演説歌とフォークソング (フィギュール彩)

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 瀧口雅仁
  • 彩流社 (2016年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779170560

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石原 慎太郎
都築 響一
ウィルキー・コリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

演説歌とフォークソング (フィギュール彩)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  著者が恵泉女子大学で行った講義「音声表現」を、あらためてまとめたもので、フォークソングの歴史を概観し、今後を展望する内容になっています。著者は主張や思いを歌で表現しようとする姿勢を「フォーク精神」と呼び、その原点を求めて歴史を遡っていきます。
     この本の新味は、従来のフォークソング解説本の多くがカレッジフォーク時代あたりから話を始めるのに対して、もっとはるか先、19世紀の自由民権運動までも広義のフォークソングととらえていること、そして浪花節や講談等までを分析の対象にしている点にあります。
     この着眼点には感心しましたが、正直、私には少し退屈でした。フォークソングを精神でとらえ、自由民権運動まで遡る、これには異論はないのですが、著者はあまりに間口を広げ過ぎて、話が散漫になってしまっているような気がします。例えば著者は、効果的な演説術をAKB48出身の高橋みなみの著書「リーダー論」から引用して語ります。この本の元が大学での講義だったことを考えると、学生になじみ深い芸能人を登場させ、フォークソングを知らない世代の興味を引くという事情があったのだろうと推察しますが、それでも私の感覚ではAKB48は著者の言う「フォーク精神」とはあまりにかけ離れています。また、高橋の述べる演説のテクニックそのものも、あえて引用すべきほどのものとは思われず、この本には不適な気がしました。
     また、講談等の芸とフォークソングを結びつけるのも、私は少し強引な印象を持ちました。(これはもしかしたら、著者が高田渡の歌に感銘を受けてフォークソングの世界に入っていったことと関係があるかもしれません)
     それから、著者の言葉遣いが気になる個所が、私には結構ありました。

    「現実という事実を報道しなかった」
    「どの時代にも囲まれる問題点は似ている」

     「現実という事実」「時代に囲まれる問題」、こうした表現はそれらしく見えますが、不正確で評論には不適だと思うのですが、この本には類似の表現が随所にあり、私は読んでいて気になりました。
     それでも、フォークソングの原点を従来より一歩進んだ視点でとらえていることや、歌の主体が「わたしたち」から「わたし」に変わっていったことに着目するなど、評価できる点も多い本だと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

演説歌とフォークソング (フィギュール彩)を本棚に登録しているひと

演説歌とフォークソング (フィギュール彩)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

演説歌とフォークソング (フィギュール彩)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

演説歌とフォークソング (フィギュール彩)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

演説歌とフォークソング (フィギュール彩)の作品紹介

添田唖然坊らによる明治の演説歌から、吉田拓郎、
井上陽水、高田渡、そして清志郎らの
昭和のフォークソングにまで通底する「精神」を探る。

フォークソングのなかに流れる「精神」は古来より
日本人が持ち続けてきたものである。
多くの制約のなか多様な表現が生み出され、
資料も多く残る近代では、その精神は演説歌にて表出された。
演説歌を分析すると、フォークソングに近似したものがあり、
昭和のフォークソングのなかで、なぜ演説歌がリメイクされ
歌われたのかが見えてくる。
これらの表現にはどんな関連があり、共通性があり、
そのときの文化的背景には何があったのかを
考えることの重要性が見えてくる。
フォークの精神を根強いものにし、それを時代に合わせて
表出していったことを明らかにしていき、それを紹介する
のが本書の眼目である。

演説歌とフォークソング (フィギュール彩)はこんな本です

ツイートする