発達障害の子どもと生きる (幻冬舎ルネッサンス新書(ま-4-1))

  • 21人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 松為信雄
  • 幻冬舎ルネッサンス (2013年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779060786

発達障害の子どもと生きる (幻冬舎ルネッサンス新書(ま-4-1))の感想・レビュー・書評

  • タイトルから「発達障害の親に対する心構えを説いた本かな?」と思ったけれど、そうではない。
    かなり実践的な内容の発達障害者向けのキャリア教育理論や、社会の取り組みの事例など。
    実践的な内容すぎるのでリファレンスやガイドブックのように読むのがよいかと。「発達障害の親を慰める」ような意見よりは、よっぽど役に立つと思います。

  • キャリア教育のことでしたね。
    なるほどと思うところもあったけど、全体的にはあまり共感できず。
    事例とか。雰囲気とか。

    親御さんに向けて書いたとはあるけど、文章はわかりやすいとは思うけど、
    専門的なところは、親御さんにはどうにもできんところもあるのでは。
    社会資源とか、知識としては参考になるのかな。

全2件中 1 - 2件を表示

発達障害の子どもと生きる (幻冬舎ルネッサンス新書(ま-4-1))を本棚に登録しているひと

発達障害の子どもと生きる (幻冬舎ルネッサンス新書(ま-4-1))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

発達障害の子どもと生きる (幻冬舎ルネッサンス新書(ま-4-1))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

発達障害の子どもと生きる (幻冬舎ルネッサンス新書(ま-4-1))を本棚に「積読」で登録しているひと

発達障害の子どもと生きる (幻冬舎ルネッサンス新書(ま-4-1))の作品紹介

幼少期から始められる取り組みや一般企業で働くための教育、大人の発達障害へのサポート法を丁寧に解説する。<br><br>発達障害者支援の専門家が最先端の教育・就労支援、親子のための生き方を記した決定版。<br><br>発達障害のあるお子さんには、一人ひとりの特性に合わせたキャリア教育、就労支援、生涯にわたって多くの理解と協力が必要です。症状について正しい理解を深めるだけでなく、どう育てていけばよいのか。幼少期から成人後に至るまで、お子さんの人生を支えていくために親が最も知りたかったサポート方法をわかりやすく解説。

発達障害の子どもと生きる (幻冬舎ルネッサンス新書(ま-4-1))はこんな本です

発達障害の子どもと生きる (幻冬舎ルネッサンス新書(ま-4-1))のKindle版

ツイートする