永遠の0 (ゼロ)

  • 1597人登録
  • 4.37評価
  • 380レビュー
著者 : 百田尚樹 
  • ¥ 1,728 /
  • 太田出版 /
  • 2006年08月24日発売 /
  • 448ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784778310264
  • (445)
  • (275)
  • (86)
  • (16)
  • (8)

永遠の0 (ゼロ)の感想・レビュー・書評

  • 「生きて妻のもとへ帰る」 戦争中、生への執着を臆病なく口にし、仲間から「卑怯者」と蔑まれた零戦パイロットがいた。 人生への目標を失いかけていた青年 佐伯健太郎とフリーライターの姉 慶子は、太平洋戦争で亡くなった祖父 宮部久蔵のことを調べ始める。 祖父は特攻で亡くなったとされているが、なぜ妻との約束をこだわった男が特攻を志願したのかー? 元戦友たちの証言により、祖父は凄腕を持ちながら幾つもの戦... 続きを読む

  • 初め読んだ時は、ただ単に自分のした事が返ってくる話だと思っていたが、この本の素晴らしいところは、そうではない。戦後もうしばらくで70年。太平洋戦争の本や映画などは、どれも泥臭く焦げたような匂いがしていた。だが、この本は何故か美しさを感じる。私はそれを、戦争を体験した事がない者の文章だとか、このように美しい話にしてくる者が出てきたのかとか思っていたが、それも違う。私は戦闘機の飛び交う空を知らない。空... 続きを読む

  • 「何か打算で結婚するみたいだね」「男性にとっては、誰と結婚しても人生に大きな違いはないでしょうけど。女にとって、結婚は全然比重が違うのよ。言うなら一番大きな就職問題よ。だってそうでしょう。どんな男と結婚するかで、一生の収入と生活がほとんど決まってしまうのよ。慎重に選ぶのを打算って言えるの!」「でもね、私も含めて、なかなか結婚しない女たちは、結婚フリーターみたいなものかもね。でも、仕事の場合は転職し... 続きを読む

  • 配置場所:広呉図書
    資料ID:93076498
    請求記号:913.6||H

  • 読後、自分の祖父母のことを考えずにはいられなかった。今まで(自分も含め)戦後の人間が戦争について批評するとき、どこか他人事のように思っている気がしていた。でも自分たちの祖父母のことは、他人事だと思いたくない。そんな意識を強めてくれた本だった。

  • 特攻隊への考えがかわりました。言葉に表すには、私にはボキャブラリーが足りません。

  • 先に映画を観てから、読んだ。
    本では、宮部さんがパラシュートで脱出した敵兵を撃つ場面があったが、そこだけ何か違和感を感じた。

  • これは。。。。涙が止まらない。
    詳しい史実はわからないけど、ひどい状況だったんだな。
    奇しくもこの前読んだ「ルーズヴェルトゲーム」と同じような事が書いてあった。
    戦後の急成長や不況で変わったのは人間の心だと。8こちらでは「道徳」をなくした、と)

  • 昔、サイキックで北野誠が勧めていたのを聞いてネット書店で購入(2006年)。しかし、しょせんタレント本とそのまま放置していたが、8/15にBS11で斎藤公達が激賞していたのを見て気になり読み始めた。2週程度で読了。感想は「百田さん、許して下さい。」(386㌻)。特攻隊についての幻想が吹っ飛んだ。

  • 自分の知っていると思っていた戦争はなんだったのか。想像力さえあれば。

  • 今更ながら読んだ。図書館で予約してやっと手にする事ができた。
    そして、これは一気に読もうと思った。休みを使って。
    戦争中の話は難しく頭に入らないところもあったけど、やっぱり評判通り凄く良かった。
    最後の最後、いい段階で読書の邪魔が入らなかったら絶対涙がこぼれただろう。
    生き残ったのが・・・もうゾクッとした。百田さんって凄いな。
    だけど、改めで戦争の悲惨さ、惨さ、過酷さ。胸が苦しくなりました。
    今の時代を生きていられる事に感謝。
    戦争というものを知らない世代に大いに読んでもらいたい。私も読んで良かった。

  • 映画がよかったので、原作も読んでみました。
    読み応え十分でしたが、個人的には映画の方がよかったですね。
    それぐらい、映画の出来が素晴らしかったということです。

    この本については、おかしな日本語や誤植の多さがちょっと気になりました。
    おそらく、編集者の力不足ですね。

    構成的には、「いろんな人にインタビューを行う」という形をとることで、同じ太平洋戦争であっても、違う立場、違う目線から、やや頃なる時期について語ることで、内容に厚みが出ていると思います。
    そういう意味では、湊かなえの『告白』に近いものを感じました。

    以前読んだ『落日燃ゆ』、『日本型リーダーはなぜ失敗するのか』といったあたりの内容が頭をよぎることも多く、太平洋戦争に対する認識が深まったように思います。

    百田さんは、ここのところ、突飛な発言で話題を振りまいていますが、この本に限れば、読む価値十分です。

  • 零戦の話や戦争体験は読みやすくてよかった。特に零戦の戦闘場面は夢中になった。感動したかと言われると...うーん...わかりやすい感動の場面はあったけど、そこまで深いと思わなかった。脚本家らしいドラマ展開だけど、それが私には合わなかったのかもしれない。取っつきにくい戦争物語の入口としてはいい本だと思った。

