なぜ、この人と話をすると楽になるのか

  • 1653人登録
  • 3.42評価
    • (49)
    • (108)
    • (131)
    • (41)
    • (11)
  • 140レビュー
著者 : 吉田尚記
制作 : ヤスダスズヒト 
  • 太田出版 (2015年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778314330

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
小林 聡美
メンタリストDa...
吉田 豪
川村 元気
佐々木 圭一
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ、この人と話をすると楽になるのかの感想・レビュー・書評

  • そうか、そうなんだ。会話をスムーズに行うということは、自分での発信力ではなく相手が発言しやすくなる会話の場を提供することなんだ。

    人と話すことがあまり得意ではない自分も腑に落ちる部分あり。新聞でも紹介され図書館の予約も多数入っていました。多くの人が実際のコミュにケーションの場に苦労、違和感を感じているんだと再認識。

    「会話はゲームである」
    「勝ち負けを論ずる対戦型ではなく、参加者全員の共同プレー」
    「ゲームのゴールは、気まずい雰囲気を誰もが抱くことのないこと」

    コミュにケーション障害であった吉田さんが、ラジオ番組のパーソナリティーというありえない逆境の中、独自に築きあげたコミュニケーションのノウハウ集と言ったらよいのだろうか。

  • コミュニケーションが苦手な人にとっての処方箋みたいな本だと思いました。
    自信もコミュニケーションが苦手だった、アナウンサーの吉田尚記さんが、書いた本なのですが、そのなかでは色々なコミュニケーションが楽になるテクニックや考え方が、普段のラジオでの話し方のように、読者に語りかけるようにかかれてます。

    とても、いい本でした。

  • ニッポン放送の大人気アナは、些細な会話すらままならないコミュ障だった!そんな彼が20年かけて編み出した実践的な会話の技術を惜しみなく披露。話すことが苦手なすべての人を救済する、コミュニケーションの極意とは?
    この手のHOW TO本は滅多に読まないのですが、アニメのキャストさんを呼んだ番組で吉田アナの司会がとてもまとまっていて感心したのをきっかけで興味を持ちました。話を転がすのが大変上手い方で、きっとコミュ力高いんだろうな~と思いましてw
    話し言葉で生放送を元にしただけあり、とても分かりやすい。内容も具体的で、言っていることは真新しいことではないのに切り口が斬新だから素直に納得できる。面白い本です。自分がなんでダメだったのか、結構刺さった部分もあり。少しずつ実践して頑張ってみたい。

  • 2015年2月刊。「コミュニケーションの目的はコミュニケーションである」と言い切った本。著者はラジオアナウンサー。

    【引用メモ】
    人間は基本的に、幸せなことより不幸のほうが記憶に残りやすい生き物です。最悪の不幸は死に至るので、ひどい体験を覚えていないと生き残れない。ということは生命の危機をどこかにプログラムしている生き物しか、いまは生存繁殖できていないはずなんです。人はネガティヴな記憶のほうが多いからこそ、日々、瞬間瞬間、おもしろさを求めて、かつ実際におもしろがっていないと堪えられないんですね。(p.124)

  • コミュニケーションというものを根本から考える本。コミュニケーションの目的はコミュニケーションである。とか、コミュニケーションは協力プレー、最大の敵は相手ではなく気まずさ。というところが日常会話で陥りがちな部分であるので、読みやすい。技術、というと無機質な感覚がありますが、決してそんなことはありません。

    むしろ、相手を大事に思う気持ちが芽生えるような気がします。

  • アニメ紅白会場の先行販売で購入。ニッポン放送アナウンサーの吉田さんが書いた脱コミュ障のススメ。コミュニケーションに関する自己啓発本ですが、ビジネス本と違い、普通に生活している中での会話力を主題にしてるのが面白いです。ニコ生から本になっているので、ラジオの吉田さんのトークがそのまま本になった感じで、小難しく書けば簡単だろうなと思うところも、吉田さんが噛み砕いた言葉にしているので、気楽に読めました。明日から話し相手を質問攻めにしていくぞ~!!(違うかwww)

