ヒトラーはなぜユダヤ人を憎悪したか: 『わが闘争』と『アンネの日記』

  • 10人登録
  • 1レビュー
著者 : 林順治
  • 彩流社 (2014年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779120602

ヒトラーはなぜユダヤ人を憎悪したか: 『わが闘争』と『アンネの日記』の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

ヒトラーはなぜユダヤ人を憎悪したか: 『わが闘争』と『アンネの日記』を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヒトラーはなぜユダヤ人を憎悪したか: 『わが闘争』と『アンネの日記』の作品紹介

名もなき16 歳の少女『アンネの日記』と名だたる独裁者の『わが闘争』は世界のベストセラーになった。
このヒトラーとアンネ・フランクは恐怖と絶望と絶叫のアウシュヴィッツ絶滅収容所で結びつく。
ヒトラーとナチの歩みを追いながら、アウシュビッツへの道程に潜む本質に迫る。
『わが闘争』に語られた幼年期やヒトラーのウィーン時代の生き様に『神経症」の病理を見る。
「ユダヤ人がいなければ……」という強迫観念から当時ヨーロッパを席捲したマルクス主義に対抗し、ユダヤ=資本主義、反ユダヤ主義=反マルクス主義、そして「マルキストがいなければ……」という意識から逃れることができなかった。
大衆心理や群集心理を知るヒトラーはユダヤ人を特定し、排除することが大衆の喝采をあび、ブルジョアや資本家の共感を得ることから、マルクシズムを打倒するためにはユダヤ人を絶滅しなければならないという観念に陥った……。

ツイートする