ブクログ大賞

「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える (彩流社ブックレット)

  • 2人登録
著者 : 前田朗
  • 彩流社 (2016年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (114ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779122132

「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える (彩流社ブックレット)を本棚に登録しているひと

「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える (彩流社ブックレット)の作品紹介

昨年12月28日の慰安婦問題をめぐる
「日韓合意」は、被害を受けた女性たちが受け入れることの
できない「結末」であった。
最終的解決であるかのような意見が、日本だけでなく
韓国にも見られるが、そのゆくえはどうなのか?
被害者はどう受け止めたか?
「慰安婦」問題に対する安部政権のこれまでの姿勢と
今後の対応は?
日韓のみならず東アジア・東南アジアや国際社会に
どのような意味を有するか?

日本の「慰安婦」問題が戦時性暴力であり、日本政府に
法的責任があること、公式謝罪と賠償を行なうべきである
ことが、四半世紀に及ぶ調査と討論を通じ、国連人権委員会、
国際自由権規約委員会、女性差別撤廃委員会(他)なども
日本政府に解決を求めてきた。

本書では歴史的経過と本質に立ち返り、議論の視座を再確認
しながら、「合意」の内実を明らかにし、批判的に検討する。

ツイートする