寝台鳩舎

  • 87人登録
  • 4.46評価
    • (7)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 鳩山郁子
  • 太田出版 (2016年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778322786

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
パトリック レド...
宮下 奈都
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

寝台鳩舎の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少年ダヴィーが寝台列車の中でたどり着いた寝台車両には、たくさんの傷付いた少年たちが居た。彼らはその脚に着けた信書管を託そうとする。
    かつて戦地の通信手段として遣われていた、軍鳩をモチーフにした物語。
    鳩山郁子さんの作品独特の玻璃のような果敢なさに加え、この作品には力強く痛ましい雰囲気も。どうか無数に散った迷える鳩たちが、彼らの家に帰れますように。

  • 久しぶりの鳩山世界。

    変わらずに独自の世界観を描いていてくれて、うれしくなった。

  • 初読作家さん。なにこの素敵な世界観。素晴らしい構図と巧みなタッチ。巻末の軍鳩シェール・アミの記述が原点だとしたら、その豊かな想像力とそれを描写できる画力に脱帽。本編はやや雰囲気的なものが優ったが、描きおろしの「Epilogue」「Mattiesko」はわかりやすく、特に後者はマティエスコの擬人化がとても好み。他の作品も読みたい。

全3件中 1 - 3件を表示

寝台鳩舎を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

寝台鳩舎はこんな本です

寝台鳩舎のKindle版

ツイートする