リバティーンズ マガジン No.1

  • 77人登録
  • 4.06評価
    • (7)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 太田出版 (2010年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778312176

リバティーンズ マガジン No.1の感想・レビュー・書評

  • 特集はtwitter、山本耀司。
    巻末の色々な方による雑多なレビュー。
    多くの雑誌特特集のトレンドでもあったtwitterも多面的な角度でとらえてあり面白い。
    久々に楽しい雑誌に出会ったなというのが感想。

  • 久々面白そうな雑誌が出ていたのでいま読んでる。
    特集はツイッター、山本耀司。
    気になったのは後半のリバティーンズレビュー。
    雑多とも言えるレビューの圧倒的な数に、うん、圧倒。
    じっくり読みます。休憩中などに。

  • なんともゆるい感じの雑誌だ。

    Twitterの特集が組まれているのだが切り口が非常にユーモラスで肩の力が抜けており、ライターの「今っぽさ」の感覚がとても良い。

    雑誌としてのデザイン性や完成度をみてもかなり好評化。というか僕の趣味にあう。広告の一つ一つも質が高い。エディターのセンスもいい。

    次号も是非購読したい。

  • 「やはり本棚は雄弁かつ正直な場所だと思う。まるで、家主の鏡のような存在で、そこから人柄が溢れ出す」幅允孝さんによる『BOOKS DO FURNISH A ROOM』評。僕は素敵な装丁の本を並べて、新書なんかは箱詰めして見えないようにしがち。見栄っ張り?

全4件中 1 - 4件を表示

リバティーンズ マガジン No.1を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リバティーンズ マガジン No.1を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リバティーンズ マガジン No.1を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする