求愛プロセス (ショコラ文庫)

  • 58人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (7)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 五条レナ
制作 : 立石 涼 
  • 心交社 (2012年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778113032

求愛プロセス (ショコラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 見事な男の恋愛小説でした。エロエロでもなく、爽やかでもなく。だからいい。
    攻めの伊坂のあまりのストーカーぶりにはやられましたが、なんとも純粋な想い!攻め落としていく様にクラクラしてしまいました。
    ちゃちゃいれる高野も男前で、みんながみんなかっこいいわ♪
    素敵一冊でしたし、絵師も見事な私好みな絵が描かれていて、素敵な本です♪

  • きゅん。リーマン好きです。

  • 「運命の男」を呼んで以来、心待ちにしていた五条さんの新刊です。すごくすごくよかったです。しかも年下攻め!
    この年下攻め、最初はなんだこいつみたいなやつですが、読んでいくにつれ「ああ受けさんのこと大好きなんだな」ってわかって、受けさんはわかってないけど嫉妬したり尊敬してたり、認めてもらいたかったりと、年下らしい言動をとるのでかわいく思えてくるのです。受けさん大好きでうまくいかなくて地団駄踏んでたりもがいてるのかと想像するとたまりません。
    受けさんも攻めくんのことをだんだん認めてって、頼りにしていって、過去を清算して、ぽんと階段をひとつ登った感じでした。
    「あなたの目を俺に向けたい」と訴えるシーン、ほぼ初めて真正面から愛を語っててすごく好きです。七行の会話を何度も読み返しました。好きです。
    合鍵のシーン、プロポーズみたいでぎゅんぎゅんきました。萌えました。ぐっときた。そのあとのエロもよくてだいすきです……
    ラストのあたり、ふっ切れた受けさんと強くなった攻めくんの仲のいい雰囲気がたまらないです。かわいいなぁ。だけど攻めくんは受けさんに子どもっぽいとこを見せてたりして、読んでよかったと余韻に浸りました。かわいい。
    幸せになってほしいです。

全4件中 1 - 4件を表示

求愛プロセス (ショコラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

求愛プロセス (ショコラ文庫)はこんな本です

求愛プロセス (ショコラ文庫)のKindle版

ツイートする