  • Amazonでタイトルが目についてレビュー見ようかと思ったら
    よっぴー著者か!と思って衝動買い

    ニコ生からの書籍化ということでリスナーとのやりとりがちょくちょくでてきます

    会話は全員参加型のゲームで、気まずさを敵にゲーム終了までパスやドリブルでつないでいく
    そのための考え方、実際の手法なんかを紹介していたとおもいます

    コミュニケーションの目的はコミュニケーションであるという言葉には深く共感を覚えました。

  • ラジオが好きなので、もちろん吉田さんのことは存じ上げておりました。ニッポン放送のアナウンサー。ツイッター連動型ラジオ番組の第一人者。自ら企画書を作って売り込み、『ツイッターってラジオだ!』という本を出版する、など、新しいことにどんどん精力的に取り組んでおられる方です。

    で、どうやらこの本はニコ動の放送を書籍化したものらしい。放送中の視聴者から寄せられるコメントにリアクションしつつ、それを取り込みながら話を広げていく様子が、文章になってもよく伝わります。そしてそれそのものが、この本で説いているコミュニケーションの手法の実践になっている。とても面白い。

    巷にあふれる会話の指南本は、たいていビジネス書のコーナーに組み込まれることが多い。コミュニケーションスキルの研鑽=利益の追求、という世間的な認識。自分の中にもそれがあることは否定しません。
    でも、これはコミュ障の著者がコミュ障に向けて書いた、自分がもっと楽しく生きやすくするための本、「コミュニケーションのためのコミュニケーション」の本なのでした。

    個人的には、ラジオのパーソナリティーの共通項として「基本的に人見知り」が挙げられていたのに勇気づけられたし、「あ、やっぱそうなのね」と思いました。笑
    読みやすいし、おすすめです。

  • コミュニケーションを掘り下げて、技術を教えてくれる本。
    「なにか(仕事、出世)」のためのコミュニケーションではなく、「コミュニケーション」自体が目的、ということ。
    コミュニケーションには「自己顕示」「自己表現」はいらない。
    相手にとって興味があるかどうか。相手も気持ちよくなって自分も気持ちがよくなる。
    協力型ゲーム。
    「ふだんから勝利条件を目差して、目の前で変化する状況に一喜一憂するような意識を持つ」
    などなど目からウロコ。
    声をかける、輪に入る、一歩が踏み出せない時に有効な技術。
    ここから始めて、だんだんと自分なりの技を身につけて、より深い関係の知人を増やせるようになるかも。

  • 元「コミュ障」のラジオアナウンサーがニコニコ生放送で行った番組を再構成したもの。
    放送で話した内容を書き起こしたものということで軽い気持ちで読んだら、思った以上に得るものが多かったです。
    中心となるのは、「コミュニケーションは参加者全員で行う協力ゲームと考えよう」という提案。
    この前提から、
    ・嘘や自慢がダメな理由
    ・相手が自分にとって地雷である話題をふってきた時のかわし方
    ・空気の読み方
    ・「聞き上手」になる秘訣
    ・面接の曖昧な質問に上手く返すコツ
    などの様々な話題に切り込んでいきます。
    サッカーの例えがかなり多い(そんなに詳しくない自分でも分かるようなレベルの話ではある)ので、スポーツ好きな人にはさらに分かりやすいかもしれません。

    〈こんな人にオススメ〉
    ・人との簡単な会話が苦手で、楽しめない人
    ・「最近どう?」と聞かれて返事に詰まる人
    ・会話を切り出したり、仕切ったりできないという人

