デーモンの画家 ミハイル・ヴルーベリ:その生涯と19 世紀末ロシア

  • 4人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
著者 : 植田樹
  • 彩流社 (2016年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779122781

植田樹の作品

デーモンの画家 ミハイル・ヴルーベリ:その生涯と19 世紀末ロシアを本棚に登録しているひと

デーモンの画家 ミハイル・ヴルーベリ:その生涯と19 世紀末ロシアを本棚に「読みたい」で登録しているひと

デーモンの画家 ミハイル・ヴルーベリ:その生涯と19 世紀末ロシアを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

デーモンの画家 ミハイル・ヴルーベリ:その生涯と19 世紀末ロシアの作品紹介

異端の天才画家
──信念の生き様と彼を取り巻いた芸術家たち

 不遇を託ちながらも、自分の絵の探求を目指して
歩き続けたヴルーベリ。
明晰な理性と自らを破滅させる情熱をもって
絵画と格闘し続けた生き方は
セザンヌやゴーギャン、ゴッホを連想させる。

 時代を先駆けた作品は、後を追う者からの評価は
受けても、その声はいつもそれは遅すぎた。
社会主義・ソ連時代に日陰の存在だった彼の作品群は、
いまやロシアを代表する画家として完全に復権した!

 日本初のヴルーベリ紹介の本格的な評伝!
革命前のロシアインテリゲンチャ世界の断面でもある…

デーモンの画家 ミハイル・ヴルーベリ:その生涯と19 世紀末ロシアはこんな本です

ツイートする