初恋のかえる場所 (ショコラ文庫)

  • 37人登録
  • 3.10評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 北川あやせ
制作 : サマミヤ アカザ 
  • 心交社 (2012年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778113193

初恋のかえる場所 (ショコラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貴族で大会社の社長×社長秘書
    すばらしい組み合わせですね。
    なかなか自分の恋心に気付かないところがやきもきです。
    自分以外の周囲はほとんど知っているのに見守っていた優しさがみられます。

  • 健気で献身的で鈍いリンと貴族的でちょっと強引だけどとてもリンのことが好きなユアンの組み合わせがとてもツボで、話自体はよくあるパターンだけど、リンが屋敷を出てからお迎えまでのくだりは切なくてとても好きです。

  • 「私を諦めるな」という攻めの台詞が印象に残った本でした。恩人で主人で幼なじみで、神様みたいな攻めの気持ちを受けとめるのは覚悟のいることだろうけど、こんなふうに言われたら観念せざるを得ないだろうなあ。
    受けが出てって戻るくだり、貴種流離譚を思い出しました。いい美人受けでした。

  • 会社社長(かつ貴族)×秘書。

    10歳の頃、外国で孤児となり父母の雇い主だった伯爵家で使用人として仕えたリン。
    会社社長として地位も名声も手にし、女遊びも派手なユアン。実はユアンがリンにぞっこんだった訳ですが、そこが分かりづらかったように思います。まあ、リンが鈍すぎるのもあるんでしょうけど、おかげで暴走したユアンの所業を誤解してしまうわけですから。
    思いが通じたところで終わっていますが、彼らはこれからが大変なハズ。そこが書かれず終わっているので、そのあとが気になったりします。リンが間違いなく苦労しそうですが・・・。

全6件中 1 - 6件を表示

初恋のかえる場所 (ショコラ文庫)はこんな本です

初恋のかえる場所 (ショコラ文庫)のKindle版

ツイートする