ボックス!

  • 1312人登録
  • 4.01評価
    • (243)
    • (334)
    • (172)
    • (21)
    • (7)
  • 320レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 太田出版 (2008年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778311346

ボックス!の感想・レビュー・書評

  •  苛酷で危険で、純粋なスポーツ。ボクシング。

     アマチュアボクシングとプロボクシングがこんなに違うと知ってびっくり。RSC(レフェリー・ストップ・コンテスト)なんてルール、初めて知った。1ラウンドで2度のダウン、あるいは試合中に3度のダウンでRSC負け。倒れてなくてもダメージを受けているとみなされればスタンディングダウンを取られる。RSC負けすると、4週間は試合にでられないとか。へえーって思うことがいっぱい。

     パンチには、ジャブ、ストレート、フック、アッパーなどの種類があると知っていたけど、防御にもダッキング、スウェーバック、パリー、ブロックという種類があるということを知った。そして、「サイエンス」という言葉には、「ボクシングの攻防の技術」を言う意味があることも知った。深い!!

     天才的ボクシングセンスを持つ鏑矢、進学コースの秀才だけどスポーツ経験ゼロの木樽。
     鏑矢は天才だからいいんだけど、木樽こそがモンスター。一日左ジャブ4000回とか、毎日10kmロードとか、そんな身体に悪いことを毎日続けられるはずないのに。練習が楽しいと思えるその精神を持つことが、本当の天才なのかもしれないです。

     一戦一戦がものすごく丁寧に描き込まれていて、試合の状況が実に鮮やかに浮かんできた。
     練習して練習して、それでも階級ごとに優勝できる選手は一人だけ。あとの人たちは、文字通り叩きのめされる。
     それでも彼らは高みを目指す。何て素敵なんだ。ボクシングという競技は。

     レフェリーが発する「ボックス!」というコールを、生で聞きたいと、この作品を読んだ後、そう思うはず。そう思わせられる作品です。

  • 百田さん、こういう本もかかれるんだ~。高校ボクシング部を舞台にしての青春小説。何といっても、鏑矢が魅力的すぎる!天才ボクサー二人。しかし、才能はあってもあるラインを超えると、そこから先は血を吐くような努力と忍耐なしには強くなれない。本人の資質は勿論だが、素晴らしいライバル、素晴らしい指導者、そして何より一番に自分に打ち勝つ精神力…人間ってホントに弱いから逃げたくなる。
    自分自身にも覚えがあるから読んでいて辛かった。乗り越えられない人の方が多い。
    だから読者は木樽よりも鏑矢に感情移入して読んでしまうのではないかな。
    あと、鏑矢がめちゃくちゃピュア!あんな高校生いないかと。大阪弁のせい?
    笑いと涙と爽やかな、すがすがしい気持ちと共に読了。面白かった。

  • いやぁ、やられた!百田尚樹は感動させるのが本当に上手い。映画で観たものを原作で読むのはこれが初めてかもしれない。結果はわかっているのに夢中になって貪るように読んだ。かなりのボリュームだったが、このまま終わらないで欲しいと思いながら読んだ。
    内容としてはありきたりの青春小説なのだが、とにかくキャラクターが魅力的。とにかくカブ(鏑矢)が最高!チャランポランのようだが友達想い。そして滅法強い。
    そのいい加減な性格故、何度か敗北も喫してしまうが、それでもモンスター“稲村”を倒すのはやっぱりカブだよなぁ。と思ってしまう。

    稲村との試合の前にいてもたってもいられなくなった耀子先生が、ボクシングジムの曾我部の元に行き、鏑矢には才能があるのか?と聞いた時の答え。大笑いして
    「あいつは俺が見た最高の天才やで」
    鳥肌が立つほどシビれた。

  • 私の大好きな青春物です。
    高校生の木樽くんと教師の高津耀子先生の二人の目線でかかれています
    ボクシングを全く知らない私でも充分楽しめました
    幼子のような鏑矢くんと優等生の木樽くんの関係が素敵です
    エピローグが良かったなぁ!

