渋沢栄一 人こそ力なりの思想 (幻冬舎ルネッサンス新書 い 3-1)

  • 22人登録
  • 2.40評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 今井博昭
  • 幻冬舎ルネッサンス (2010年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779060243

渋沢栄一 人こそ力なりの思想 (幻冬舎ルネッサンス新書 い 3-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なぜ渋沢栄一が斬新な改革を実現できたのか?

    →国のために尽くすという大義
    改革を実施する際には、目的を明確にし、やる気を引き出す人心掌握術にもたけていた

  • 読んでる最中。

  • 【読書】渋沢栄一の伝記。大事なのは人間の「のびしろ」。激動の時代の中で飽くなき向上心で社会に貢献。

全3件中 1 - 3件を表示

渋沢栄一 人こそ力なりの思想 (幻冬舎ルネッサンス新書 い 3-1)を本棚に登録しているひと

渋沢栄一 人こそ力なりの思想 (幻冬舎ルネッサンス新書 い 3-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

渋沢栄一 人こそ力なりの思想 (幻冬舎ルネッサンス新書 い 3-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

渋沢栄一 人こそ力なりの思想 (幻冬舎ルネッサンス新書 い 3-1)はこんな本です

ツイートする