銀の眠り、金の目醒め (ショコラ文庫)

  • 76人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (6)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 松岡なつき
制作 : 汞 りょう 
  • 心交社 (2011年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778111649

銀の眠り、金の目醒め (ショコラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ロマンチックすぎる!

  • ソムリエ版美味しんぼw 翻訳ものを読んでいるかのような錯覚に陥りましたが、その回りくどさがいい意味でまた面白い。松岡先生が20年間この世界でご活躍されている理由がわかります。とても素晴らしい作家さんです。

  • もう少し甘い話かと思ったので予想と違っていました。
    主人公が若くして実力を買われたソムリエで割と自信家。攻めもレストランの経営者として成功している。この二人がお互い本気だと言いだせずにすれ違うのはなぜなのか?

  • 途中の年号が古くて、アレッこれでいくと攻めは今40位か・・・?とも
    思ったがあとがきに「99年の作品」とのこと。

  •  ニューヨークに新しくオープンするフレンチレストランに破格の条件で引き抜かれた若きソムリエ・渡会玲一。
     彼は自分のソムリエという資格に圧倒的な自信を持っていた。
     そして、そんな彼をスカウトしたのは、レストラン界の「ミダス王」と呼ばれるラウール。
     ラウールは、仕事ぶり、人間性、すべてにおいて洗練された一流の男だった。
     優雅で官能的なラウールにいつしか惹かれていく玲一だったが、ある日事故に巻き込まれて負った怪我が原因で、ソムリエの命である嗅覚を失ってしまう――
     玲一は、自分が嗅覚を失ってしまったことに焦るけれども、そんな玲一をラウールは献身的に看病し続ける。
     そして、玲一のためにレストランの開店を遅らせる、とまで言うラウールに、一時は快楽に逃げ込んでいた玲一であったが、少しずつ前向きになり始める――

     という話でした。
     大人カップルの話ですね。
     それぞれが自分の仕事に自信を持っていて、でも、自信を持っているがゆえに、恋で自分を崩すことのないようにと思っている、見栄も誇りもプライドも、山のように持っている大人カップル。
     少々こうなってくるとめんどくさいですよね。
     最初は少々駆け引きめいて始まった関係が、玲一の事故によって崩れて。
     強烈に惹かれあっていく感じでした。

     おそらく怪我がなければこんな形にラブラブになることのなかったはずの二人の、ちょっぴりスパイシーな話です。

     大人のMLが好きな方にはオススメです。

  • 読みはじめ:20120603
    購入日:20110930

    以下あらすじより
    ニューヨークに新しくオープンするフレンチレストランに破格の条件で引き抜かれた若きソムリエ・渡会玲一。彼をスカウトしたオーナーのラウールはレストラン界のミダス王と呼ばれ、仕事ぶり、人間性、すべてにおいて洗練された一流の男だった。優雅で官能的なラウールにいつしか惹かれていく玲一だったが、ある日事故に巻き込まれて負った怪我が原因で、ソムリエの命でもある嗅覚を失ってしまい

  • 1999年に発行されたノベルスを、加筆修正して文庫化した新装版です。
    思ったほど古臭さは感じられなかったけど、時代を反映した華やかさがあるHQ級ロマンス。好き嫌いは出てきそうですね。
    ニューヨークを舞台にした新しくオープンするフレンチレストランをめぐるラブストーリーです。金髪碧眼の貴族×新進の日本人ソムリエという現実離れな設定に一瞬ひるんだのですが、意外にエロティックで楽しめました。
    恋する者の露骨で正直な心情がリアルに描かれていて、夢物語を夢物語で終わらせず生々しく迫ってくるところが好感。

    レストラン界の「ミダス王」と称されるラウールは、ニューヨークに進出する自身のレストランを成功させるため、優秀なソムリエの玲一を引き抜きます。玲一もまたソムリエとしての矜持と自身の威信にかけて、意欲を見せるのですが、オープン前のある日、不慮の事故に巻き込まれてソムリエの命である嗅覚を失ってしまうのです。
    ソムリエとして仕事ができなくなってしまった玲一の絶望、そしてそんな彼とベッドを共にする間柄になっていたラウールの心情…二人がどう困難を乗り切っていくのかというところに引き込まれます。プライドが高く本音をなかなか言えない玲一と、過去の辛い出来事から人を愛することに臆病になっているラウールとの心身の距離感がちぐはぐなところが切なくも甘かったりします。
    ラウールが王道の攻で、読んでいて気持ちよかったですね。失意のどん底で投げやりになって、Hをねだる玲一が色気がダダ漏れになっていくのもよかったし、そんな彼にベッドでも熱く応えてソムリエ復帰のためには金も暇も惜しまず回復させるために助けようとするラウールの姿に読んでいてうっとり。
    エレガントな比喩表現にも溜息が出ました。品性を感じるけど気取ってない、サジ加減の上手さがあります。

    ソムリエっていうのは、ワインの味を様々な形容を駆使して言葉で伝えなくちゃいけないし、お料理にぴたりと合う銘柄を選ばなくちゃいけないし、深いものがあります。憧れのワインとおいしそうな料理も数々登場して、ワイン好きにはたまらないストーリーなのは間違いなし。
    イラストがまた素敵で、物語を格上げしています。

  • 2011/8/12 22:17

全8件中 1 - 8件を表示

銀の眠り、金の目醒め (ショコラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀の眠り、金の目醒め (ショコラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀の眠り、金の目醒め (ショコラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀の眠り、金の目醒め (ショコラ文庫)はこんな本です

銀の眠り、金の目醒め (ショコラ文庫)の単行本

銀の眠り、金の目醒め (ショコラ文庫)のKindle版

ツイートする