    〈印象に残ったポイント〉
    ・コミュニケーションは自己顕示欲を満たすための手段ではない。参加者全員が気分良くなるためにするもの。
    ・サルの毛繕いが進化したものがヒトのコミュニケーション。1対1でしかできなかった毛繕いを複数人で同時にするための手段で、情報伝達の目的は後からついてきたもの。
    ・曖昧な質問は自分の中で具体化しよう!例えば…「最近どう?」→「(その状況や相手の表情から)最近は体調大丈夫なの?」
    ・より具体的な質問をしよう!例えば…「好きなマンガは?」→「いま連載中のマンガで好きなのは?」「手塚治虫のマンガで好きなのは?」

  • 自分の中でもおぼろげながら感覚的に辿り着いたものを明文化してくれてる本だった。共感できました。
    面接の部分とかはなるほどと思った。
    視覚障碍者の話も目からウロコだった。

    できて当たり前と思われてるものほど意外と難しかったりできてないものだと思う。できて当たり前と思ってるものって意識しないと練習しないし、それ以前にできてるって思い込みがあるから。でも例えば正しい歩き方ができてるかと言われたら疑問だし、みんなの当たり前には個人差がある。
    結局何事も意識して練習しないと上手くはならないものなのかな。それを楽しんで習得していくか、努力して習得していくか、はたまた何もせずできないと嘆いてるだけか、それもまた人それぞれ。

    コミュニケーションも自然と場を読め的確な言葉を選べてしまう人以外は、いろんな人を傷つけてしまったり、盛大に滑ったり、色々恥ずかしい思いや後悔をして学んで、少しずつ改善していくしかない。
    自分の芯がぶっといのか自由に思ったことズバズバ言ってるように見える人もいるけど、そんな自由奔放な発言でもこの人だしってあっさり受け入れられるし、いっそ清々しくて笑っちゃうくらいで、こんなにバッサリ言っても人って傷つかないものだなって感心する。あとそういう人って言いたい放題言うけど、その分ちゃんと人の話を聞いてくれる。だから嫌がられないのかな。
    おしゃべりって人を傷つける言葉ばかり発する人…本当の暴言ね、クズとか死ねとかお前はダメだって明らかに人を傷つける言葉は明らかに嫌がられると思うけど、それ以外って案外なんでもいけると思うの。
    どちらかというとおしゃべりしていてやりにくいと思うのは、自分の話ばかりで人の話を聞かない人。ずっと俺のターンはうんざりする。その自己顕示欲は捨てた方が楽しいおしゃべりができる。
    世の中面白い人っていっぱいいるから聞いてるだけでも十分楽しいし、皆がそうなれば皆に自分のターンが訪れるね。

    気遣いって自分の感覚でしかないから的外れなことだって多々あるし、どちらかというと正直に言ってくれる人の方が信頼できる。
    延々と残ってしまう失言ってのもたしかにあるけど、変なこと言ってしまったとしても大概は相手は気にしてないもの。むしろ延々と残る失言っていうのこそ、無意識に発したものだったりするから、気にしてるレベルなら多分問題ない笑
    とりあえず喋ってみるしかない。やってみないと何がダメかわからない。やっちまったなー次は気をつけようの繰り返し。

    相手に気を遣って喋れない人ほど、相手の機微に気づく心配りのできる人になると私も思う。

    自分はまだまだ発展途上だと思うけど、皆が気軽に話しかけてきてくれてる今の自分が少しでも話をしていて楽になれる人になっていたら嬉しいことだなぁ。
    その自分にとって楽しい世界を身内周辺だけじゃなくてもっと広い世界にしていくのが今の私の目標。スタジアム帰りにバイトの子にお疲れ様って声かけれるおばちゃんとか素敵( *´艸`)

  • コミュ障とはなんなのか
    話し上手ではなく聞き上手に
    相手に興味をもつ
    100%成功はない。勝率を上げる
    会話は話して楽しくなることが勝利
    コミュニケーションの目的はコミュニケーション

    みたいなはなし

    わかるような物足りないような

  • なぜ、この人と話をすると楽になるのか 
    2015/1/31 吉田尚記

    著者は、ニッポン放送アナウンサー。ラジオ「ミュ~コミ+プラス」「ノイタミナラジオ」等のパーソナリティを務める。
    著書に「ツイッターってラジオだ。」がある。

