できる男は乳首で決まる

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 松屋壮
  • 幻冬舎ルネッサンス (2006年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779000881

できる男は乳首で決まるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • さて、広研内の組織でお疲れとして頂いたこちらの本が実はかなりの売れている本であるということを知り積読本からランクアップ。
    ほんの数時間で読みきれる、内容の薄いものでしたがまぁ結構個人的に面白い箇所があったので紹介。
    セックスという単語が出てきますが面白いっすよ。

    引用データに関して
    ・20代のセックスの回数は女性=男性*2。。まじかよ。。理由としてこの時期の男性は仕事が忙しい、女性はその後セックスから遠のくということが挙がっているが果たしてこのデータの真偽は如何にw
    ・配偶者との成功頻度のデータで、なんと70代後半の5%が週2回以上。嘘だろ…
    その他たくさんの乳首に関する重要性、乳首の開発法等がとかれているが、まぁ気になる人は読んでもいいとおもう。。別にオススメはしない…

    最終章の「とくに豊かな性生活を送りたいのであれば、男性の価値観だけに従ったセックスではなくお互いが満足できるようにしなければなりません」という箇所は一般人がこの著作を読む際の全体の骨子かなーと。

    かといってニップルセックスを嗜みたいとは思わないし、これを66歳にもなって頑張って書いた著者には少し呆れるし、脱帽である。

  • 乳首の話題ひとつで本一冊分も何をそんなに熱く語ることがあるのか? 笑

    著者の勇気と心意気を高く買います!いや買わないけど中身が気になるなぁ~

  • タイトルからしてごり押しの極み!
    「乳首活用法」などという
    奇異な言葉を目にしたのは初めてです。

    個人的に、できる男子は大好きなのですが、
    こんなにも乳首のことばかり考えているような人は
    まったくできないやつのような気がしてなりません。

全3件中 1 - 3件を表示

できる男は乳首で決まるの作品紹介

彼がエネルギッシュなのには理由があった。「男の乳首」の真の活用法が、いま解き明かされる。新性生活マニュアル。

できる男は乳首で決まるはこんな本です

ツイートする