よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべり

  • 1072人登録
  • 3.70評価
    • (116)
    • (146)
    • (238)
    • (13)
    • (3)
  • 171レビュー
  • 太田出版 (2007年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778310875

よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべりの感想・レビュー・書評

  • 萩尾望都さんの名前で図書館で検索していたらこの本がヒットしました。よしながふみさんの作品も好きなので、萩尾さんのエッセイと一緒に借りました。

    たぶん、よしながふみさんと私は同世代なのかも。最初の対談で、よしながさんの発言すべて、「これ、私の発言か?」と思うくらいに激しくシンパシイ。読んできた漫画も同じ。
    紡木たくさんの登場についての回想・感想も、くらもちふさこさんに対する尊敬のポイントもまったく同じ。
    以降、すべての対談において、対談相手の発言にはほとんどすべてにおいて「?」と疑問ばかり感じましたが、よしながさんの発言にだけ激しく共感の針が振れまくってました。
    萩尾望都さんが相手の時の、ちょっと前のめり気味、上ずり気味な気配までも、ものすごく共感しました。
    とてもおもしろかったです。
    ただ、BLには私は何の思い入れもないので、その部分の発言についてはピンとこなかったので、★マイナス1つです。

  • 普段、インタビューや対談をあまり読みません。でも、好きな作家ばかり出てくるこの対談集はようやく読みました。
    三浦しをん、こだか和麻、羽海野チカ、そしてホスト役のよしながふみ。これらの作家は新刊が出たら中身も帯もチェックせずにレジへもっていく確率が高いです。(自分の本の趣味がばれますよね。)

    今回読んで冷水を浴びたような気分になったのが二回目の三浦しをんとの対談でした。「愛読書はBL」と言ってはばからない三浦しをんとの対談は本当に楽しいものでした。

    この対談で出てくる”いわゆる恋愛という宗教には入れていない”という言葉は、自分の属性を突き付けられた気分になりました。

    そうなんです。周りの結婚したり子供がいたりする女友達と言うのは「恋愛と言う宗教」にきっちり入っているのです。
    大学に入ったら、サークルやバイト先で出会った人と恋に落ち、就職したら社内恋愛に身を焦がす。私も恋愛に興味が全くなかったわけではありませんが、それだけでなくそのほかにも楽しいことがたくさんありました。本を読んだり、文章を書いたり、ネットを徘徊したり、無駄に凝った料理を作ってみたり、萌え作品について語り合ったり。それこそ”楽しくない事が多いけど、行ったら楽しい事があるかもしれない”ってコンパに行くより、”行ったら楽しいとわかっている場所にいける”という事を優先していたら、どんどん”恋愛と言う宗教”から遠ざかっていたのです。気づいたらこんな年齢に…。

    BL、少女漫画と言うジャンルをいろんな方向から紐解いていくのに、とても楽しい一冊でした。

  • 堺雅人や三浦しおんとの対談が面白い。

  • 三浦しをんさんや、羽海野チカさんなど、私にとっては興味深い方たちと、よしながふみさんが対談されています。

    話の内容は仕事のこと、マンガのことと大変マニアックですが、すごく真剣に語りあっている。女性は色々なものに縛られている…という話とか、マンガやドラマにおける名コンビの最高の関係性についてとか、おもしろく読みました。

  • 漫画家よしながふみ+漫画家、小説家かたがたの対談集。
    三浦しをん、羽海野チカなど好きな作家さんが多く、数年前に買った・・・まま積読してた。

    販売された2007年には読めなかったんですよね。わかんない部分が多くて。ディープにいろんな漫画のことを語ってて、ついていけなかった。

    でも8年を経てどんどん分かるようになった。BL、やおい、についても三浦しをんと語ってるんですが、これが面白い。
    BLについての世間の思い違いや、「やおい」ってなんぞや、なんてことも語り合い、いっそ論文なんじゃないかってくらい中身のある対談になってます。

    この本、文庫版だと堺雅人さんもお相手にいらっしゃるそうなので、そのうち文庫版も読んでみたいなあ。

  • 少女漫画やBLの歴史、書き方、面白さが理解できる本。書かずにいられない・読まずにいられない楽しさに共感できます。

    純粋に面白かったし、なるほど!と思い、引用に記録しておきたい部分がたくさんありました。漫画を読むのにも訓練が必要なんだとか驚いた。確かにジャンプしか読んでなかったら、いきなり24年組は文法が違いすぎて読めないのかも。