    会話の基本は、徹頭徹尾、人のためである。そうしていると相手からも話を訊かれるようになって、自分も楽しくしゃべれるようになる。一見、ものすごく簡単なことのように聞こえる。だからこそ、人はコミュニケーションについてあまり深く考えようとはしない。

    本書は、「コミュニケーションの目的はコミュニケーションである」という、コミュニケーションの原理に思い至った人間の底本、最初の一歩として記されている。構成は以下の9章から成っている。
    ①コミュニケーションとは何だろう
    ②「コミュ障」だった私
    ③コミュニケーションという「ゲーム」
    ④ゲーム・プレーヤーの基本姿勢
    ⑤沈黙こそゴール
    ⑥コミュニケーション・ゲームのテクニック
    ⑦質問力を身につける
    ⑧キャラクターと愚者戦略
    ⑨コミュニケーション・ゲームの反則行為

    「コミュニケーションの真髄は聞くことからはじまる」や
    「相手に興味を持つこと」等については多くの
    コミュニケーションの書物と共通する点は多い。

    それにコミュニケーションはゲームであるやキャラ設定等の要素
    を組み入れている点は新たな試みであった。

    本書にもあるように90%以上の人がコミュニケーションを
    自分自身不得意としている。私も大多数のうちの一人であり
    本書を手に取った理由もそこにある。

    本書を読めば全てが解決!というものではないものの
    世の中には同じように迷い考えもがいている人がおり
    達人と思える人であっても訓練でその域まで達している
    のであるということに勇気を与えてもらえた気がする。

    著者のラジオ番組やニコニコ生放送は聞いたこと観たことはないものの一度夜中にでもラジオのチューニングを合わせてみようと思う。

  • タイトルの印象とは違い、雑談力をつけるための本。
    他愛ないガールズトークのような、気持ちよく楽になるコミュニケーションのための方法・技術論を、サッカーの例えを用いながら具体的に示してくれる。
    相手の話を全て聞き(トラップ)、少しの関心と疑問を感じ(パスコースを探す)、答えやすい質問をする(パスを出す)、相手の関心に応える(ドリブル)。
    むしろ情報伝達を目的としないコミュニケーションに特化して、コミュ障を自認する若者をターゲットにしている点に斬新さを感じた。
    タモリの「髪切った?」という質問の素晴らしさに気づかされたし、アイドルのキャラ自称への違和感も納得した。
    ニコニコ生放送での、視聴者の生のコメントを交えながらの話の再構成本。
    15-107

  • 参考になるところはあったけど、相手に依存する、自分を下に置く考え方に通じる気がして、途中から流し読み。
    参考になったところとしては、
    ・褒める。すると相手に受け入れられる。
    ・驚く。
    ・おもしろがる。おもしろい要素に目を向けて引き出す。
    ・ウソを言わない。ウソを言うくらいなら黙秘。
    ・自慢はダメ
    ・相手のことを否定しない
    ・嫌い!違う!は避け、こんな解釈もあるよというソフトタッチで。

  •  また読み返したい本。
     著者である吉田さんのことを知っていると、より理解が進む。ラジオでイベントで「あの手この手」使ってたと気がつくし、吉田さんがコミュ障であったことも、なんとなく分かる。だから説得力があるんな。

     あと地味にカバーが好き。折り返しにいるトマト娘は吉田さんを「ゴボウ」と渾名した松井玲奈ちゃんだろうか? いろいろ気になる。

  • よっぴーさんファンなので購入。わかりやすい!

