真昼の恋 (ショコラコミックス)

  • 1005人登録
  • 4.09評価
    • (125)
    • (137)
    • (76)
    • (7)
    • (1)
  • 61レビュー
著者 : 草間さかえ
  • 心交社 (2010年12月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778110512

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

真昼の恋 (ショコラコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 再読。ハジメがカワイイ♪ これぞ年下ワンコ攻め!!って感じで楽しめる。まひるとハジメが付き合う様になってからの話しがメインなのも良いですよね。五十嵐課長に嫉妬するハジメがカワイイ、まひるに嬉しそうに懐く姿がカワイイ♪ 年下ワンコに癒されたい時に読む本です

  • とてもあたたかい良い話だった……光のBL……

  • 営業の「正午」と書いて「マヒル」読む主人公(受け)と下請け工場のワンコ系攻めの話。この作者の話は当たりはずれがあるんだけど、この話は結構好きだった。父親に似た上司に懐く受けに嫉妬する攻めとか、男が好きだと告白して勘当された実の父親に二人で挨拶に行く話とか、真面目に先のことを考えてるのが好き。最初は水ぶっかけられる(レインコート&ビニサンで武装)とか、家に入れてもらっても聞きづらそうにしてるお父さんに先回りして答える(自分が受けです)ってエピソードが微笑ましかった。理解ある攻めの家族とか、受けの優しい和服美人なお母さんとか、周囲も良かったなー。

  • 町工場の若い工場長とリーマン。ゲイ同士。下町感がよかった。

    上司に憧れるゲイ受けとその上司になにかと対抗心を燃やす年下攻の関係性が可愛らしかった。
    でも展開が色々はしょっててBL的萌えが足りない…。告白して、すぐ次の回でもう情事後だったり、一目惚れの回想シーンがあっさりしすぎだったり。

    キャラは練られているなと感じられるだけに勿体ない読後感でした。

  • 草間さんは素敵です。わんこ攻のかわいい話でした。

  • 草間さんは社会人が上手いなあ。サラリーマン描かせたら右に出る者がいないんじゃないかと思うくらい。
    それもただスーツ着て通勤してるだけじゃなくてちゃんと仕事をしてる男達なんですよ!これ意外と貴重。仕事がストーリーの中で意味を持ってるんです。さすがだなあ。草間作品の中で好きな方に入る作品です。

  • 何と云う事の無い話。
    私も大概ファザコンなので正午の気持ちはよくわかる。

  • 「マッチ売り」の二冊のあとに読みました。
    随分毛色が違う作品で驚いたものの、がっつり読ませてくれて流石です!
    草間さん、こういう普通の話も描かれるんですね。
    いやあ、二人とも可愛くて、最後まで楽しませていただきました。

    この話は、リーマンBLで一番好きです。初めて読んでから、他に400冊程BL漫画を読んで、リーマンものも数多くありましたが、矢張り今でも一番好きです。
    くっついてしまう課程があまりに短かったので、此処ももう少し丁寧にやっていただけたら良かったなあと思いつつも、簡単に始まった本気もまたありかと思うので、これもまたよし。片想いは長かった訳ですし。

    またいつか続編を描いて下さったらなあと思うのですが、描いていただけなくてもこの二人はずっとこのままなんだろうなあとほくほくしてしまいます。
    末永く、お幸せに。

  • 草間先生の年上受けは可愛くて大好きです 仕事できる男でスーツが良く似合ってて…いやぁもうすごいときめきます**そして最後お父さんへの一言wまひるさんは天然ですか?可愛すぎですww

  • いやぁ良かった!!めちゃくちゃ好きです。年下攻めワンコハジメは可愛くてまっすぐで妄想激しくてwwまひるさんは素直じゃなくて素敵。2人ともしっかり仕事する社会人だし、五十嵐課長も素敵だし。。あーもう全部好きですwwエロもほどほど、家族のこととかシリアスなところもあるけど最後のカミングアウトにフキましたwwwwすっごい良い本だった!

  • ……まひるさん?お父様にそこまで報告しなくても……(爆笑

  • これぞ理想の年下ワンコ攻!今まで数々のワンコ攻を見てきたけど、容姿から性格までここまでど真ん中な攻は初めて。普段ものすごくかわいいのにふとした瞬間に男を見せてきたりほんとたまらないです。かっこいいのにどこか抜けてる受と相性ぴったりで萌えも倍。こういうBLもっと読みたいなあ。
    ストーリーは個人的に深読みすればするほど面白くなるというか、華やかさはないけど噛めば噛むほど味が出るスルメのような印象。「バスの人」とか初め「?」と思ったけど読み返してみて「ああなるほど」と納得。ただ一点、受が攻に惚れた理由がわからなかったが、それを差し引いてもBLではありがちな現実離れした設定もなく、しっかりと地に足の着いた世界観が好印象。大好きです。

  • はじめて草間さかえさんの作品を読みました。
    裏表紙のあらすじとイラストでなんだか独特な感じでおもしろそうだと思ったのです。

    大当たり!!

