鉄人伝説 小説新日鐵住金

  • 24人登録
  • 3.14評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小野正之
  • 幻冬舎ルネッサンス (2013年3月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779009501

鉄人伝説 小説新日鐵住金の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者は1964年八幡製鐵入社、長らく海外営業を手がけ、新日鐵で部長職となった後、関連会社役員をつとめた。

    本書は、新日鐵合併を主導した八幡製鐵社長(のち新日鐵会長)の稲山嘉寛、その部下で1950年代から輸出営業を開拓した寺西信美(のち新日鐵副社長)などが主な登場人物である。

    副題に「小説新日鐵住金」と銘打っているわりに、住金のことなどほとんど言及されず、ひたすら旧八幡・新日鐵の話ばかりで、羊頭狗肉感がある。もちろん個々のエピソードで面白い部分はあるが。

    ストーリー性が乏しく、話がいったりきたりする。誤植も多いし、編集はいったい何をやっているのか。

    おおかた、川鉄創業者の西山弥太郎を題材にした黒木亮『鉄のあけぼの』に対抗して出してみたというところだろうが、小説としての質も低く、おじいちゃんの回想に付き合わされているような感が強い。

全2件中 1 - 2件を表示

鉄人伝説 小説新日鐵住金の作品紹介

戦後の高度経済成長を支え、産業界を牽引してきた鉄鋼業。中心は合併で世界一となった新日鐵だった。しかし、石油危機と円高でその座を明け渡す。そして今、新たな合併で再び世界ナンバーワンの鉄鋼メーカーを目指す。鉄に人生を賭けて奮闘する男たちを描いた経済小説。

鉄人伝説 小説新日鐵住金はこんな本です

鉄人伝説 小説新日鐵住金のKindle版

ツイートする