暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)

  • 504人登録
  • 4.08評価
    • (30)
    • (25)
    • (12)
    • (3)
    • (2)
  • 32レビュー
著者 : 國分功一郎
  • 太田出版 (2015年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778314378

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 退屈するとは何か、なぜ退屈に陥るのか、それは克服可能か、について論じられています。退屈は人類が定住生活を始めた頃から起きており、現代においては退屈をターゲットにした産業による消費社会が生じてより虚しくなる悪循環が起きている、という問題提起から始まります。ルソーやマルクスやユクスキュル、ハイデガーといった哲学者や他分野の学者の学説を吟味しつつ著者の持論の退屈論を展開しています。すごくかいつまんでまとめると、人間は本来的に退屈する存在であってそれを凌ぐべく気晴らしをしても結局退屈してしまう。適度に撹乱し、新たな刺激を得て今を楽しむのが大事だと僕は解釈しました。最後のほうはやや抽象的で退屈に対する処方箋がうまく読み取れませんでした。

  • 関係ないところで、一人称「俺」が引っかかったけど。

  •  
    ── 國分 功一郎《暇と退屈の倫理学 20150307 太田出版》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4778314379
     
     増補新版 (homo Viator)
    http://mybookshelf.hatenablog.com/entry/2017/02/06/234255
     
    …… 人を退屈させてはいけない。この扉を通るもの、帽子とすべての
    官位、身分の誇示、傲慢さを捨て去るべし、そして陽気であるべし。
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19670120 (エルミタージュ美術館)
    http://q.hatena.ne.jp/1512914880#a1265621(No.1 20171211 00:11:48)
     
    (20171211)
     

  • 再読。

  • めためた面白かった!
    通読前提なので読みやすい。

  • 宗教の信徒は、いわば決められたルーティンをこなすことで、退屈をしのぎ、同時に心を落ち着けているのだな、ということを思い出した。

    P66
    先進国の生活が「幸せである」に疑問符が付くのは、「便利」と混同してるからだと思う。便利が幸せに結びつくのは、便利の前の「不便な状態」と今の「便利な状態」の差を知っているときだけ。

    P90
    定住の開始が様々な不和をもたらしているという印象を受ける。幸せの観点から言えば、昔の方がよかったのかも。でも、今こうして様々な知識に触れられること、それが可能になったのはつい最近で、それは先人たちの技術発展に支えられていることが僕の幸せにつながっている。

  • 間違いなく良著。今年一番かも

  • 著者のツイッターをリツイートしているツイッターでこの本を知った。
    タイトルに惹かれた。正に今の私にピッタリなタイトルではないか。私のための本ではないか。

    わかりやすい言葉で書かれているので、どんどんページが進んだ。でも、いちいち止まって考えることが多かったので、そんなに早く読み終えたわけではない。
    言葉はわかりやすいのだが、内容がそんなにわかりやすくはないので、どの程度私に理解できたのかわからない。でも、著者の言う通り、読み通したこと自体が「暇と退屈の倫理学」の第一歩、なのだろう(と書きつつ、あまりそれもよくわかってないのだけれど)。
    「自分を悩ませるものについて新しい認識を得た人間においては、何かが変わるのである。」
    私は「新しい認識を得た」のか。はなはだ頼りない。大丈夫か、私。

    最後についていた増補の部分もとても良かった。どの程度理解できたのか、こちらも怪しいのだけれど。

  • 國分功一郎さんの『暇と退屈の倫理学』を読んだ。大好きな本でこれまでに何度か読み返しているが、増補新版は初めて。なので、付録の『傷と運命』を初読み。國分さん知的態度にいつも学ぶのはハイデガーのような哲学の巨人にも当たり前のように批判的態度で臨み、ロジカルかつクリティカルにその誤りを指摘できること。そして、当たり前を人間本性に照らしながら思弁すること。学生の頃から、論よりその態度に影響を受けてきた。

    「退屈を回避する場面を用意することは、定住生活を維持する重要な条件であるとともに、それはまた、その後の人類史の異質な展開をもたらす原動力として働いてきたのである」。(『人類史のなかの定住革命』33頁)いわゆる「文明」の発生である。p93

    人は消費するとき、物を受け取ったり、物を吸収したりするのではない。人は物に付与された観念や意味を消費するのである。ボードリヤールは、消費とは「観念論的な行為」であると言っている。消費されるためには、物は記号にならなければいけない。記号にならなければ、物は消費されることができない。p152

    環世界論から見出される人間と動物の差異とは何か?それは人間がその他の動物に比べて極めて高い環世界間移動能力をもっているということである。人間は動物に比べて、比較的容易に環世界を移動する。p296

全32件中 1 - 10件を表示

國分功一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
サンキュータツオ
中村 文則
國分 功一郎
トマ・ピケティ
田中正人
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)を本棚に「積読」で登録しているひと

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)の作品紹介

旧版『暇と退屈の倫理学』は、その主題に関わる基本的な問いを手つかずのままに残している。なぜ人は退屈するのか?-これがその問いに他ならない。増補新版では、人が退屈する事実とその現象を考究した旧稿から一歩進め、退屈そのものの発生根拠や存在理由を追究する。新版に寄せた渾身の論考「傷と運命」(13,000字)を付す。

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)はこんな本です

ツイートする