リバティーンズ マガジン No.4

  • 42人登録
  • 4.30評価
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 太田出版 (2010年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778312398

リバティーンズ マガジン No.4の感想・レビュー・書評

  • 特集は「本の未来」

    numabooksの内沼晋太郎が本の未来を占う15人に濃いインタビューを繰り出していて、読み応え十分。ステークスホルダー相関図も保存版。メディア関係者に限らず必見です。

    他にもいい記事盛りだくさんだけど、個人的には満島ひかりロングインタビューはツボ。この女優さんはほんとに、ミステリアスで爆発力あんなーと思って演技見てたんですけど、納得の、ただものではないタマでした。

    LIBERTINESは久々に本気の取材と編集のいい雑誌。早く復活してください嶋さーーん!

  • 内沼さんをゲストエディターとして迎えた電子書籍特集、満島ひかりインタビュー、とても魅力ある一冊でした。
    個人的には、小島慶子さんの「玄牝」のレビューが一押し。

    vol.3あたりから入る広告に「あれ?」と思うようになったのですが、惜しくもvol.4で休刊となってしまいました。
    編集者さんや、寄稿される方々の面々が好きな方々ばかりなだけに、面白い雑誌だっただけに残念です。
    またこの血脈を受け継いだ何かが生まれることを期待します。
    ひとまず、お疲れさまでした。

全2件中 1 - 2件を表示

リバティーンズ マガジン No.4を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リバティーンズ マガジン No.4を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リバティーンズ マガジン No.4を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする