年収90万円で東京ハッピーライフ

  • 200人登録
  • 3.69評価
    • (15)
    • (13)
    • (15)
    • (3)
    • (3)
  • 22レビュー
著者 : 大原扁理
制作 : 死後くん 
  • 太田出版 (2016年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778315306

年収90万円で東京ハッピーライフの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東京で暮らすのにはたくさんのお金が必要というイメージを崩されました。必要最低限の出費を計算して働くなんて驚きです
    でも真似はできないかも・・・

  • 年収100万円の人の本を読んだことがあります。
    10万円この人の方が低いせいか、よりシンプルな生活をしているように感じました。
    疲れること、嫌なことはしない。自分がどういう生活をしたいかで、何を買うか所有するか決めるっていうスタンスに共感が持てました。
    あと、将来のことを考えて生きるのではなく、今を大事にして生きていれば、将来は自ずとそれが返ってくるというようなことを言っているのも良いなと思いました。
    100万円の人と共通していたのは、健康第一!ってこと。やっぱり1番お金がかかるけど、セルフケアである程度防げるのは健康なんでしょうね。

  • 916

  • 視点や考え方について自分にはなかったものがあった。
    もやもやしていた部分に関する言及についてはホッとした部分もある。

  • 堀江貴文さんの帯で購入決定。週休5日は、正直うらやましいな。著者ほど物欲から解脱できるか。

  • 精神論というか思想的なものが多くて、あんまり面白い感じではなかったけど、週2回介護の仕事をしてあとは隠居生活だなんて羨ましい話だ。それで一人暮らしできるんだもんなぁ。間取り的にレオパレスかなと思うけど。図書館と散歩というのは親近感が持てる。同じご飯ばかりというがちょっと嫌だけど。ほんと、私もいつでも隠居できるよなぁ。今の職場がパートで雇ってくれれば言うことなしだけど。でもやっぱりこういう生活をするには精神論が大事なのかも。周りからは責められるだろうから。

  • こんな人いるんだ、という新たな発見と
    新鮮な驚きを感じた。
    そして非常にうらやましい。
    こんな風に自分本意に生きれたら
    どんなに楽しいだろう。
    でもそんなハッピーライフを過ごせるのも
    作者の持つ一つの才能だと思う。
    もはや悟りの境地というか。
    万人に理解されない生き方だと思うけど
    ブレがないところにすばらしさを感じた。

  • 新聞広告か何かで気になって図書館で借りた。ひょうひょうとした文体であっという間に読める。

    メモ
    ●アットホームは家賃の下限が2万円に設定できる。

  • ブレない、しなやかな生き方。自分の実感を軸にし、社会との関係を緩やかにする生き方。

  • 人間、生きていくうちに自分の可能性とか、欲とか様々な思想に取り憑かれすぎていて、それは私も同じで…。こうなれたらいいな を実現して維持していくのは、思ったよりもしんどくて…。
    この本を読んでいると、実にシンプルで心にすとん と来る。 自分をもっと労ってやらないとなぁ。って思える本でした。
    文も読みやすいし、大原氏は美しい心の人だと感じた。

全22件中 1 - 10件を表示

大原扁理の作品

年収90万円で東京ハッピーライフはこんな本です

年収90万円で東京ハッピーライフを本棚に登録しているひと

年収90万円で東京ハッピーライフを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

年収90万円で東京ハッピーライフを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

年収90万円で東京ハッピーライフを本棚に「積読」で登録しているひと

年収90万円で東京ハッピーライフのKindle版

ツイートする