箱庭のチェリー (ショコラ文庫)

  • 49人登録
  • 3.53評価
    • (2)
    • (5)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 夏生タミコ
制作 : みずかね りょう 
  • 心交社 (2013年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778114091

箱庭のチェリー (ショコラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先生の後ろ向きっぷりが痛々しいのだけど、ちゃんとあがいてくれるのでよかった。

  • 全サの為に購入。デビュー作だそうです(*^^*)高校生遠野×社会科教師奈月。奈月は髪ボサボサ瓶底眼鏡、服装もイケてなくて授業も下手なネガティブさん。そんな奈月が何故か気になる遠野の気持ちの変化がゆっくりじっくり書かれてて、思った以上に良かったです(*´∀`*)お互い想い合ってるのに、お互い勘違いしてて。高校生ではチウまで、大学に入ってから初エチな表題作になります。この表題作が良かった。初エチが大変良かったです(ΦωΦ)ちなみに、田上と澤村はできてるのか気になりますw今後もこの作家さまチェックしようφ(..

  • 受けの人柄が受け入れられなかった。
    いくら冴えなくて恋の経験がないからと言っても、これはちょっとどうか…というような感じ。
    教師なんだから、もっと教師らしくしろよと。
    私が生徒ならこんな教師は嫌だし、上司なら首にしそうなくらいに、教職員という立場をなんと考えてるんだ、と読んでて腹立たしく思った。

    まぁ可愛いところもあるし、攻めはほんと良い子だと思う。
    あらすじを見た感じは好みの設定だったので、ご都合主義な部分がもう少し隠れるようにストーリーを練れれば面白くなるんじゃないかな。
    新人さんらしいので、今後に期待。

全3件中 1 - 3件を表示

箱庭のチェリー (ショコラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

箱庭のチェリー (ショコラ文庫)のKindle版

ツイートする