これから心理学を学ぶ人のための研究法と統計法

  • 10人登録
  • 2レビュー
  • ナカニシヤ出版 (2016年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779509988

これから心理学を学ぶ人のための研究法と統計法の感想・レビュー・書評

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:140.7||N
    資料ID:95160357

  • [三葛館一般 140.7||NI]

    「これから心理学を学ぶ人のための」とありますが、研究法と統計法について看護にも役立つ視点がたくさんあります。
    特に第2部の統計法では、具体的な事例を挙げながら統計の基本について解説されており、これまでいろいろな医療系の統計のテキストを読んだけれどもはっきりと理解できていないと感じる人は一度読んでみる価値アリです。

    目次----------------------------------------------
    第Ⅰ部 研究法
    1 研究法の基礎
    2 データと統計処理
    3 実験法
    4 観察法
    5 面接法
    6 質問紙法
    7 事例研究法
    第Ⅱ部 統計法
    8 変数とデータ
    9 分布
    10 基本統計量とその利用
    11 2つの変数の関係
    12 検定の基礎
    13 平均値差の検定
    14 そのほかの検定
    15 因子分析
    -----------------------------------------------
    (もも)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=84349

全2件中 1 - 2件を表示

これから心理学を学ぶ人のための研究法と統計法はこんな本です

ツイートする