  • 高校ボクシング部の話。
    ボクシングについて全く知らない私でもとっつきやすい感じのストーリーでのめりこんだ。
    幼い頃から喧嘩も強く、ボクシング部で1年生でも秀でている鏑矢と、彼に守られてきた学業優秀な木樽。
    そんな木樽が鏑矢に誘われて「強くなりたい」とボクシング部に入部した。
    ヒョロヒョロでお勉強ばっかりしていそうな木樽だったが、そのストイックな体のつくり方と、監督に言われるままにボクシングの基礎をみっちりと練習し、頭の回転が速いことなどを総合して、どんどん強くなっていく様子がよかった。
    そして木樽は鏑矢に追いつき、自分のスタイルで鏑矢に勝つのか?!
    彼らの最大の強敵、他校の稲村には勝てるのか?!

    途中で登場した体の弱いマネージャー、丸野さんの一件では衝撃を受けて涙が出た。
    選手たちの心の葛藤が深く描かれていて、スポーツとしてのボクシング、深い!!と感じた作品だった。
    そして、顧問になった女性教師、燿子先生の心の動きも丁寧に描かれて読み応え満天だった。

  • 高校ボクシングのお話。
    突然ボクシング部の顧問になってしまった女性教師の目線で進行するので、ボクシングのことをまったく知らない人でもじゅうぶん楽しめる。
    ユウキがおっかなびっくりボクシングにのめりこんでいく姿は、バドミントンを始めた頃の自分の姿と重なった。

    THE青春!という感じ、私もこんなアツイ高校時代を過ごしてみたかったなぁ・・・

  • ボクシングの才能に恵まれ、冗談ばかり言うムードメーカーの鏑矢と、鏑矢の親友で強くなりたいと願いボクシングを始めた特進クラスの優等生 木樽の物語。
    「ボックス」とは試合でレフリーが開始を告げるボクシングしろという合図。

    とても面白かったです!
    600ページ近い大作ですが、失速することなく、ページを繰る手が止まりませんでした。
    佐藤多佳子さんの『一瞬の風になれ』同様、スポーツに打ち込む10代の姿はとても感動的です。
    ボクシングにあまり興味がなく、敬遠していた作品ですが、もっと早く読んでいればよかった!

    あるテーマで面白いストーリーを紡ぐだけでなく、扱う題材を読者に詳しく知悉せしめる百田さんの作風はこの作品でも健在です。
    ボクシングの魅力に気付いていく燿子を上手く描いていて、その手法にほだされてか、燿子同様に私も格闘技に少し恐怖心があったのですが、観戦してみたくなりました。

    木樽と鏑矢の友情が垣間見えるシーンも良かったです。
    母子家庭の木樽に代わり、動物園の入場料を鏑矢がさりげなく払ってあげたり。
    いけ好かない相手の計量中に下着に悪戯したり、稲村に負けるとボクシング部を辞めてしまったりと、後先考えずにやりたい放題な鏑矢ですが、木樽に負けると彼の実力を認め、親友の為にスパーリングパートナーを買って出るところは素晴らしいことだと思いました。
    負けて悔しいという感情を引き摺らないってなかなか出来ないと思うので。
    丸野さんのお見舞いにこっそり行ったり、荒々しいように見えて本当はとてもとても優しい子。

    鏑矢も好きですが、鏑矢という天才児のそばに居ながら自分のペースでとひたむきに努力する木樽の姿にズキュンとやられました。
    ボクシングに励みエースとなりながら勉強をし検事になった彼は、まさに文武両道です。
    エピローグで、燿子は苗字が変わっているので結婚したのでしょうが、逃した魚は大きかったのでは?というのは余計なお世話でしょうか。

    故障続きで無冠の帝王となった鏑矢。
    彼のよく回る口と生命力ならアメリカでもどこでもやっていけるはず。
    活躍する舞台こそ違えど、2人の友情は堅いのだろうと思います。