    ワンコ攻めはそんなに好きではないのですが、この作品では一の一生懸命さとまひるさんのつっこみがとっても楽しかった。

    シリアスとコミカルの具合がバランスよくて、流れがきれいですね。

  • 魔法の~が好みだったので、同作者のBLを読んでみた訳だが、こっちは割りと普通。ハジメの必死さが可愛かったり、まひるの反応が面白かったりでカップリングとしては安心して見ていられる感じでした。

  • 先生の漫画が大好きです。読了してから、読みなおすのを繰り返したくなります。(エロアリ★★)

  • 草間さん、4冊目にしてストライクキターッ(・∀・)
    これはとても大好きな一冊!

    草間さんは湿度の高い日陰っぽい話が多い気がして、多分いままではそこが合わなかった。
    このカップルは単純明快で、しかも「くっついた後の話を長く書いたのはこの漫画が初めて」というあとがきを読んで、「あぁ〜その甘さが足らなかったのか!!」と納得。
    地に足が着いた堅実なゲイカップルを堪能して満足でした♪
    そういう意味では、描きおろしの【三度目の夏】がとても好きだな(笑)

  • 町工場で働く技術者×リーマン

    憧れの上司にほのかな恋心を抱きつつ毎日を忙しく過ごしていた主人公は、ある日順調にいっていた仕事から担当をはずされる。
    新しくまかされたのはつぶれそうな町工場。
    親が会社をやめて以来閉めていた小さな工場を、息子が継いで再出発するという。
    これは肩たたき(リストラ)の前兆なのか、と絶望する主人公に、町工場の青年は腹が立つほど前向きに仕事に取り組み、主人公をとりこんでいく。

    小説誌に連載していた、基本一話完結の「途中から読んでも問題がない」というかわった形式での読み切り連載作品。
    大きな事件は起こりませんし、主人公もどこかつかいもどころがない人間なのですが、攻めのわんこ君ががーーーっと物語を進めていくのが読んでて面白かったです。
    脇役がしっかりとしてるのもあるでしょうし、ところどころ出てくる技術系のエピソードもしっかりしてる。

    なによりオヤジ好きーのワタシには上司がたまりません!!
    主人公がかわいくて仕方がないんですよ。
    絶対憧れてるのとか、好きなのわかってるんですよ。
    あああ・・・。←主人公達どうでもよくなる瞬間

  • あんまり心に響くものがなかった。

  • 年下わんこ攻め×美人受け。

    全体的にほんわか和む。攻めかわいい!

  • わんこ年下攻めのリーマン受け好きにとってはたまらん。
    作業着たまらんスーツたまらん!

  • 草間さんの本らしくない軽いタッチの本。「かわいいを武器にするな」て言葉が決め文句でしょうか

  • かなりガチっぽい部分が取り扱われていて、世の中と二人の世界が、現実に引き戻されるくらいちゃんと繋がって描かれている。
    1話完結でオチを付けたり面白くて好みなパターンでした。
    が、年齢的にも重めというかリアルなので、ファンタジー気分には浸れなかった。
    工場(よりも会社寄りだが)の仕事の資料がちゃんとあるっぽいので高村薫を思い出した。
    いい加減に空想のリーマンを描かないから深みがあって凄いのかも。
    その分仕事の話をしすぎたり、人物が気にしすぎたりしている感もある。

  •  BLコミックです。
     完結型短編連載形式…なのかな?

     とりあえず岡崎が可愛いです、しかし妄想しすぎである(笑)
     まひるさんは普通にかっこいい、しかし五十嵐さんはもっとかっこいい。
     こういったBLを読むの久し振りなのでなんだかほのぼのした気持ちになりました。

     個人的にはやっぱり五十嵐さんがかっこいい、です。

全61件中 1 - 25件を表示

真昼の恋 (ショコラコミックス)に関連する談話室の質問

真昼の恋 (ショコラコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真昼の恋 (ショコラコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真昼の恋 (ショコラコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

真昼の恋 (ショコラコミックス)のKindle版

ツイートする