ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選! (本人本)

  • 51人登録
  • 3.96評価
    • (9)
    • (7)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 太田出版 (2008年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778311087

ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選! (本人本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生で聴きたかったなぁ(●´ω`●)

  • 699.3

  • たけし最高

    またウルトラクイズを借りよう。ってか買おう。

  • ビートたけしが真の意味でブレイクする、1981〜1990の10年間。
    帯の「『神』がじゃべっていた。」が決して煽りではないと思わされる本。
    東国原知事の活躍も。

    にしても、こんな毒、今では放送できない。
    ぎりぎりの危うさ、しかしそれらをすべて笑いにするところがすばらしい。
    そのぎりぎりを生放送でコントロールしているというのも、天才たけしのなせる技か。
    今年1月のオールナイトニッポンの事件は、過剰反応じゃないのかと。隔世の感。

    この放送をリアルタイムで聴けた人は幸せだ、と思いました。

全5件中 1 - 5件を表示

ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選! (本人本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選! (本人本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選! (本人本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選! (本人本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選! (本人本)の作品紹介

1981年〜1990年、木曜深夜のニッポン放送では、「神」がしゃべっていた。この国のラジオ史上、最も多くの少年たちの人生を変えた番組が、活字で復活。さくらももこ、水道橋博士、玉袋筋太郎、森谷和郎(ニッポン放送)が語る「私の愛した『ビートたけしのオールナイトニッポン』」も同時収録。

ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選! (本人本)はこんな本です

ツイートする