きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本)

  • 269人登録
  • 3.34評価
    • (18)
    • (28)
    • (38)
    • (14)
    • (7)
  • 50レビュー
著者 : 宮藤官九郎
  • 太田出版 (2009年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778311933

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本)の感想・レビュー・書評

  • 本人自伝を元にしたフィクション。
    彼の地元を知る人ならば「この場所ってあそこじゃねぇ?」とか考えながら楽しめて読めると思うが、それ以外の人が読んでも…?(笑)
    彼の文章は「おぬしの体はワイン~」でも思ったのだが、やはり映像(もしくは舞台)にして引き立つような、、、特にセリフ回しの巧妙さとか。

    ちなみに宮藤氏のお父上は、私の小学校の時の校長先生。お母様が店番している文房具店には中学~高校の頃よく通いました、確かに揺れていました(笑)。

  • 官九郎さんの私小説・・・ならぬ恥小説。
    彼に限らず、自分のことを自分で書いた本が売れる、というのはすごいと思う。

  • クドカン版『17歳だった!』
    クドカンの才能が好きだが、人物そのものが好きだと言うわけではないと言うことに気づいた一冊 エッセイテイストのこの本における中身のなさが下ネタの量で伺える
    中学二年生向けの小説のように感じてしまった ユーモラスな人間を作るのは突飛な過去であると思うが、脚色の割合が読めない程度に事実を面白おかしく書けている作品だとは思う

  • たまには笑い転げたい!と思って読みましたが
    結果、ドン引き:笑い=9:1ぐらいかな?
    ドラマ「流星の絆」は好きでしたが放送コードが
    あったのが私には良かったのかも

    一言で言うと「女性の男性への憧れを粉砕する小説」でした…

  • 高校生の空気満載。
    鬱屈した空気感とばかばかしいことに一所懸命なとことか、笑ってしまう。

  • 2015/5/26

    東北の田舎に暮らす自意識過剰な男子高校生。ロックに憧れ、お笑いに憧れ、恋に憧れ。
    小説というか、エッセイ、ネタ帳といった感じで楽しかった。テレビ見て笑うのと同じ感覚。クドカンの作品観たくなったなー。

  • 出だし読み進めるのがつらかった

  • クドカンは面白いなあ。宮城出身だったのね。白鳥で有名な町で過ごした宮藤青年の青春ストーリー。白鳥おじさんがいいね。

  • 冬に白鳥が飛来することだけが名物の東北の小さな町で、「質実剛健」をモットーにする男子高に通う「僕」。高校では先輩たちにイビられ、モテからは遠く離れた毎日の繰り返しで、深夜ラジオの「ビートたけしのオールナイトニッポン」だけが心の支え。ある日、尊敬する高田文夫氏が出演するローカル番組で、「おもしろ素人さん」を募集しているのを見つけた「僕」は、親友たちの名前を勝手に書いて応募した……。

  • 題名に惹かれて読んでみた!
    最初の方はうげ、下ネタ満載読みにく....
    と、放置してた時もあったけどやばく面白かった。
    白鳥おじさんマジか(笑)

  • ザ『青春』が満載。思春期の男の子が通る道をおもしろ色が濃く、ギュッと詰め込みました。という感じ。

  • 下品だけどおかしい

  • 面白いと言えば面白くて、あっという間に読み終えたけど男の人向けの本なのかな?
    そこまで下ネタはいらないって感じ。
    あまり印象には残らないかも。

  • タイトルに惹かれて、図書館で借りました。脚本家の小説だけあって、読み進めていくうちに舞台を見ているような気分になります。とくに最後はもう、ドタバタ!田舎の男子高校生のぱっとしない毎日が、面白おかしく、時にせつなく (いや、せつなくはないな) 書かれていて楽しめました。白鳥おじさんのことを、田舎の器に入りきらなかっただけ、という書き方がしてあって、それはすごい考え方だなあと思いました。良くも悪くも。

  • クドカンの私小説。アホでかつ天才の思春期が描かれている。大人計画、観に行きたい!

  • すんません、松尾スズキさんの顔が思い出せず、白鳥おじさんが私の脳内で古田新太さんになっちまいました。ほんとにすんません。

  • 白鳥おじさんが松尾スズキ過ぎて仕様がなかった。
    ―『自由とパワーを感じる言葉 スカートめくり そのへんのくだらねぇ言葉なんかより よっぽどパワーがわいてくるじゃねぇか』―という三代目魚武浜田成夫氏の詩を思い出した。
    昨日の自分はいつも恥ずかしい。でもそんな自分が嫌いじゃない。

  • クドカンは好きだ
    だったら言うなと自分でも思うが、果てしなく低俗。
    下ネタの嵐、下品極まりない。

    …けれど、とてつもなく笑えてしまう8割の虚実と2割の事実。

  • クドカン脚本の映画やドラマは結構面白くて好きなんだけど、小説はそうでもなくて残念。ネタが自伝ぽいからなのか…

  • くだらなく面白いw 好きです、クドカン♫

  • タイトルに惹かれて。
    フィクション・ノンフィクションを2:8で織り交ぜてあるそうで
    「白鳥おじさん」は好きやなと思った。(あまり会いたくはない)

  • 自伝とフィクションが入り混じった一冊。
    白鳥おじさんというキャラクターはフィクションが主だろうけど、
    高校の描写は結構まんまのような気がする…。
    セリフや突っ込み、描写、キャラクターがまさしくクドカン作品。
    ただ映像だとともかく文字だと少し疲れたかな。
    何やかんやいってうらやましい青春

  • テンションが理不尽な白鳥おじさんに笑いました。
    主人公の成長や変化というよりも、過去に何が起こったのかをそのまま書かれていて、変な先入観もなく、純粋に笑えたし、面白かったです。
    なんかもう、あと少しでチャンスを逃すというか、「おしい!」って感じの主人公が高校生ならではだなーと思いました。最後の最後で飽きるか焦って失敗するんですよね。

  • 相当高校時代に苦労したんだな・・と思った。
    ただ文化祭の話はさすがクドカンと思った。
    なんというか登場人物が個性的すぎて、読んでいておなかいっぱいになった。

全50件中 1 - 25件を表示

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本)に関連する談話室の質問

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本)を本棚に「積読」で登録しているひと

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本)の作品紹介

冬に白鳥が飛来することだけが名物の東北の小さな町で、「質実剛健」をモットーにする男子高に通う「僕」。高校では先輩たちにイビられ、モテからは遠く離れた毎日の繰り返しで、深夜ラジオの「ビートたけしのオールナイトニッポン」だけが心の支え。ある日、尊敬する高田文夫氏が出演するローカル番組で、「おもしろ素人さん」を募集しているのを見つけた「僕」は、親友たちの名前を勝手に書いて応募した…。

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本)はこんな本です

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本)の文庫

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本)のKindle版

ツイートする