  • コミュニケーションの型をわかりやすく書いていました。リアルでもネットでもいいからとにかくコミュニケーションがとりたくなりました。

  • すぐ自分の話に持って行く人がたいへん苦手なので、自分がそうならないよう常日頃から気を付けているつもり。
    ポイントが太字になってたので分かり易かった。円滑なコミュニケーションに欠かせないのは傾聴。みんなが人の話を聞くようになったらきっと平和だ。

  • この本は、ニコ生の書き起こしという形で製作されている。ゆえに、オタ系の人には読みやすく、オタ系じゃない人には入りにくいかもしれない微妙なライン。
    私自身はオタ系だしネット住民なのですんなり読むことができ、そして共感もできた。実際この本を読んで、この放送が行われた時に参加したかった!と思った。人と話をするときの微妙な空気感を露わにし、その対処方法を現実的に解説している。形式ばって説明するノウハウ本に比べ、格段に読みやすいし、入り込めるし、実践に生かせそうな気がする。それもこれも、筆者自身が自称コミュ障であり、その経験を基にしたコラムだからであろうか。
    最終的な結論は他のHowTo本と同じなのかもしれないが、オタ系なプロ・アナウンサーが書いたってところが、説得力を増し、そして共感を得られるところなんじゃないかと思う。
    この本の内容を基に、実践に生かしてみたいと思った。
    (「実践」と書く時点で、相手との関係性が「協力」体制ではなく「戦闘」体制になっている気もしないでもないが・・・)

  • 前半部分が少し冗長な印象。
    後半の「技術編」以降が具体的な手法も記載されており、参考になる面もあり。
    ついつい「自慢」したくなる自分を反省。

    以下、備忘録ーーーーーーーーーーー
    「相手の話を全部聞く」
    ①ウソ禁止
    ②自慢はご法度
    ③相手の言うことを否定しない

  • 若い時からコミュニケーションで色々悩んでいるのとレビューが良かったので購入。昔のカビが生えたような対話術でなく、現在の社会をベースのコミュニケーション技術が沢山ちりばめられてり参考になる点が多かったです。特に「対戦型ではなく協力プレイ」「誤解ウェルカム」「相手に関心があると思ってくれる対応」「答えやすい質問」「嫌いと違うは言葉を飲み込んで言わない」は即実践に移していきたいなと。他の人にも進められる良著と思います。

  • 「コミュ障」な人向けに、コミュニケーションの「基本以前」を教えてくれる本。著者は、アニソンイベントの司会で引っ張りだこの吉田尚記氏(ニッポン放送アナウンサー)ということで、興味があったので読んでみた。著者自身、以前は重度のコミュ障だったらしい。(コミュ障の定義に、ここでは深入りしない)
    本書では、コミュニケーションを「参加者全員が気持ちよく過ごせたら勝ち、というゲーム」と位置づけている。たしかに、引きこもっている人を勇気づけるには、的確な説明だと思う。でも、世の中そんなに生易しくないのもまた事実。利害が関わるコミュニケーションで「みんなが気持ちよく」なんて、タテマエにすらならない。なので、「相手より優位に立つゲーム」や「心を殺して耐えがたきを耐えるゲーム」に疲弊した人々に対する処方箋も示してほしかったな。(究極的には、その答えこそ「みんなが気持ちよく」なのだろうけど…)

  • 若林さんが語るヨッピーさんしか知らなかったので、いけ好かないやつだと偏見をもってたけど、ガラッと見方が変わった。今度ラジオ聞く。

  • ・会話をゲームとして捉える
    ・負けの条件は気まずさ
    ・愚者戦略

全140件中 1 - 25件を表示

なぜ、この人と話をすると楽になるのかに関連する談話室の質問

吉田尚記の作品一覧

吉田尚記の作品ランキング・新刊情報

なぜ、この人と話をすると楽になるのかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜ、この人と話をすると楽になるのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜ、この人と話をすると楽になるのかを本棚に「積読」で登録しているひと

なぜ、この人と話をすると楽になるのかの作品紹介

ニッポン放送の大人気アナは、些細な会話すらままならないコミュ障だった!そんな彼が20年かけて編み出した実践的な会話の技術を惜しみなく披露。話すことが苦手なすべての人を救済する、コミュニケーションの極意!!

なぜ、この人と話をすると楽になるのかのKindle版

ツイートする