月夜に眠る恋の花 (ショコラ文庫)

  • 28人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 水杜サトル
制作 : 御園 えりい 
  • 心交社 (2011年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778111632

月夜に眠る恋の花 (ショコラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 族長×リーマン

    脇役の伊達!!!!なんて男だ!!!!
    その策略にハマってヤバい酒場で強姦されそうになったところを攻めに助けられるけど、助けるときに契約めいた言葉にうなづいたため、族長の国に連れられてしまう。

    なんでそんなに攻めの族長が受けにご執心になったのかいまいち伝わりづらい感じでした。
    アラブ系に多い、兄弟や側近の策略とかべたと言えばべたな展開だったけどそれはそれでいいかな。

    ただ、最後攻めが死んだと思っていた受けがその間も普通に暮らしていたことに疑問が残ったりするし、ちょっと強引なハッピーエンドかな。

    全体的におおざっぱなさわりだけという感じだったの、もう少しどれか一つでも深く掘り下げてる部分が読みたいなぁと思った作品。
    ☆3.3

  • こちらの作者様の作品は久しぶりに読みました(^^;;
    アラブの王子様×日本人リーマンのお話です。
    アラブものにありがちな連れ去り系の出会いになってます。
    最後はハッピーエンドですが、
    途中、ライバルリーマンの嫉妬による事件なんかもあって
    前に読んだ作品よりも楽しめました(^^)

  • 表紙に惹かれてアラブ物♪ ただただアラブ物!っていうだけで、もう少し捻りが欲しかったですねぇ。 でもラストは請われるままにグラン王国に行くのではなくちゃんと自分で行動して自分の仕事として 行った所は男前でしたねぇ。

  • 砂漠もので王族ものしかも年下攻の王道。安心して読めました。
    ちょっとした利権争いや相続問題などスパイスも効いてました。
    さらっと読めましたよ。

全4件中 1 - 4件を表示

月夜に眠る恋の花 (ショコラ文庫)はこんな本です

月夜に眠る恋の花 (ショコラ文庫)のKindle版

ツイートする