    とても面白い作品でした。

  • 永遠の0読んだので拡げてみたが、広がりが見えない・・・。

  • 互いに違うタイプのボクシングの才能を持つ、幼なじみ同士の少年たちの、高校ボクシングのお話。

    練習嫌いで自信家の天才型と、
    ひ弱で幼なじみに憧れる努力家、
    の二人が、

    ものっそい強い、モンスターみたいな高校チャンピオンを倒すために、

    挫折したり協力したり努力したりする、

    青春ボクシングストーリー。

    うーん、
    キャラの立て方といい、ストーリーといい、

    松本大洋さんの「ピンポン」をものすごく思い出しました。

    文章も退屈だし、

    出てくる女の子に、あんまり魅力を感じられず…

    いまいちだなぁと思っていたのですが、

    ラストが結構すきでした。

    鏑矢も優紀も、ボクシングとは無縁になっているのが、

    高校時代の輝きを一層キラッキラさせてるようで、

    ほどよく切なくて良かったです。

  • 本当に楽しめた小説、ついつい面白くて先が読みたくなる。心に残った言葉は耀子が木樽に言う言葉「本当の才能というのは、実は努力する才能なのよ。努力といっても、苦しんで、苦しんで、しんどい思いをしてやるのは違うの。さぼりたい気持ちを押さえつけないと努力できない人は才能がないのよ。本当の天才って、努力を努力と思わないのよ。」、才能のある二人の高校生ボクサーがモンスターと呼ばれる強敵に挑む。

  • 今年で一番かもしれない。そのぐらいおもしろかった・・・!読んでる最中、ずっと興奮が止まらなくて。泣いたり笑ったり怒ったり。夜中に読み始めて、止められなくて気付いたら朝の6時・・・いやー良いものって引力が違う!

    ボクシングを細かいところまで描いていて、それを読者にも分かりやすく会話にしている。真剣さ&大阪なりの間合いやジョーク、高校生の無垢さと大人びた感性、高津先生の母性か恋かもつかない気持ち、丸野さんの死、沢木先生の過去とか。映画みたいに設定が細かい。共感できたり感動する要素をふんだんに使ってくる。ただ、青春小説だわ〜こんな時代あったなーってもんじゃなくて、今の大人にも伝わるような生か死か、やるかやらないかという、切羽詰まったことを切り出してくる。それはボクシングならではの、負ける勝つ以上の圧倒的な勝利か、ぺしゃんこにされるか・・・っていう残酷さがあるからかもしれない。いや・・・K-1を見た後だからかもしれないが・・・w

    「ボクシングってなんであんな事するの?」って気持ちがもっと倍増されてしまった。でも、そこにある圧倒的な勝利、勝つことの意味は本当に尊く、重いものなんだなーと感動してしまう自分もいるから、高津先生の気持ちも分かる。今は廃れてしまった人間の本能、生命の本質なのかもしれない。過程も大事だが勝つことの尊さ、という言葉はとても響きました。あんだけ努力して、そんだけ犠牲払って、なんで勝たれへんねん・・・結局勝たなきゃ意味がない、全てが否定されるような気持ちになる、その一勝の重みは本人が一番よく分かってるんでしょう。音楽や芸術と違う点はそこで、スポーツは結果が全てです。明暗がはっきりしてるから音楽からしたらいいな、という気持ちではあるが、才能がどんどん捨てられていくような人達を見るのは、指導者にとっては辛いだろうなー。それに、ボクシングはスポーツの類ともちょっと違うという。それって切ない。ほんと。なんでやるの?って思う。木樽君のように屈辱を味わった経験がボクシングに向かわせて、彼は強くなりたいという目標、カブちゃんの存在、高津先生への恋心、色々な要素が絡み合ってボクシングが続けれる。自分にもやれると自信がついて、もっと高い目標へ行こうとする。そのハングリーさは今はあまり感じれない部分だったので、崇高な気持ちになりました。鏑矢君も実はとても優しい。それに潔く負けを認めた心は強い。木樽のスパーリングトレーナーをしながら自分も強くなっていく。そこには真の友情以上に、お互いを高めあっていけるパートナーとしての要素が、二人とも抜群です。まぁ、最後にどんでん返しが待ってるのもおもしろかったけど。その一勝って・・・彼の人生にどう関わっていくんだろうか。

    ボクシングの知識はないに等しかったんだけど、こめかみを狙うとかボディを責めるとか、パンチひとつとってもどれだけ相手にダメージ与えるかってことを歴史の中で考えてきたんだから、そりゃ残酷。ただ、ボクシングが何故続いてきたのかは分かるような気がした。残酷だけならとっくに終わってたんだろうけど。全く知識がない人にこそオススメの一冊かも。私はかんなりはまっちゃいました。。。


    【090718追記】
    才能と努力の関係について。勘のよさ、センス、運動神経で乗り越えれるカブちゃんと、全然だめだったが努力は人一倍、感覚と努力掴んで才能発揮する木樽君。正反対の鏑木と木樽。才能が発揮されて努力がついてくるのか、努力が実を結んで才能を発揮するのか。努力も才能のうち、というし、勘が鋭い人ならそれだけでやれたりする(いつか頭うちするけど)とても興味深いふたりだなーと。

  • 舞台は、高校のボクシング部。
    ボクシングセンスに恵まれた天才・鏑矢、秀才で非力ながらも努力で成長していく木樽を中心に、友情や思春期の淡い想いを描いた、スポーツ青春小説!

