かわいいお風呂屋さん (ショコラ文庫)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 八千代 ハル 
  • 心交社 (2017年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778121617

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

かわいいお風呂屋さん (ショコラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ▼あらすじ

    祖父が倒れ、銭湯を一人で切盛りする倉知勇輝。
    ある夜少し番台を離れた隙に、なぜか金髪碧眼の超美形外国人がそこに座っていた。
    片言の日本語でフレッドと名乗ったその外国人は、以来頻繁に訪れるように。
    優しく紳士的なフレッドに勇輝は好感を持つが、
    一方であまり踏み込んではいけない何かも感じていた。
    そんな中、就業後フレッドの背中を流すことになった勇輝は、
    お礼にと反対に体を洗われるうち下半身が兆してしまい…。

    ***

    ★3.5
    うーん…。申し訳ないのですが、思ってたのと
    かなり違って何とも言えず微妙な作品でした。
    攻めが片言の日本語を喋ってた辺りまでは比較的楽しく読めてたのですが、
    実は日本語ペラペラで受けにいくつも嘘をついていたと分かってからの
    お話はあまり楽しめず、最後は目が滑りました^^;

    二人が惹かれ合う要素も弱い気がするし、
    恋人同士になっても街の再開発の件で直ぐに二人とも
    険悪ムードになっちゃったから愛情も薄っぺらく感じてしまい、何だかなあと。
    最初に受けに嘘をついていた事もあって何となく攻めが誠実さに欠ける印象で、
    ラストにかけての展開を見ても格好良いキャラだとは思えず残念に思いました。
    (寧ろかっこ悪さの方が目立つという…^^;)

    前半の下町感あふれる雰囲気や、日本語が通じない相手に苦労しながらも
    何とか気持ちを伝えようと努力する受けの頑張り具合は
    読んでいて良いなと思っていただけに、
    後半の展開は「どうしてこうなった?」って気持ちでいっぱいです。

    攻めの父親と継母も良いんだか悪いんだか分からず
    あまり好感が持てませんでしたし、全体的に再開発中心のお話になっている為、
    肝心な恋愛描写が少しおざなりになっているといった印象でした。
    残念ですが、おそらく読み返す事はないだろうなと思います。

  • デビュー作が好きだったのになぁ。古い町再開発的なBLって意外に多いよね★八千代ハルさん絵はとても好み★書店協力ペーパーは◯

全2件中 1 - 2件を表示

かわいいお風呂屋さん (ショコラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かわいいお風呂屋さん (ショコラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

かわいいお風呂屋さん (ショコラ文庫)のKindle版

ツイートする