初恋の奴隷 (ショコラ文庫)

  • 46人登録
  • 2.65評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (5)
    • (2)
  • 6レビュー
著者 : あすか
制作 : みずかね りょう 
  • 心交社 (2012年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778112318

初恋の奴隷 (ショコラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • タイトルがいまいちわからない。

    中学からずっと一緒だった親友に決定的な失恋…つまり結婚してしまったために傷心旅行ででかけた先で、行きずりの関係をもってしまった外科医の湊。

    が、その相手と後日、偶然に職場で会ってしまう。なんと、その相手は、その幼馴染の兄だった。

    初恋は、湊が親友に対する気持ちだったのか。あるいは、昔湊に会っていたという、幼馴染の兄のことか。
    まあ前者のことでいいのかな、どうでもいいんだけど。

    しかし、同じ外科医の、その親友が、確信犯なのか、案外天然なのか、俺たち親友だろ、の言葉で湊を引っ掻き回すのはウザかった。そのせいで湊は自信が持てず、ずっと下を向いていたというのに、好きゆえに振り回されていただけのようにも思えて、横から主に身体中心にグイグイ引っ張ってゆく兄のほうが、しごくまともにみえてしまった。

  • 親友の兄&外科医 X 外科医 年上攻

    失恋の傷を癒すため旅に出て外科医の深津湊は、恐ろしく魅力的で不遜な男・勝間蓮治と出会う。ゲイであることを隠し、親友に片思いし続けた惨めな自分を変えたくて、湊は蓮治に唆されるまま抱かれ、生まれて初めての快楽を貪った。だが休暇明け、湊は病院で思いがけず蓮治と再会する。彼は新任の外科医で、しかも親友・一条雅弘の兄だった。蓮治は欲求不満なら自分の相手をしろと脅迫まがいの提案をしてくるが…。

  • 受けが初恋の奴隷から抜け出せて良かった

  • 裏表紙より

    親友を愛しながら、その愛に抱かれる…。

    失恋の傷を癒すため旅に出た外科医の深津湊は、恐ろしく魅力的で不遜な男・勝間蓮治と出会う。
    ゲイであることを隠し、親友に片思いし続けた惨めな自分を変えたくて、
    湊は蓮治に唆されるまま抱かれ、生まれて初めての快楽を貪った。
    だが休暇明け、湊は病院で思いがけず蓮治と再会する。
    彼は新任の外科医で、しかも親友・一条雅弘の兄だった。
    蓮治は欲求不満なら自分の相手をしろと脅迫まがいの提案をしてくるが……。


    結構BLらしいベタな展開
    この親友ってのが腹黒君で主人公の受け子さんは
    とでもお人好しで自分に自信のない子
    腹黒、親友君は自分の逃したモノの存在の大きさに打ちひしがれればいい!!
    でも受け子さんはお人よしだからなぁ…
    でもお兄さんとお付き合いする事で人生変わるよ(*^-゜)v

  • 湊しあわせになってね。医者ものいいねえ。

  • 湊の思いや気持ちの取り引きが切ない。親友の現実的な姑息さに重くなるがその兄という救いがあったからよかった。

全6件中 1 - 6件を表示

初恋の奴隷 (ショコラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

初恋の奴隷 (ショコラ文庫)はこんな本です

初恋の奴隷 (ショコラ文庫)のKindle版

ツイートする