    描写がとても丁寧なので、読んでいて情景が浮かんできます。
    グイグイと引き込まれていくような、スピード感を持った作品です。
    特に、クライマックスの試合の緊迫感は、息苦しくなるほど・・・。

    感動あり、笑いあり、涙あり・・・そして、勇気づけられます。
    読み始めたら、最後まで読み切らずにはいられない一冊。
    こんなにワクワクしながら読んだの本は久しぶりかもしれません。
    絶対的にお奨めです!

  • 青春ボクシング小説。才能があり強いカブ、後から始めたヒョロガリ木樽。カブは負けて一度挫折、練習の鬼で強くなっていく木樽、でも強敵に負ける。最後にその敵を討つカブ。ストーリーは単純ながらも青春ものらしい要素は他にも満載。
    終わり方もちゃんとしていて読後感は良い。
    高校生におすすめ。

  • ベタな展開ながら,楽しい。こういうベタな学園ものを照れずに読めるのは、自分が年をとったからだろう。ボクシングの知識も増えて、一粒で二度美味しい。

  • 分厚い本だったが、引き込まれて一気に読んだ。才能と努力によってどんな結果になっていくのか・・・最後までどんな結末になるのか分からなかったが、風のように吹き抜けていく爽快感だった。
    ちょうどGRIDも読んでいて、重なる部分もあって、明日から少しずつ積み重ねて行こうと思う。

    それにしても、百田尚樹の取材力とそれをストーリーに散りばめながら伝えていく所はすごいと思う。ボクシングが上手くなったような気になった(笑)

  • 青春ボクシング小説。やや長い。

  •  大好きな百田さんの作品なので、内容全く知らずに借りてきました。
     BOXだから箱が関係あるのか?と思って読み始めたら、高校生のボクシングで、レフリーが試合中、試合を再開する言葉でした。
     プロボクシングで言う「ファイト」と同じ意味なのかも。
     木樽は父を12歳の時に亡くして、母子家庭の為、経済的に苦しく、成績が上位5位までなので、高校の特待生として授業料免除で通っている。
     しかし、体格も貧弱で、中学時代はいじめられていた。
    そんな木樽が、高津耀子という憧れの先生に認められたい、という思いと、男として強くなりたい。
    という強い思い出、ボクシングを始める。
     最初は、朝のロードワークなどで疲れ、勉強が出来なくて順位が下がるのも心配だったが、段々慣れて体力がついてくるにつれて、学校の勉強も予習・復習する余裕が出来る。
     又、真面目にひたすら先生に言われたままする努力が実って、どんどん強くなる。
     身長も伸び、筋肉もついて、ひよわな少年が、上背のある立派な体格の青年に最長していく様子が素晴らしい。真の文武両道の男になった。
     反対に、天才的な才能を持つ鏑矢はありすぎる才能に自信を持ちすぎ、目的意識もなく、優勝することが出来ない。
     才能がありすぎる悲劇、そしてたゆまぬ努力の大切さを学ばせてもらいました。
     いじめられっこで、世の中の不正を見過ごすことす事しか出来なかった、木樽が自信を持って乗客を守れるようになった爽やかさは感動的。
     生きていく上で強いことは正義も守れる。
    最終的に選択した職業も良かった。
     鏑矢がどうなってしまうか?途中かなりハラハラ心配させられたけど、ハッピーエンドで良かったです。

  • 当代屈指の人気作家、百田尚樹の本、初読みです。
    ファンの方はこの先読まない方が良いかもです。

    ものすごく読みにくかったです。
    ~した。~だった。~た。
    単調で短い文章の連なりを読むのは苦痛でした。

    ストーリーを伝える最低限の文。
    骨格のみでうねりがなく、的確な表現というコーティングのない文章は、ノンフィクションならまだしも、青春スポーツ小説にはあまりにも不似合の文章だと思いました。