  • 作者たちがちょっと上の世代で 読んだ本の共通点はあまりなかったのだが、色々な見解があって面白い。

    羽海野チカさんは他の雑誌対談でもそうだけど
    内容がすっと入ってくる。
    かと言って簡単な事ばかり話しているわけではないのだが。

  • 漫画家よしながふみの対談集。
    大ファンです。
    この人と一度でいいからお酒を呑みたい。


    三浦しをんや羽海野チカ、萩尾望都まで有名所がずらり。
    その中でまあ喋る、喋る。


    対談している本人達が読者そっちのけの盛り上がり。
    BLのヲタ話からジェンダー論までどんとこい。



    「妄想の方が快楽の純度が高いんですよ」


    凄いこと言うなあ。
    24年組はやっぱり読もうっと。

  • あたしに一番足りてないのはここなんだよなというところが書いてあった本。

    あとマンガってこの世の中にほんとにたくさんあってこの本にでてきたマンガは大半がまだ読んでないやつで読みたいと思わされた作品も割とあって、こんなにたくさんのマンガをこのあとの人生で読み切れるかちょっと不安になった笑

    好きなこの好きな本だったっていうのも知らずに読んでなんだかハッピー☆

  • 全部は読まなかった。
    んー、最初のマンガの話は、年代が違うこともあって仲間に入れなかった。。
    羽海野チカさんとの、仕事に対する話がいちばん興味深かった。

  • エッセイというか対談集。私(30ウン才)よりはもう少しお姉さん向けなネタが多いのかな~。1割ぐらいしかわからん。もしくは、意外と自分は「一般人」なのかも??
    内容は、アホな話もしつつ、時にはマジな話が混じる。あと、同人誌の対談コーナーばりに字が細かい(特に注釈)ので読むのに時間がかかる。

  • エッセイというか対談集。私(30ウン才)よりはもう少しお姉さん向けなネタが多いのかな〜。1割ぐらいしかわからん。もしくは、意外と自分は「一般人」なのかも??
    内容は、アホな話もしつつ、時にはマジな話が混じる。あと、同人誌の対談コーナーばりに字が細かい(特に注釈)ので読むのに時間がかかる。

  • 図書館。

    中身が濃い!
    結構マンガは読んでる方かと思ったけれど
    この本でとりあげられているいわゆる巨匠系は
    さっぱり読んでないことがよくわかった。

  • つまらなかったので途中で終了。

  • 志村貴子さんとの対談が、漫画家さんの内側とか、興味深かった。あと、私も志村さんの漫画を読んで元気になる人間だなあと思った。

  • 個人的に読後に様々な思いが巡る対談集だった。
    フェミニズムに関してのよしながさんの見解はすごく頷けるものがあった。
    人がより自由に生きていく為にはどうしたらいいのだろう、嫌な人もいるけどそれを殴って叩きのめすのではなくて、嫌な事があったときにとりあえずご飯食べなというような優しさというのは女の人ならではの発想だと思う。
    抑圧され、どうしようもない理不尽なことが多い中でじんわりと暖かくなるような優しさを持てる女性の方が懐が深く愛情深いなと個人的には思うので女性の描く物に感動することが多いのだと自分でも納得できた。

  • 面白かったけど、漫画に関するところはあまりに深すぎてわからなかった。三浦しをんとのBLについての対談は面白かった。やっぱりフェミニズム、無関係じゃないよね。みたいな。

  • 三浦しをんとの対談で、男男でも女女でも男女でも、「この関係性もえるー!」と思ったらそれはやおいなんだよ、って考え方に、なるほどーと思った。

    BLはガチホモじゃない「なにか」だよな…と思ってた、なにかが「やおい」なのか…と一周回って腑に落ちた。

    しかし「小暮ブチおか!!!」と思う一方でこんな色々考えてるのかあ、賢ぇなあ、と思った。

     少女マンガ読みたくなりました。

  • 対談者の年齢が近いこともあるが、共感出来る部分がいろいろあった。とくにマイノリティーのとらえかたや、少女コミック(大島弓子)を解説したがるおじ様など。

  • よしながさんって、頭が良くていろいろなことを考えている人なんだろうな~と思っていたけど、本当にその通りだったと感じた本。
    漫画は好きだったけど、なぜ好きなのか、どこが好きなのかと、深く掘り下げたことってなかったな~と思います。
    読んでいて「あ~、そういうことだったのか」と思える感情もあったりして、でも漫画の読者としては、深く考えずに「あ、これ面白い。好き」と思えればそれでいいんだろうなと思います。

  • ここだけ、という言葉に偽りはないなあと思いました。この本片手に本屋に駆けこんで、視野を広げる買い物ツアーしたい。

  • ちょっとわからない話題もあったけれど楽しく読めた。

    あぁわかるわかる!

    私だけじゃなかったのね!仲間がいたんだ!!

    ……がいっぱい。笑

    いろんなことに落ち込んだときはこの本に慰めてもらおうかな。

  • 読み返すたびに、頷く対談集。
    今回読んで、「恋愛という宗教」というくだりがすごく、しみるというか、切実に響いてしまったなあ。
    あと、やおいとBLと百合の用法についての考察とか、ふむふむです。

  • 面白かったです。

全171件中 1 - 25件を表示

よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべりを本棚に「読みたい」で登録しているひと

よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべりを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべりを本棚に「積読」で登録しているひと

よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべりの文庫

ツイートする