、二年後捕らえられた柾は、アルネイへと連れ戻され、再び後宮に閉じ込められて、夜昼となく媚薬を使われ凌辱されるが―。日本人青年と灼熱の太陽のような皇子が織り成すラブ・ロマンス。

  • アラブ系のお話は読んだことなかったけど、抵抗感もなく読めました。
    年上受けってツボです・・・。
    ストーリー的には、ベッドシーンが結構多かった気がします。

全6件中 1 - 6件を表示

皇子の虜囚 (ショコラノベルス・ハイパー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

皇子の虜囚 (ショコラノベルス・ハイパー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

皇子の虜囚 (ショコラノベルス・ハイパー)を本棚に「積読」で登録しているひと

皇子の虜囚 (ショコラノベルス・ハイパー)のKindle版

ツイートする