    接続詞をあまり使わないことで、畳み掛けるような効果を狙っているのかとも思いましたが、4~5行ほどの段落の中で2回も「しかし」で文章をつなぐって…。

    そして登場人物、敢えてキャラクターという言い方をしてもいいですが、魅力を感じませんでした。

    抜群の運動神経を誇るボクシングの天才、鏑矢。
    才能はあっても練習が嫌い。
    そのくせ試合に負けても、反省しない。研究しない。
    他人を下に見てはばからない。
    何よりも自分がやっているスポーツに対しての真摯な姿勢がない。謙虚さがない。

    元いじめられっ子の秀才、木樽。
    強くなりたくてボクシングを始めるが、コツコツ真面目に練習に取り組む姿には好感が持てる。
    視点の人物であるし、説明的になるのはしょうがないけれど、他人の感情を説明するのがくどい。

    女子マネージャーの丸木が鏑矢のことを好きだというのに対して、恋ではなくてアイドルに対する憧れのようなものだろう、と何回か言ってたけど、それいる?
    自分こそ高津先生に憧れて、告白までしたのに。
    そもそも彼が、先生のどこが好きなのかが全く書かれていない。

    で、高津先生。
    24歳独身の女性が高校生男子に対する態度が、隙だらけ。
    鏑矢のことが気になってしょうがないのだが、生徒として気になるのか男として好きなのか、実に中途半端。
    だから試合前の彼らに対して、メンタル面のフォローをするどころか、かなり足を引っ張っているように見える。

    ボクシングって、スピードが命だから文章で書くのは結構難しいとは思います。
    私の好きな「あしたのジョー」も「がんばれ元気」もマンガだし。

    でも、ボクシングって実は浪花節的な物語が結構似合うので、今どきの若い作家にはない、ベテランの作家の味が出ていれば、きっと感動できたんじゃないかと思うのです。
    文章に緩急があれば、艶があれば、きっと感動できたのではないかと。

    「がんばれ元気」なんて、本屋で立ち読みをするたびにボロ泣きしてしまうくらい、浪花節的に感動しますからね。

    今回は文体とテーマが合っていなかった、と、そう思うことにします。

  • 高校のボクシング部の話。
    天才的な才能のある少年と努力家の少年の成長する姿が描かれている。
    ボクシング用語やルールの説明もされており、ボクシングを全く知らない私でも楽しめた。

  • かなり分厚い本でしたが、漫画を読んでいるような感覚で、あっという間に読めました。かなりありきたりな話ですが、私(読者)の期待する通りに話が進んでくれるので読んでて楽しかったです。ボクシングの奥深さやプロとアマの違い等も話の内容に合わせて説明されるのでわかりやすかったですし読みやすい本でした。中盤から終盤にかけて感動もありますし、最後のエピローグもかなり良かったです。内容的にはピンポンに限りなく近いですが断然こちらが面白いです。ピンポン(映画)も面白いんですけどね。

  • 優紀がだんだん強くなっていくのが面白くて、わくわくして一気に読んだ。勉強の成績が落ちないのはずるいが。

  • ボクシングをする才能あふれる親友を持つ、運動なんてからっきしの少年。
    ふとしたきっかけでボクシングを始めることになる。

    親近感や、自己投影はしやすく楽しめる。
    けど、話は平凡、凡庸、ありがち、普通。

    誰でもかけるんじゃないか。
    と思わせて、小説に取り組む人口を増やすのが目的では!?

    と思わせるほど普通。
    最後くらいはひねった展開があってもよかったのかなぁ。

  • 2011/11/08 読了
    高校時代のブックリストから記録

  • 馴染みのないボクシングの世界。
    その楽しさも怖さも良く分かった。

    努力ろ才能。
    青春がグッと詰まっている。

全320件中 1 - 25件を表示

ボックス!に関連するまとめ

ボックス!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボックス!の作品紹介

高校ボクシング部を舞台に、天才的ボクシングセンスの鏑矢、進学コースの秀才・木樽という二人の少年を軸に交錯する友情、闘い、挫折、そして栄光。二人を見守る英語教師・耀子、立ちはだかるライバルたち…様々な経験を経て二人が掴み取ったものは!?『永遠の0』で全国の読者を感涙の渦に巻き込んだ百田尚樹が移ろいやすい少年たちの心の成長を感動的に描き出す傑作青春小説。

ツイートする