信じてはいけない「統計的に正しい」こと―あやしい健康情報やニセ科学にダマされない方法

  • 56人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 市毛嘉彦
  • 幻冬舎ルネッサンス (2012年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779007866

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
クリストファー・...
スティーヴン・D...
チップ・ハース
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
デイル ドーテン
國分 功一郎
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

信じてはいけない「統計的に正しい」こと―あやしい健康情報やニセ科学にダマされない方法の感想・レビュー・書評

  • 「統計的に」という枕詞で語られることの多くが、因果関係をちゃんと証明できてないよ、因果関係が確定するにはこういう要件が必要ですよ、という本。「統計的に」とか言いながらいい加減なデータで解説してくるテレビとかに対してやたら腹を立てる性格だったので、タイトルはビンゴだった。内容はもっと軽い本かと思ったらわりとちゃんとした専門書っぽいアプローチしてる本で、勉強になりました。非実験追跡、とか、普通に暮らしてたら絶対知らないままだったね。ですが、非常に不満がある。日本語がすごくわかりづらいのだ。例えば、AであればBになる、というときの「になる」の使い方がちゃんと定義がないからいちいちひっかかる。だいたいが「になる可能性が高い」だと思うし。なんか、そういう読んでいてパッと言っている意味がわからないことが何度かあり、意味がわかっても「いや、その日本語ちょっと不充分じゃないか?」とか思っていちいちすごいストレス。俺が気にしすぎなのか?別に難しいこと言ってるわけじゃないので、書きぶりだけの問題だけど。このタイトルで普通の人に読ませるならもう少しわかりやすい日本語にできなかったのかなーと思います。惜しい。

  • 因果関係と相関関係の違いを説明できるようになる、とても大切なことを教えてくれる一冊です。

  • 世の中には多数の統計解析結果が溢れているが、その解釈の多くが混乱し間違っている事例が多いという話。
    特に交絡因子と時間の前後が言えない限り、因果関係については言えないという内容が余りに無視されていることが多すぎる。

全3件中 1 - 3件を表示

信じてはいけない「統計的に正しい」こと―あやしい健康情報やニセ科学にダマされない方法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

信じてはいけない「統計的に正しい」こと―あやしい健康情報やニセ科学にダマされない方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

信じてはいけない「統計的に正しい」こと―あやしい健康情報やニセ科学にダマされない方法を本棚に「積読」で登録しているひと

信じてはいけない「統計的に正しい」こと―あやしい健康情報やニセ科学にダマされない方法の作品紹介

タバコは肺がんの原因である。その定説の誤りを暴く!巷にあふれる因果関係の勘違いを一刀両断。あやしい情報の「ウソ」と「ホント」が明らかに!メディアにダマされないための因果関係証明法を解説。

信じてはいけない「統計的に正しい」こと―あやしい健康情報やニセ科学にダマされない方法はこんな本です

信じてはいけない「統計的に正しい」こと―あやしい健康情報やニセ科学にダマされない方法のKindle版

ツイートする