物語としてのアパート

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 近藤祐
  • 彩流社 (2008年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779113888

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印

物語としてのアパートの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 逗子図書館

全1件中 1 - 1件を表示

物語としてのアパートを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

物語としてのアパートを本棚に「積読」で登録しているひと

物語としてのアパートの作品紹介

文学(詩や小説)、映画、漫画などに登場するアパート、マンション、郊外の団地を手がかりに、日本の近代における「都市居住」に重要な役割を果たしてきた「アパート」像に迫る。明治末期の日本に初めて登場した民間のアパートから昭和初期のモダンアパート、木造長屋風アパート、戦後の高級アパート、公団アパート、木賃アパート、マンション、ワンルーム、ルームシェアに至るまでの有名無名の建築群を重層するひとつの系譜として捉え、「アパート」という言葉と現実がどのように社会に受容され大衆化し、そして消費されていったかを明らかにする画期的な論攷。

物語としてのアパートはこんな本です

ツイートする