北斎と応為 上

  • 88人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (12)
    • (14)
    • (4)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : モーゲンスタン陽子 
  • 彩流社 (2014年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779120275

北斎と応為 上の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今、自分の中で、若冲展の影響からか、「絵」「江戸」ブームであり、たまたま手に取った一冊。外国人の手によるものだからか、むしろ江戸の町の息吹がリアルに伝わってくる。変人北斎に振り回されつつも、自身に才能があるからこそ、北斎の凄みを誰よりも承知。親子として、同志として、伴侶?として寄り添いつつの、北斎と一心同体の応為の頑固ぶり?が何ともチャーミング。北斎との丁々発止のやりとりも楽しい(杉浦日向子の「百日紅」でのお栄(アゴ)とも共通する)。評伝小説としては、世評のよい「等伯」とか「若冲」より全然質が高い(主人公達が躍動している)。北斎の画集、買おう!

  • 歴史小説は読まないが、作者が外国人だと知らなければふつうに江戸時代歴史小説。という表現は変だが、カナダ人女性作家が書き、欧米で出版された後に日本で翻訳された、北斎の娘応為についての小説。応為って知らなかった。北斎の絵画のいくぶんかは応為が描いたという説もあるらしい。工房システムだったのだろうから、さもありなん。それにしてもゴヴィエ氏の研究は丁寧で行き届いている。
    日本語に訳して何の違和感もないどころか、精緻な江戸描写に「…でありんす」などの廓言葉が再現されており、一周廻って日本の歴史小説に戻ってきたようなユニークさがあり、訳業として(ごく一部でだが)注目されたのにも納得だ。
    テーマは、仕事を持つ女性としての矜持と、自らも才能がありながら偉大な父の影の下にある葛藤である。江戸時代の女性がこのように明確に自立や芸術家としての自我を意識できたかは不明だが、外国人の視点が生きている。日本人なら、ここまで「がさつ」に仕立てないかわりここまで自覚的でもなかっただろう。
    もっとも、専業主婦、男尊女卑、男は外女は家庭という悪しき文化は明治以降の近代の産物だから、江戸の女性は私が思う以上に、この応為に近かったかもしれない。

  • 2.7

  • どうしても映画のキャラクターでイメージしてしまい、
    且つ外国人が描いたということで、当時の印象より、かなり自立した人物像で、それが本当にそうなのか、自分の江戸イメージが遅れているのか、単に応為親子が特殊なのか、判断しかねるのですが。淡々と進んで行く雰囲気もよく、とても面白かったです。
    吉原にも足繁くかよっていて、なんかにまり。さばけた性格や、父との関係が良い。
    とはいえ、映画キャラクター後付になってしまい、申し訳なかったり。

  • 北斎と娘のお栄の物語。かけ合いが面白い。気っ風が良く口が達者な江戸っ子らしさが楽しい。上巻の終わりに江戸を出るお栄の不安なようなわくわくしているようなところが素晴らしい。応為の絵にある夜の楽しげな生き生きとした女達が脳裏に浮かんだ。外国作家だが湿っぽさがない語り口が自立したお栄に合っていて楽しく読んだ。

  • なぜ、外国文学の棚に北斎?と思って手に取ると、そこには英語で書かれたとは思えないほど、江戸時代の人々が生き生きと描かれていた。
    下町の町人のやり取りは、まるでその場にいるような臨場感に溢れている。
    北斎が可愛いおじさんというキャラクターで書かれており、新鮮だ。
    さて、美人画の真実はいかに!

  • 天才浮世絵師北斎とそれを支えた絵師の娘、応為の物語。
    江戸末期から開国にかけて、きっちり調べて書いた歴史小説であるとともに、一人の女性の内面を掘り下げたことで、私小説的な香りもする歴史小説である。
    なぜか、涙が浮かんでくる場面がいくつかあった。哀しみのためというよりも、自然と情景が浮かび、人々の気持ちが流れこんできて、心を揺さぶられたようだ。
    外国人である作者が応為を発見してくれたことに感謝する。

  • 2014.08.23

  • 葛飾北斎の三女、女流絵師応為と北斎の生き様を描いた作品。カナダ人の女性作家の翻訳物だが、翻訳物であることをあまり意識させない秀作。原作を読んでいないのでなんとも言えないが、訳者のモーゲンスタン陽子さんの訳が素晴らしいのではと感じる作品。
    北斎の影武者として晩年まで父を支えた娘、北斎作といわれる作品のいくつかは彼女の作品であるとの前提のもと、変人天才画家北斎と暮らしたお栄を主人公に、激動の幕末を力強く生きる女絵師を描いていた秀作の上下二巻物。

  • タイトル見て即読み。
    応為が主人公の小説ってほとんどないから貴重な本だとおもいます。
    ときどき時代考証に首をかしげるけど(笑)、面白さの方が勝ってる。

    酒好きで口悪くて絵にうるさくてお父さん並に性格ねじ曲がってるお栄ちゃんがすごく生き生きしていとおしくて抱きしめたくなった…!
    北斎との関係が複雑すぎて一言で表現できない。
    北斎をふだんは「父」、客観的なときは「北斎」と呼び分けてて「北斎」はドライなんだけど「父」と言うときものすごく愛憎入り混じってて生々しい。

    吉原の女性たちも、何も知らないお栄ちゃんの目を通すから全然いやらしくないし、吉原の意味を知ってからもお栄ちゃんが全然変な目で見てなくて、そこも好き。
    志乃さんは美しい人。

    お栄ちゃんが志乃さんと訪れた南禅寺に百日紅が植えてあってニヤリとしました( ̄ー ̄)
    杉浦日向子さんのマンガも読もう~。

全17件中 1 - 10件を表示

キャサリン・ゴヴィエの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
澤田 瞳子
三浦 しをん
横山 秀夫
西 加奈子
西 加奈子
恩田 陸
いとう せいこう
宮下 奈都
桜木 紫乃
ミシェル ウエル...
ジョン・ウィリア...
又吉 直樹
東山 彰良
有効な右矢印 無効な右矢印

北斎と応為 上を本棚に「積読」で登録しているひと

北斎と応為 上の作品紹介

浮世絵師・北斎の娘、応為(おうい)こと葛飾お栄の謎に包まれた生涯を描き出す!

「美人画では娘に敵わない」と北斎をして言わしめた実在の娘・お栄(画号は応為)。
緻密な描写、すぐれた色彩と陰影表現を得意とし、父と共作するだけでなく、
代作もしていた! 
歴史の闇に消えていった「もうひとりの北斎」を、
綿密な調査と豊かな想像力で描き出した歴史フィクション!

◆「これはほんとうにカナダ人作家が書いた時代小説なのだろうか」ーー浅田次郎氏(作家)
◆「ボストン美術館名品展 北斎」(2014年巡回)に「三曲合奏図」出品
◆杉浦日向子『百日紅』(応為が主人公、ちくま文庫(上・下))が
  長編アニメーション映画化!
『百日紅 Miss HOKUSAI』 2015 年5月9日より全国ロードショー!
監督は「河童のクゥと夏休み」「クレヨンしんちゃん」のアニメーション作家
原恵一監督。キャスト(声の出演) は、杏-お栄、松重豊-葛飾北斎、
濱田岳-池田善次郎、高良健吾-歌川国直、 美保純-こと …等々です!

——女絵師・葛飾応為への注目がますます高まっています!

装丁は『ソフィーの世界』、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』、『極北』などを
手がけた坂川栄治氏です!

ツイートする