こどもが眠ったあとで (ショコラ文庫)

  • 81人登録
  • 3.96評価
    • (6)
    • (13)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 石原ひな子
制作 : 三尾 じゅん太 
  • 心交社 (2011年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778112004

こどもが眠ったあとで (ショコラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ショコラから出ているものは切ない系かほんわか系か、私に合うらしく、いつも楽しみにしているのですが、この作品は特にそれが強く、とても心温まる作品でした。
    特に凛太朗、かわいかった。
    最初は…っていうのに夢を持たせつつ、愛くるしさに持ってかれました。
    敵役の滝田も悪い人ではなくて、恭哉とはずっと仲良くやっていきたいけど不誠実な人。言葉にすると結構ひどいけれど、この物語ですごく純朴なイメージでした。

  • イケメンだけどダメ父 × リーマン 年上攻

    職業不明、だらしなくて子供の世話もできないやもめ男、しかしイケメン―それが最上恭哉の隣人・兵藤健吾だ。真面目で神経質な恭哉は兵藤のような男は大嫌いなのだが、たまたま家から閉め出された息子の凛太郎を保護したのがきっかけで、近所付き合いをするはめになる。隣人以上の関係になるつもりはなかったのに、恋人とひどい別れ方をしたばかりの恭哉は、兵藤の軽薄な誘いに乗って彼と寝てしまい…。

    最近のBL界、片方に子供の居る設定のお話が多くなったような。。。
    あえて避けてたんですけど、これは面白かった。
    じゅん太さんの攻はかっちょイイ!!
    あーやっぱり読むかどうかをレーターさんで決めちゃうんだよね~

    ひょんな事からお隣の子供凜太郎君を保護?した受・恭哉でありましたが、
    この凜太郎君の父親ってーのが、だらしなくって子育てやる気あるのか?って感じ。
    凜太郎君がまたカワイイの。お絵かきとゆで卵が好きなんだ~♪
    ダメ父を持ったが為に健気でいい子。

    父はお隣の恭哉がゲイだとあっさり見抜いて、会って2回目で寝ちゃってるし。
    さすが、ダテにイケメンじゃないわ~
    恭哉もバックバージンだったのに、あっさり許してるし(笑)
    体の相性はよかったのね。

    いつのまにか兵藤は恭哉にメロメロなんだけど、いろいろあって
    恭哉には伝わってないのですったもんだするのよね。

    あーでもきっと、
    凜太郎君と兵藤の間で恭哉の取り合いが今以上に激しくなるんだろうなぁ。

  • 表紙の絵が可愛くて買いました。
    サラリーマン・最上恭哉×バツイチ子持ち作家・兵藤健吾のカップルお話です。
    ページをめくるたびに、2人の関係の進展具合が気になりましたが、
    お話の中に出てくる子供がとってもかわいくて
    恭哉の元彼が出てくるシーン以外は、
    ほんわかした気持ちで読みました。

  • 大当たりでした。最初の子どもの話が不憫で不憫で……
    でも、そのあとに段々恭或に懐いていく過程がすごく良かったです。攻めが典型的なダメ男なので、本当に恭或に出会えてよかったなと思いました。

  • もうちょっと子どものことを返り見てあげてください。

  • 人気作家・兵藤健吾×会社員・最上恭哉

    子連れ物は好物です。
    攻の子の場合、父親に足りない部分を優しく受が補うことで懐かれるパターンが多いですが、これもセオリー通りです。
    生後数ヶ月で別れ、最近引き取った5歳の子ども凜太郎に戸惑うダメ父に惹かれる恭哉。
    心は残しつつも、別れたばかりのモト彼にキッパリした態度をとる男らしさは高感度大。
    ゲイとして恋人がありながら未挿入の28歳は不自然?と思いつつ、手付かず感有なのはなんか嬉しい。

    意外性の少ない展開で安心。凜太郎が可愛いのは当然ですね。

  • よくある定番のお話だけれども、すっごく気に入りました。ひねりがある!っていうわけでは無いけれど、子供ネタは大好き♪なによりこの恭哉がシンが強いっていうかちゃんと自分の意見を言える!流されないところが良かったです。身体は流されてましたけど・・・。子供が健気で可愛い♪たまらんです!ラストは定番だけれど、大好きなパターンの『大きくなったらきょうちゃんと結婚する♪』とうのがたまらない!パパと取り合いですね。石原さんショコラ文庫さんでは、2冊連続当たりが来てます!次も楽しみ♪

  • 子持ちの攻もの。子どもの凜太郎がとっても可愛いvv
    かんじんの主人公二人は強引攻めと真面目で雰囲気に流される受です。
    面白かったv

  • 隣人×リーマン(ゲイ)

    つきあっていた同僚(男)が結婚することになり、失恋した夜。帰宅した主人公はマンションの隣の部屋の前に、立ちすくむ男の子姿に気づきます。
    その子供を世話したことをきっかけに隣人との近所づきあいが始まります。しかし、職業は不明、子供の世話もできないだらしない男…、見かねて手を出すうちに…

    いわゆる「子連れBL」ですね。
    でもなかなか読ませてくれる作品でした。
    主人公はゲイで、過去に何人か付き合ったことがあるものの「未挿入」であることなどをはじめ、ちょっとリアル寄りの描写が続いたり、心理描写もかなり細かいので読み応えがありました。

    ただ…残念だったのは、挿絵の方。きれいな絵柄だったんだけど上半身広すぎだろう…。終始違和感がつきまといました。
    子供かわいいんだけどなー。

全9件中 1 - 9件を表示

こどもが眠ったあとで (ショコラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

こどもが眠ったあとで (ショコラ文庫)のKindle版

ツイートする