万年筆とチョコレート (ショコラ文庫)

  • 78人登録
  • 3.39評価
    • (2)
    • (14)
    • (9)
    • (6)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 如月静
制作 : 北沢 きょう 
  • 心交社 (2011年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778111779

万年筆とチョコレート (ショコラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • memo: 番外編ペーパー封入

  • 永久就職…いいですね。
    話の展開も、知春の登場の仕方も綺麗で心奪われました。
    派手ではないけれど、この二人の空間に心温まる作品です。
    悪友の彼もいいやつ。だけど見た目をもっと…どうにかならないのかなぁと思ったりはしました。
    タイトルの名づけもグッド!あぁいうやり取りは好きです。

  • 小人展開のままでもっと近づく話が読みたかったかな。

  • 年上攻 女装 主×従 正体バレる系 高校生(受)

  • おもしろかったです。家政夫として雇われた少年とその雇い主のカップル。すごく王道ストーリーですが、知春は素直で可愛く、四方さんも悪い人間ではないので安心してサクサク読みました。

  • 女装モノで、旦那様×家政夫。冒頭の入り方は面白かったんだけど、読み終わってみると…萌えない?絵が苦手なのもある;とりあえず、知春は博文より神宮寺にしとけばいいと思うw

  • ↑星2.5つけたい。

    文章上手くはないが、そこまで読みにくくはない。
    受けのキャラクターが、男の子じゃなくて女の子でも成立するお話だと思った。
    絵はすこしダサい。

  • 高校3年生の知春は家政夫として四方家で働くことになりますが、条件として出されたのは主人である四方に姿を見せないこと。
    知春は仕事熱心で17歳なのに気の利く優秀な家政夫です。でも、主人である四方は27歳で若くして地位も名誉も財力もありながら、人付き合いが苦手で不器用。思い込みが激しくて頑固だったりするので、家政夫が男の子だったらいくら優秀でも雇わないだろうと気を利かせた執事の奥野の計らいで、知春は「姿の見えない小人」として働くことになります。
    初っ端から突っ込みどころ満載で、先もそこそこ読めてしまうのですが、設定としては好物です。

    知春を女性だと思っていた四方に正体がバレたにもかかわらず、成り行きでパーティーに女装で同伴することになってしまいます。こういう場面は不自然で現実離れしていても、シンデレラちっくでときめくので、読んでいても楽しめました。
    その後もこの二人は何故か(理由はあるんだけど)知春の女装姿でのデートを重ねていって、そのデートもごく庶民的で楽しそうで、二人の気持の距離もどんどん接近していきます。
    でも、さすがに27歳ステイタスのある大人の四方は、我に返ってしまうわけです。恋人じゃないし、女性でもないし、ましてや相手は高校生。イケナイことをしている理性が働いたんでしょうか。

    ここで当て馬キャラの神宮寺が、とてもイイ絡み方をしてくれます。彼が何のてらいもなく男の子である知春にアプローチしていったのが発端で、四方も自分の気持に正直になっていきます。
    知春は四方とのデートシーンでもよかったし、神宮寺とのデートシーンでもかわいくてよかった。

    ただ、ベッドシーンに少し違和感。四方には同性との経験があったというのが引っかかりました。あったのなら、キスの時当たったくらいで嫌悪感まるだしにすることなかったんじゃないかと。
    絡みはきちんと最後まで生々しいのがあって、年の差とか知春が17で初めてとか考えたりすると、ヤバい感じが頭から離れず…ストーリーのかわいさからかけ離れていたような。じゃれあうだけでもこの二人なら萌えたと思うのですが。途中から攻め視点だったのも萌え辛かった一因です。

    朝帰りのところは奥野とのきまずいやりとりに甘々なムードが出ていて、ここの描写は好き。

  • ご主人様と家政夫話と見せかけて実は女装ものだった。神宮司が好きです。てっきり話の冒頭にできた文通用の小箱をつかって想いを伝え合うのだと思っていたらそんなもの中盤から忘れされられていた。

  • 想像していた以上によかった。こういう話で必ずでてくるセレブの友人って性格が悪い奴が多いけど、神宮司は凄くまともでいい友人。悪人が一人も登場しないほんわりと優しい主従ものだった。

全14件中 1 - 10件を表示

万年筆とチョコレート (ショコラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

万年筆とチョコレート (ショコラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

万年筆とチョコレート (ショコラ文庫)のKindle版

ツイートする