  • 既に映画化までされているなか、ようやく読了しました。第二次世界大戦、特攻で戦死した宮部の謎を、主人公が様々な人との関わりながら紐解いていくストーリーでした。やはり印象的なのは宮部の思慮深さで、彼の思想はまさに現代に生きる我々に、生き方を問いかけるものでもあったように感じます。

  • 存在も知らなかった、零戦機乗りだったおじいさんの過去を当時を知る人達から孫たちが話を聞いて足跡を辿ってく話。 戦時中の国のために尽くすなら命を捨てることが美徳とされた時代に、家族のために必ず生きると言い続けた男を戦争に反対だったかのように描いてるように言われているが、自分の解釈は少し違った。彼は誰よりも軍人で、国のことを思っていたのではないだろうか? 一騎当千のパイロット達が、戦闘中に犬死... 続きを読む

  • 戦争や特攻隊についての知識が深まった。

    同じ事柄もみる側の性格や状況によって異なる。
    先入観を持って見るとそれに合致する事柄だけを捉えてしまうので危険なのかも知れない。

  • 意外と、というべきかどうか、読みごたえのある本でした。特攻隊として死んでいった祖父の軌跡を追いながら見えてくる戦争の実態と衝撃の真実。新聞記者の高山が言っていた「特攻隊員はテロリストのようなものだ」という意見には最初から違和感を感じた。元通信員のモールス信号には胸を締め付けられるような思いがした。あの夏、散って行った若者達の本当の心の叫びとは何だったのだろう。死ぬと分かっているのになお、笑顔で旅立っていった彼ら。同じ過ちは繰り返してはならない。

  • 昨年私が読んだ本の中で1番好きな本。母にもオススメしたらすごく絶賛していました。色々勉強にもなりますし、涙が止まらなかった。もちろん映画も行きました。

  • 映画も小説もよかった。映画先に見たけど。どっちもありだなぁー
    なんか、参考文献に連なる本のほとんどを、中二病に浮かされてた中学生の頃に読んでいた事に、少し驚いた。西宮市立図書館って、妙な蔵書集めてたんだなぁ。

  • ただただ涙
    クライマックスは特に夢中になった。
    映画も絶対見よう。

    実話のようにも感じられ、自分も主人公と一緒にルーツを求めて旅してるように思えた。
    あの時代に宮部さんのような人をすごいと思った。

  • 戦争があったこと、戦争は良くないこと
    それくらいのことはわかるけど
    知らないことだらけだ
    風立ちぬも観てみようかなぁ

  • 資料ID:21302213
    請求記号:913.6||H

  • 零戦パイロット宮部のその死に至った理由を、孫が宮部を知っている人々を尋ね、それらの人々の口から徐々に真相に迫るお話。
    第二次世界大戦を舞台に、実話を取り入れて書かれていますので、かなり迫力があります。
    戦争の敗因の分析はなるほどと思います。
    今も舞台は変われど同じ...ということでしょう。

    戦争を背景にしていますが、生きるということがテーマの小説です。
    湊かなえ風な話の展開だと読み終わってから思いました。
    最後の展開は見逃せません。

  • たくさんの参考文献をまとめた説明書きといった印象が残り、ストーリーは薄く感じた。少し偏ったように感じる考え方は、参考文献によるものなのか作者の考えなのかは気になります。いったい作者の一番伝えたいことは何なのか?私には伝わりませんでした。

全380件中 1 - 25件を表示

永遠の0 (ゼロ)に関連する談話室の質問

本棚に登録しているひと

本棚に「読みたい」で登録しているひと

本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本棚に「積読」で登録しているひと

永遠の0 (ゼロ)の作品紹介・あらすじ

日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」とさげすまれたゼロ戦パイロットがいた......。
人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子は、太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。
元戦友たちの証言から浮かび上がってきた宮部久蔵の姿は健太郎たちの予想もしないものだった。凄腕を持ちながら、同時に異常なまでに死を恐れ、生に執着する戦闘機乗りーーそれが祖父だった。
「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けた男は、なぜ特攻に志願したのか?
健太郎と慶子はついに六十年の長きにわたって封印されていた驚愕の事実にたどりつく。

2009年、講談社文庫により文庫化された。
映画化も決定。2013年公開予定。

永遠の0 (ゼロ)の文庫

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)

吉田 篤弘

これを読むときっと温かいスープが飲みたくなるはず。

肌寒くなってきましたね。そんな季節にぴったりの小説をご紹介します。
月舟町にひとり引っ越して来た青年・オーリィくんと、街の小さなおいしいサンドウィッチ店「トロワ」のお話。
銀幕の女優に恋して路面電車で映画館に通う主人公が、ある日、映画館で偶然な出会いをします。
景色が浮かぶような表現と、ところどころに登場するおいしそうな食べ物。
後半で紡がれていくストーリーも心地よいです。
いつでも月舟町の住人になれるように、本棚に大切に置いておきたくなる一冊。
巻末には物語に登場するヒミツのスープレシピが掲載されているので、お鍋片手に温かいスープを作ってみては?