S.S.SP (ショコラ文庫)

  • 46人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (9)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 結城一美
制作 : 亜樹良 のりかず 
  • 心交社 (2011年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778111250

S.S.SP (ショコラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SP第五係という架空ではありますが特殊な高度な要人警護・テロ対策を組み込まれた専門部署に配属された新米SPの須賀。無鉄砲なところがあり考えるより体が先に動くというSPにはまるで不向きなタイプであるも、第五係の一員として頑張る姿は逞しく気持ち良い。
    そして個性派揃いの第五係を束ねる係長の宗方は、須賀が刑事時代に窮地のところを助けてくれた「翔」にそっくりな容貌と雰囲気を兼ね添えていて…。

    話は警護主体でシリアスなのですが、歌舞伎町のマスターやらまた須賀の明るく、宗方と翔との間で右往左往する姿が何とも微笑ましく、刑事ものにありがちな暗い展開を感じさせず、さらりと読み終える事が出来ました。

    また、宗方さんの、翔の、エロいことと言ったら! たまりませんわ〜〜。

    須賀さん、任務遂行に支障は出ないでしょうか、心配です(^^;;

  • 久しぶりの結城さんの作品だったのですが、面白かったわ♪ ポンポンと進む展開とアクションにエロ!SPのお話で、内容的にはそんなに深く掘り込まれてないけれど、主人公が前向きで破天荒な所も読んでいて楽しかったです♪ 宗方のon・offのギャップも良かったですね♪

  •  須賀隼鷹は元刑事。
     刑事時代は、持ち前の勘のよさで検挙率ナンバー1であったが、始末書の数もナンバー1。
     問題児扱いされてもおかしくないような状態ではあったけれども、性格のよさで課の先輩にも可愛がられていた。
     そんな須賀が、体力が有り余っているから、という理由で行かされたのは皆が嫌がる厳しいSPの研修。それを受けた中から素質有りと見なされた者だけがSPの第五係に配属されるという研修だった。
     須賀は当然、自分がそんな部署に配属されるわけがないと思っていたが、どういう訳か研修を終えてみると、第五係に配属が決まってしまう。驚いた須賀であったが、第五係の係長・宗方公輔の顔を見て更に驚く。
     宗方は、数ヶ月前に夜勤明けの非番に見つけた犯人を追いかけた際に、逆に捕まってしまい媚薬を飲まされた須賀を身体を宥めるためと抱いた男・翔にそっくりだったのだ。
     けれど、クールで禁欲的で隙のないキレ者オーラを漂わせる宗方と、淫らな言葉とテクニックで須賀の身体を弄んだ翔とイメージがまったく一致せず、須賀は宗方と翔は別人であると結論付ける。
     しかし、須賀は宗方の顔を見るたびに、翔にされたいろいろなことが頭をよぎり、ドキドキしてしまう。
     おまけに、宗方の仕事に対する姿勢に徐々に惹かれていく須賀は……

     という話でした。
     須賀は真っ直ぐで、自分の勘と五感に頼って反射的に動いてしまうところもあるので確かに単独行動が困る場面では困ったことになる可能性も否定できないけれど、それも含めて宗方は第五係の一員として迎えているので、何も問題はなく、のびのびと仕事ができている。
     ただし、あの一夜の経験が須賀の頭の中にふと浮かび上がってきて、集中力を切らしてしまうことがたまに……という状況。

     一方の宗方は、エリートでありながら、現場である第五係の係長であるのには実は理由があって、そこには議員の秘書をしながら襲われ死んでしまった親友への想いがあった……という人物。

     そんな宗方に須賀はだんだん惹かれていくんですが、そんな時に亡くなった宗方の親友が秘書を務めていた議員の警護をするという任務が舞い込んできて……という話でした。

     宗方の状況だけ字で書くと重たいように感じなくもないですが、須賀の持ち前の明るさとあんまりくよくよしないところとが、物語全体を明るくしていて、とても読みやすくて。
     宗方の親友を殺したのは誰かという内容で、ミステリー的な要素もありつつ、とても面白かったです。

     宗方とはハッピーエンドの最後の一回だけだったですが、それ以外にも間ではちょこちょこ翔が登場していたので、えちのシーン的にも問題なく、おもしろく読める小説だったんじゃないかな、と思います。

  • spものとしてお話が面白かったよん。

    ストーリー☆☆☆☆
    ピンク   ☆☆☆
    キュンドキ  ☆☆☆

  • 厳密には★4つの下ぐらいかな~。事件を扱うものなので重苦しくなりがちなお話を、受の熱血ぶりで軽くテンポのいいものにしていて読み易い。発売前からタイトルのs.s.って何だろう?と思ってたらsexual secret。番外編のペーパーは『s.h.sp』。こっちも面白かった~。

全5件中 1 - 5件を表示

S.S.SP (ショコラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

S.S.SP (ショコラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

S.S.SP (ショコラ文庫)のKindle版

ツイートする