俺たち文化系プロレス DDT

  • 21人登録
  • 4.09評価
    • (5)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 高木三四郎
  • 太田出版 (2008年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778310950

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

俺たち文化系プロレス DDTの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  高木三四郎率いるエンタティメント系プロレス団体DDTの旗揚げ~団体としての動き方、考え方を書いた自伝的読み物。

     いわゆるメジャー系とは一線を画する、ややもするとお笑い方向に振りすぎている感のある団体だけれども、何故そういう方向に行ったのか、どこまでが筋書きでどこからが違うかという所を赤裸々に書いている。

     これは単にプロレス団体を作った男の話、ではなくて何事においても同じ、何かを為そうとするときにどういうものを見てどう動くのか、という問いかけに対する1つの答えとして読むと面白い。これが正解ではないんだろうし、まだまだDDTは手探りし続けるんだろうけど、何かを立ち上げて動かす、という事の面白さ、しんどさ、諸々が詰まっている本。

  • 目から鱗が数枚落ちる。こんなプロレス本、読んだことがない。いや、これはビジネス書だ。
    DDTは、めちゃベンチャースピリットに溢れる団体だった。彼らを無視する業界のメディアに操られていたようだ。勉強不足に猛省。こいつら、観てみたい

全3件中 1 - 3件を表示

俺たち文化系プロレス DDTの作品紹介

スポーツ、演劇、映像、音楽、お笑い、闘い-。全方位型エンタテインメントとして蘇る、新しいプロレスの指南書。

俺たち文化系プロレス DDTはこんな本です

ツイートする